くーぱーのblog


2021101501

2021101502

2021101503

2021101504

2021101505

2021101506

2021101507

2021101508

2021101509

2021101510

2021101511

2021101512

2021101513

2021101514

2021101516

2021101517

2021101515

2021101519

2021101518

2021101520


先日大手カレーチェーン店でチキンカツカレーを食べてみたところ、

やや満足できず気持ちが少し燻っていた。

その後チキンカツをググってたらヒライにチキンカツがあるのをハッケン!

しかもワンコインで食べれることを知り俄然興味が湧いた。

自宅から一番近い店舗の営業時間を調べてみると朝6時~やってるようだ。

そんじゃ~行ってみることにした。

3号沿いにあるので通勤ラッシュが落ち着いた時間を狙って朝9時半くらい到着。

タッチパネル式の食券売機で目的のチキンカツカリーと味噌汁を購入。

食券は厨房に自動的にオーダーが流れる最新式システムが導入されている。

店内モニターに食券番号が表示された後、受渡しカウンターで商品を受け取った。

サービスコーナーでスプーン、お冷、辛味オイルなどを取ってテーブルに着く。

運びながら思った。

ヒライのチキンカツは、まぁお値段相応のサイズってところだろうか。

如何にもお弁当用って感じの小ぶりなサイズ。

席に着き、先ずはお冷で口を潤し、いきなりチキンカツからパクッ!

おぅ~♪

こっこれは!

成型肉じゃないみたいだぞ。

まさに鶏のムネ肉だと確信する。

ワンコインながら十分に美味しい。

鶏ムネに多いパサパサ感はあんまなくって、そこそこジューシーな肉質。

デフォのビストロカリーが430円なのに、たった+70円でこんな上等な

チキンカツが食べれるなんて、天晴なコストパフォーマンスだ。

そんでカレーのお味の方はと言うと、正直言うなら極々ふつうかなって印象。

分かり易く例えると、学食とか社食とかのカレーって感じ(汗)。。。

まぁいち個人の感想なんで、これは単に好みの違いだろうと思う。

それはお弁当売り場に数多くの冷蔵チルドパックが販売されている事から、

ヒライのカレーファンにはかなりの人気商品なんじゃないだろうか。

折角訪れたんでヒライの本社がある熊本らしい阿蘇高菜ご飯弁当を購入してみた。

お値段は税込み400円とわりとリーズナブル。

一緒にポテサラも買ったけどピントが合ってなくってボケボケで割愛(汗)。。。

ちなみにCoGCa会員になると430円の朝カリーが390円で食べれるようだ。

機会があれば試してみたい。


ヒライのウェブサイトはこちら 


2021101101

2021101102

2021101103

2021101104

2021101105

2021101106

2021101107

2021101108

2021101109


先日カレーを食べに行く前にネットでカレーを調べていたら、

世界のベスト50食品なる興味深いサイトを見つけた。

そのサイトで第一位だったメニューはタイのマッサマンカレーだった。

ここ最近テレビやメディアなどで知ってどんなカレーか興味があった。

そのマッサマンカレーが牛丼(牛めし)チェーン店の松屋で食べられることを知った。

それは是非とも食してみたい!!

ということで松屋穴生店に向かった。

密を避けるべくなるだけ客が少ない時間帯を狙う。

到着したのは10時ちょい過ぎ。

店内にはワーキングウエアの男性が2名。

こんな中途半端な時間に遅い朝食?それとも早めのランチなの?

出来るだけ距離を取ろうと店舗奥隅のテーブル席に着く。

スタッフに食券を渡し出来上がりを待つ。

待つ事5分弱、注文品が運ばれて来た。

ほぉ~これが世界一美味しい料理に選ばれたマッサマンマレーなのか!?

わくわくしながら最初はカレーソースを味見してみる。

ココナッツミルクが全面に出てくる。

これはインパクトあるカレーだ。

辛さはほとんどなくって、ほんの~りと甘く、そこそこスパイシーな印象。

ライスに掛けて食べるんだろうが、面倒なんでスープカレースタイルでいく。

スプーンでライスを掬ってカレーソースに浸してぱくっ♪

なるほど~。

グリーンカレーとは異なる印象、どちらかというとイエローカレーに近い感じ?

タイカレーというと粘度は全然なくってサラサラしてるのが多いと思うけど、

こちらのマッサマンカレーはちょっと粘度を加えてアレンジしてる気がする。

恐らく日本人好みにしてるんだろうな?

本場マッサマンのチキンはほろほろになるまで軟らかく煮込んでるらしいが、

このチキンはまぁまぁ煮込まれてはいるが、ほろほろ感はあんまない感じかな?

しかしチキンの量が半端なく多いと思う。

チキンの量を数えると10切くらい入っていた。

チキンの部位は多分腿肉なんじゃないかと思う?

他の具材は串切りのじゃが芋が3切れほどで、

フライドポテト食べてるような感じがした。

世界一美味しい料理に選ばれたカレーの王様マッサマンカレー。

個人的な感想だけど、マイナンバーワンとまではいかなかったかな(大汗)。。。

※期間限定商品みたいなので興味ある方はお早めにどうぞ。


松屋の公式サイトはこちら



2021100801

2021100802

2021100803

2021100804

2021100805

2021100806

2021100807

2021100808

2021100809

2021100810

2021100811

2021100812

2021100813

2021100814


こないだTV観てたら偶々世界大手ハンバーガーチェーン店(mac)と、

大手カレーチェーン店(ココイチ)の世界各国の人気メニューを紹介する番組だった。

特に人気が高いなって思ったのはビックM。

いつか機会があれば日本のビッグMを試してみたい(過去何度か食べた記憶がある)

でその番組でかなり人気だったのがココイチのチキンカツカレー。

う~ん、食べたことあるような?ないような?

もしあったとしても全然記憶にはない(汗々)。。。

かなりに気になったんで数ヶ月ぶり(前回は2021年2月)にココイチへ行ってみる。

自宅近郊のお店は八幡千代ケ崎店or八幡三ヶ森店。

三ヶ森店はバイトテロ事件が今年夏起きたんで遠慮しておく(苦笑)。

ってことで千代ケ崎店の営業時間をチェック。

開店は11時~だった。

もうちょい早くオープンする店舗を検索してみたが、、、

24hの戸畑バイパス店以外は見つからなかった。

ちょっと渋滞してたんで開店前には着かず到着したのは11時ちょい過ぎ、、、

入店すると先客はまだ1名、密を避けるべく店舗奥隅のテーブルに陣取った。

お店に入って10分過ぎた辺りから続々と客が入店し始める。

やっぱ人気店だとランチタイムは思ってた以上にリスクがある。

スタッフがお冷をもって来たタイミングで、予定のチキンカツカレーを注文。

ソースは基本のポークソース、ライスの量は300g、辛さは普通でお願いした。

待つ事5分ほど、注文したチキンカツカレーがやってきた。

TV番組では数品トッピングする客が多かったが今回はトッピングは見送った。

先にチキンカツをひと切れ箸で摘まんでどんなものか味わってみる。

ほぉ~。

なんかチキンナゲット食べてる感じがする。

老若男女誰でも好みそうなふわっとした食感。

これって、もしかして整形肉?

単なる想像なんで実際に整形肉なのかどうかは全く不明(汗々)。。。

海外のチキンカツも日本と同じような感じのチキンを使ってるのかなぁ?

チキンカツ大好なんでリピするのはちょっと難しい(苦笑)。

チキンカツを味わった次は辛味スパイスをカレーソースに適宣振りかける。

ちなみに辛さ増量もこの辛味スパイスを使ってると聞いている。

なんでもカレーソースと一緒に煮込む事で辛さがより一層増すんだとか。

数年前観たTV番組でココイチの厨房スタッフさんが詳しく説明していた。

振りかけた辛味スパイスは軽くカレーソースにかき混ぜてライスと一緒にぱくっ♪

う~んココイチうんみゃ~♪

ライス300gにしたけど食べ終えたらそこそこの満腹感(笑)。

チキンカツ食べたんでライスは200gにしときゃよかったな。

世界のココイチで人気のチキンカツ、思ってたほどじゃなかった(汗)。。。

あくまで個人の感想です(笑)。


 CoCo壱番屋の公式サイトはこちら





2021100501

2021100502

2021100503

2021100504

2021100505

2021100506

2021100507

2021100508

2021100509

2021100510

2021100511


ひと月ちょいぶりに吉牛へ朝牛。

到着したのは6時15分頃、流石に店内に客はいなかった。

前回食べた時、次回アタマの大盛を食べようと思ってたんで、

今回は迷うことなくアタマの大盛を注文。

選べる小鉢は温玉(半熟玉子)にしてみた。

1分ほどで注文品が出来上がりトレーを持って店舗奥に陣取った。

その後セルフコーナーでお茶と紅生姜を取って再び席に。

アレンジメニューを考えてみたが思いつかなかったんでいつものパターンで(笑)。

温玉を中央に乗せ、紅生姜を1時方向に配置。

唐辛子を適量パラパラと振ってMYスタイル牛丼の完成。

あとは黄身を崩してかる~くかき混ぜてハフハフ♪

アタマの大盛初めて注文したけど、牛肉が倍ってほどの量じゃないなぁ~。

気になったんでググってみると。

牛丼並盛の具の量は90g。

アタマの大盛は具の量が110gと紹介されたサイトをハッケン!

そこには超特盛にすると2倍になると書かれていた。

食べながら思ったなるほど~。

見た目あんま変わんないなぁ~と思ったのはある意味正解だったんだな(汗)。。。

約22%の増量って訳だし。

アタマの大盛りだったら個人的には1.5倍くらいあると納得なんだけども・・・

まっアタマの大盛り、一度体験出来てよかったかな(笑)。


吉野家の公式サイトはこちら 



2021100101

2021100102

2021100103

2021100104

2021100105

2021100106

2021100107

2021100108

2021100109

2021100110

2021100111

2021100112

2021100113

2021100114

2021100115

2021100116


最近流れてる、すき家の豚丼(とんどん)のCM。

気になったんでHPを覗いてみた。

豚丼並盛380円だった。

じゃ牛丼はいくらだったけ?

えっ!?

牛丼並盛350円。

豚丼のほうがちょっと高いんだ(へぇ~)

ついでに朝食メニューもほうも見てみた。

あれっ?

まぜのっけの新作が出てるやん!

豚まぜのっけ朝食、並盛380円。

そんじゃオリジナルのまぜのっけっていくらだったっけか?

まぜのっけ朝食、並盛350円。

ほぉ~豚丼と同じ設定にしてるんだ~。

はて30円の差ってなんだろ?

気になったんで確かめたくなった(笑)。

密を避けた時間帯を狙い、今回は9時半くらいに到着。

先客1名、テーブル席で食事中。

いつものカウンターに座りタブレット端末で新作の豚のっけ朝食を注文。

1分ほどで配膳されてきた。

内容は牛小鉢が豚小鉢に変わった程度でそれ以外は全くおんなじだな。

前回と同じパターンで具をご飯に乗せていく。

おかかか→オクラ→豚→温玉→紅生姜&唐辛子→丼つゆの順番。

かる~くかき混ぜてハフハフする(笑)。

うんま~♪

まぜのっけやっぱさいこぉ~!!

で30円の差って何だ!?

個人的には豚より食べ慣れた牛の方がやっぱ好きかな。

鮭のっけみたいな運命を辿らなきゃいいけども(汗)。。。

追記:退店後外観を撮ってたら若い女性3人組が入店しテーブル席へ座った。CM効果ってあるんだね~。

   

すき家の公式サイトはこちら 





2021092401

2021092402

2021092403

2021092404

2021092405

2021092406

2021092407

2021092408

2021092409

2021092410

2021092411

2021092412

2021092413

2021092414

2021092415

2021092416

2021092417

2021092418


この日は三(み)月に一度の歯医者さんの日だった。

前回の検診日(6月)通りすがりに発見した蕎麦の看板(垂れ幕?)。

めっちゃ気になったんで帰宅後場所を頼りに調べてみた。

これと言った詳しい情報は見つけれず、秋月に同名の蕎麦屋情報が見つかった。

その後あれやこれやググってみると八幡東区の蕎麦の名店B庵の、

お弟子さんらしき情報を見つけることが出来た。

ほほぉ~あのB庵のお弟子さんとあらば是非味わってみたいものだ。

ということでこの日初訪麺。

開店まで早かったんで食べ比べしようとB庵を訪麺するも生憎の臨休中(トホホ)。

B庵は諦め、お店に到着したのは開店の10分前。

店舗駐車場には既に車が1台待機中だった。

開店時間が来た頃、先客(2名)を先に見送り、少し遅れて暖簾を潜ぐる。

ドアを開けると直ぐに食券機が現れた。

そういやB庵も同じく食券制だったよなぁ~。

もりそばにするか鴨葱つけそばにするか若干迷ったが、もりそば大盛りにする。

店主に食券を渡し、セルフでお冷を汲み暫し配膳を待つ。

ほどなくし、もりそば大盛りが出来あがる。

大盛りにしたけど思ってたほどの量じゃなかった(汗)。。。

でも大盛りにしといてある意味正解だったような・・・

先ずは蕎麦を1,2本箸で摘まみ、何も浸けずそのまま手繰ってみる。

新蕎麦にはまだ早いこの時期、それほど香りはこない。

しかしながら蕎麦の風味は十分感じた。

この蕎麦めっちゃうまいなぁ~♪

お次はカウンターに準備された岩塩を薬味の小皿に少量取り、

箸先にちょんちょんと岩塩を付け舌先に乗せる。

蕎麦を数本摘まみ岩塩と共にズズッと手繰ってみる。

ほんの~りと蕎麦の甘みが口の中に拡がっていった。

う~ん、あらためて非常に美味しい蕎麦だ。

では蕎麦徳利から蕎麦猪口へ蕎麦つゆを少量注ぎ入れてみる。

麺先1/3ほどを蕎麦つゆに浸け空気と共に勢いよくズズズッと手繰る。

この時一緒に吸い込んだ空気は鼻へ抜く。

すると微かな蕎麦の香りが鼻孔から感じる。

こちらの蕎麦つゆは関東系の辛口タイプ。

九州人好みの甘ったらしい蕎麦つゆに比べて、甘味はかなり控えめなタイプ。

まぁ蕎麦つゆもB庵同様ってところだろうか。

薬味の山葵は蕎麦つゆには溶かずに、岩塩同様舌先に乗せて蕎麦を味わってみた。

3割ほど蕎麦つゆで味わったあとは市内では珍しいだろう胡麻ダレに浸してみる。

ほぉ~なるほど~。

上手く表現できないが、しゃぶしゃぶの胡麻ダレを蕎麦つゆで割った様な感じ?

胡麻ダレに慣れてないせいかいまひつつ馴染めなかった(汗々)。。。

8~9割程手繰ったところで湯桶に入った蕎麦湯が提供。

湯桶の蓋を取ると濃厚な蕎麦湯がたっぷり入っていた。

蕎麦湯もB庵と同じ仕様なんだね(笑)。

最後は余った蕎麦つゆを蕎麦湯で割り、葱と山葵を入れて蕎麦湯を楽しんだ。

食後は蕎麦茶が出てきて馳走様でした。

店主にB庵のことを尋ねるとお弟子さんではなく蕎麦打道場に通っていたとのこと。

2005年下関市長府にて開業、その後2016年春頃秋月へ移転。

2020年末に現在の場所(八幡東区)へ2度目の移転をして来たそうだ。

何やら本業を持ってるために、営業が木、金、土の週3日だけとのこと。

年末辺りから新蕎麦を振る舞うとのことで次の検診日が非常にめちゃ楽しみだ(笑)。


住所:北九州市八幡東区枝光本町1-1(2F) 駐車場あり 営:11時半~15時 休:日~木 




2021092201

2021092202

2021092203

2021092204

2021092205

2021092215

2021092206

2021092216

2021092207

2021092208

2021092209

2021092210

2021092211

2021092212

2021092213

2021092214


数ヶ月ぶりに資さんで朝ごはんしてみた(2021年5月以来)

納豆にしようかと思ったが、そういや鶏つくねと唐揚げって食べたことがない。

まぁここ最近朝メニューになってるからね~。

ってことで今回は鶏つくね定食(税込510円)を注文。

みそ汁はみそ卵(たま)にしてもらい、辛子を付けてもらうことに。

待つ事数分、朝定がやってきた。

あちゃぁ~!

みそ卵(たま)失敗してるやん(トホホ)。

これパッと見は、かきたま仕立てのみそ汁だよ(大汗)。。。

今までかなり注文して来たけど、失敗出されたのってほんの僅かなんだよね~。

記憶では3回くらいだと思う?

まっ人生山あり谷ありだね(笑)。

気を取り直して海苔にご飯を乗せ壺漬けを巻いてパリパリ。

資さんの海苔は5枚、まぁ標準枚数だと思う。

食べながら思った。

やっぱ海苔巻きのお漬物はY軒が一番好みだな(笑)。

海苔を食べ終えたあとは、失敗みそ卵をレンゲに掬ってご飯へ乗せる。

その上にサービスコーナーで取って来た、トロロ昆布と天かすをトッピング。

あとは豪快にかき混ぜ、醤油を少し垂らしてハフハフ♪

7割近く黄身が固まってしまってて理想たまかけご飯じゃなかったけど、

まぁまぁ満足な朝定食だったと思う。

ちなみにお初の鶏つくねは完全にビールのお供だと思った(笑)。

次回は朝定の唐揚げにチャレンジしてみよう。


資さんうどんの公式サイトはこちら



 


2021091401

2021091402

2021091403

2021091404

2021091405

2021091410

2021091406

2021091407

2021091408

2021091409


先日の予告通り業界第2位のモスへ5年ぶりくらいに行ってみた。

前回はソイバーガー食べてたんで今回は普通のバーガーにしてみる。

密を避けるべく早朝から営業してる自宅近郊の店舗を検索してみると、、、

am7時から営業してるのは黒崎店(北九州市)と中間店(中間市)だけだった。

かなり前に朝モスした本城店が7時~だったけど9時スタートに変わってた。

黒崎店はお店の駐車場がなかったんで中間店に行ってみることにする。

小雨振る中、朝7時ちょいすぎ到着。

入店すると先客はまだいなかった。

カウンターに行きモーニング野菜バーガーのドリンクセットを注文。

ドリンクは前回のMドナルドと同じくアイスコーヒーをチョイス。

お支払いはスムーズな電子マネー。

コロナ過の今、直接現金のやり取りをしなくて済むのは大変便利。

窓が見えるテーブルに着き、出来上がりを暫し待つことに、、、

すると1分も経たたない内にアイスコーヒーが運ばれてきた。

バーガー来るまで飲まずに我慢する(笑)。

その後5分遅れてモーニング野菜バーガーが登場。

バーガーはバスケット(籐製か?)に入っててちょっとオサレ感を演出してる。

流石モスバーガーって感じだね。

具材は上からマヨ、レタス、トマト、ケチャップ、タマネギ、ミートパティの順。

ちなみにマヨはカロリーハーフタイプのものを使用してるみたい(HP情報)

店内には今日の野菜の産地と生産者さんの名が掲載されていてすんごく安心感がある。

野菜バーガーのカロリーは331cal、炭水化物36.5g塩分1.8gと意外にヘルシー。

先ずはアイスコーヒーをひとすすり。

ちょいほろ苦タイプ、個人的にはMドナルドのアイスコーヒーほうが好みかな?

それでは食べ易い様にバンズを軽く潰し徐にがぶり(笑)。

うんまぁ~♪

やっぱモスのハンバーガーめちゃうま‼

若い時分にMドナルドよりモスばかり食べてたせいもあるかも?

久々にモスしたけど、食べ難(にく)いのは昔とあんま変わんなかったな(笑)。


※本日の野菜の主な産地

レタス:長野県南佐久郡川上村 (かわかみむら産レタス)

トマト:熊本県八代市 (やつしろ産トマト) 

キャベツ:鹿児島県指宿市 (いぶすき産キャベツ)

タマネギ:北海道網走郡美幌町 (びほろ産たまねぎ)







2021090901

2021090902

2021090903

2021090904

2021090905

2021090906

2021090907


2021090908

2021090909

2021090910

2021090911

2021090912

2021090913

2021090914


こないだTV見てたらK拓がマックでドライブスルーしてた。

クルーの娘(こ)たちは大盛り上がり(爆)!

すんごく美味しそうに食べてたんでマックしたくなった(笑)。

マックするのって何時以来だろ?

ブログを検索すると2016年5月の記事が見つかった。

5年以上行ってなかったんだね~。

密は避けたいから早朝から朝マックやってる近郊のマックをググってみた。

若松高須店、八幡則松店がam6時スタート。

とりあえず最近の朝マック人気メニューってどんなのかチェックする。

1位エッグマフィン、2位ハッシュポテト、3位ソーセージエッグマフィン。

別のサイトでも調べると1位ソーセージエッグマフィン、2位ソーセージマフィン。

結果ソーセージエッグマフィンに決定!

通勤ラッシュが始まる時間帯なので、交通量が少な目だろう高須店に行ってみる。

6時40分頃到着。

朝早くからドライブスルーの車がやけに多い。

入店すると先客1組(女性2人)

カウンターに行きソーセージエッグマフィンのバリューセットを注文。

サイドメニューは2位のハッシュポテトをチョイス。

ドリンクはアイスコーヒー(M)をブラックでお願いした。

席まで運びますとのことで、5,6分経った頃オーダー品がやって来た。

先ずはアイスコーヒーをひと口。

マックのコーヒーやっぱ美味しいゎ~。

ソーセージエッグマフィンの包み紙を開け徐にパクリ♪

ふ~んこんな味だったけか?

5年も経ってるし、前に食べた記憶はかなり薄れていた(汗)。

でも目玉焼き(フライドエッグ?)はかなり美味しいと思った。

残念ながらハッシュポテトがなんで2位なのか全然理解できず・・・

久々に朝マックしたけど、正直また食べたい気持ちにはなれなかった(大汗)。。。

次は業界第2位のとこにでも行ってみるか?

※どうでもいい話だけど、アメリカでマクドナルドって言っても全く通じないらしい?

カタカナで表記すると”ミックダーノーズ”って発音に近いようだ


ちなみに黄色のMのロゴマーク(ゴールデンアーチ)はマックのMじゃないらしい





2021090601

2021090602

2021090603

2021090604

2021090605

2021090606

2021090607

2021090608

2021090609

2021090610

2021090611

2021090612

2021090613

2021090614

2021090622

2021090616

2021090617

2021090618


ある晴れた朝、やよい軒の朝定(朝食)を食べに出かける。

本城店にはいつも行くので久々に宗像店まで足を延ばしてみる。

やよい軒の営業時間は店舗毎でまちまちななのだが自宅周辺で

朝7時~営業してるのは本城店と宗像店の2店舗。

朝の渋滞ラッシュも収まった9時ころ到着。

やよい軒の朝定(朝食)は過去5種食べてきている。

残すメニューは目玉焼朝食のみ。

タッチパネル式券売機から選んだのは目玉焼朝食。

支払いはスムーズな電子マネー。

食券をスタッフに渡しセルフコーナーでお茶(ほうじ茶)を注いでスタンバイ。

数分後注文品が運ばれて来た。

先に味噌汁の温度を確認後、冷奴を4つに割いてみそ汁へとドボン。

本来お醤油を掛けて食べるのだろうけど、自分はみそ汁の具材に使ってる(笑)。

朝定の海苔は5枚。

サービス品のお漬物を海苔巻きの具にしパリパリと3枚を食べてしまう。

〆の出汁茶漬け用に2枚残しておくのがポイント。

2膳目は今回初めての試み。

出発前に目玉焼ウインナー丼なるもがあるのか、ネットで調べておいたのだ(笑)。

世の中には自分が知らないオリジナリティ溢れるどんぶりが多数存在していた。

その目玉焼ウインナー丼を参考にし、目玉焼朝食をアレンジしてみた。

ご飯の上に目玉焼きとウインナーを乗せて黄身を割って醤油を垂らす。

あとは目玉焼きをご飯と混然一体になるまでよ~くかき混ぜて完成。

ではでは目玉焼ウインナー丼の実食。

うっまぁ~♪

目玉焼ウインナー丼めちゃウマス!

ただウインナーは1本でよかったな。

朝からウインナー2本はオジサンにはちょっときつかった(汗)。。。

それでは〆の3膳目と参りましょうか!

残しておいた海苔をパリパリと千切ってご飯にパラパラ。

その上にお漬物を乗せ、セルフコーナーで湯飲みに汲んで来た出汁を注ぎかける。

はい!

やよい軒名物の出汁茶漬けの完成!

あとは口へとサラサラと運ぶ。

うんまぁ~~~い!!

ほんとこれが一番好き(笑)。

何度も言ってるけど出汁茶漬け超~おススメです。


公式サイトはこちら

 

このページのトップヘ