くーぱーのblog

最近はモーニングサービス、朝定食をメインに紹介してます。 過去ネタのお弁当記事も見てね。

2024011320
2024011302
2024011307
2024011303
2024011304
2024011305
2024011306
2024011308
2024011309
2024011310
2024011311
2024011312
2024011313
2024011314
2024011315
2024011316
2024011317
2024011318

とん汁シリーズ 

M屋行ったんで次はすき家に行ってみる。

am9時ちょい前入店。

先客1名だったけど数分後にどどっと4組来店。

この店舗すき家オリジナルのからくり時計が設置されてないのよね。

1時間毎にすき家ソングと共にからくり人形が踊り出す時計なんだけども、

ふっつうの時計なのが少し残念。

カウンターに着き、タブレットから選んだのは牛まぜのっけ朝食390円。

ご飯大盛りに変更(+30円)。

みそ汁から、とん汁に変更(+110円)。

合計で530円なり。

すき家でとん汁食べるのってかなり久々だな。

前回食べたのっていつだろ?

調べてみると、

2021年4月の牛丼モーニングセットだった。

3年弱くらい。

待つ事数分、牛まぜのっけの登場。

思えば牛まぜのっけに変わってからお初。

まずは豚汁チェック。

ちょい脂ギッシュだけどそんなに悪くはない。

若干塩分強めだが、さらっと感はある。

熱いお茶を貰って塩梅調整。

次は具材をチェック。

箸で掻き寄せてみる。

えっ?すくなっ!

今回のとん汁シリーズ中一番少ない様な・・・

メイン具材は大根、あと豚脂1割、牛蒡蒟蒻が1割、

他に人参と里芋がひとかけらと薬味の葱。

豚脂が9割以上で豚肉が少ないのが寂しい。

3年近くリピしなかった理由(わけ)に納得(苦笑)。

ではいつもの手順で、ご飯にかつおぶしをパラパラ。

牛小鉢をドーナッツ状に並べ、オクラを真ん中に配置。

中央に窪みを入れたら温玉を乗せ、卵黄を割いた上に牛小鉢のつゆを掛け完成。

あとはお好みで七味と紅生姜をトッピング。

豪快にかき混ぜてハフハフもぐもぐ。

うんまぁ~♪

これこれ。

やっぱ朝すきの中では、牛まぜのっけが最強だねぇ~!!

牛まぜのっけに変わって牛小鉢の牛肉の量がちょっと増えてるような気がした。

ご飯大盛りだったんで、お腹一杯(笑)。


2024011201
2024011202
2024011203
2024011204
2024011205
2024011206
2024011207
2024011208
2024011209
2024011210
2024011211
2024011213
2024011212
2024011214
2024011215
2024011216
2024011217
2024011218

とん汁シリーズ。

今年の初外食は松屋に行ってみる。

松屋の豚汁食べるの約1年ぶり。

今回は通勤時間帯のam8時半過ぎ入店。

先客は数名ほど。

入店して気付いたのは客層が少し違ったこと。

いつもの9時半頃だとワーキングウエアの中高年が多いのに、

20~30代くらいの若い男性客が目立った。 

まっ偶然?かもだけど・・・

タブレットから選んだのは豚汁朝定食。

選べる小鉢は4種類の中からミニ牛小鉢にした。

ご飯の量が小盛から特盛まで、なんと同一価格。

ってことなので大盛りを選択。

あとサイドメニューから半熟玉子を追加。

数分後タブレットに出来上がり表示が出たので、

受け渡しカウンターで受け取って席に戻る。

先に豚汁の濃度をチェック。

あれ、美味しくなってる?

塩梅も丁度いい感じでさらっとしてて、全然ドブっと感がない。

これだったら薄めなくてもちょうどいい。

進化したのか?

たまたま?

具材は豚コマ、豆腐、人参、牛蒡、里芋、大根、蒟蒻、葱など。

チェーン店では結構豊富な方だと思う。

最初は焼き海苔にご飯とお漬物を巻いてパリパリむしゃむしゃ。

海苔巻を食べ終えたら、お次は4割ほど減ったご飯に牛小鉢を乗せ、

中央を窪ませて半熟玉子を鎮座。

黄身を箸で割いたら、醤油数滴垂らす。

紅生姜を脇に適量添え唐辛子をパラパラ振って完成。

あとは豪快にかき混ぜてハフハフもぐもぐ。

うっめぇ~♪

ご飯大盛りにしたから結構お腹一杯になったな(笑)。

2024年も宜しくお願いします(ぺこり)。


2023122101
2023122102
2023122118
2023122103
2023122104
2023122105
2023122106
2023122112
2023122107
2023122108
2023122109
2023122110
2023122111
2023122113
2023122114
2023122115
2023122116
2023122117

豚汁シリーズ2

ガストの豚汁は多分2度目(5ヶ月ぶり)

9時半ころ入店。

先客は3,4組くらい。

タブレットで注文するのは和風モーニングの塩麹豚汁定食(込650円)。

ご飯は大盛り無料なんで大盛りに変更。

ドリバ&日替わりスープ付き、豚汁なのに(笑)。

この日のスープはわかめ玉子スープ。

鍋底からかき混ぜ、具が零れないように横レードルでカップに注ぐ。

あれっ?

玉子どこ?

具材はわかめと玉葱のみ・・・

もいちどかき混ぜ玉子を探すが見当たらず。

正しくは、わかめ玉葱スープだった(汗)。。。

その後スープに胡椒をひと振り。

お冷代わりに、六条大麦茶をコップに注ぎスープと一緒にテーブルまで運ぶ。

タブレットのモーニングメニューを撮ってるとネコちゃんロボがやって来た。

前回はスタッフさんだったけども、配膳ロボの方が何故だかちょっと嬉しい(笑)。

その内アトムみたいなロボがテーブルの上まで配膳してくれるようになると思う。

ネコちゃんロボのお値段気になって調べたら3000Kくらいするみたい(驚)。

では豚汁の味確認から、

ち~とばかり濃い?

ドリバで熱湯をカップに注いで来て豚汁の塩梅調整。

うん丁度いい。

一味をぱらりと振ったあと閃いた!!

そうだった。

あれ試してみよっと!

前日にガストの豚汁ググった時見つけた、ご飯に豚汁の豆腐を乗っける裏技。

東京日本橋の超有名おでん店の名物料理「とうめし」をアレンジしてる方がいた。

「とうめし」はテレビで一度観た程度で実は食べたことがない(汗)。。。

茶飯におでん出汁が染みた豆腐を乗せ、かき混ぜて食べるご飯くらいの知識。

どんなものなのか全くしらなけど実践してみる。

カトラリーケースからスプーンを取り出し、豚汁の豆腐のみ掬ってライスon!

アクセントに一味をぱらぱら掛ける。

まぁ、こんなもんか??

しらんけど(笑)。

豆腐を崩しご飯と一緒にぱくっ。

おぉ~結構いけるやん!

けどちょっと味薄っすいな?

卓上のお醤油を適宣垂らして再度ぱくり。

うん、少し美味しくなったような(笑)。

今度、小倉魚町にある日本橋の暖簾分けの「とうめし」実際に食べてみなきゃな。

豚汁の具材は、豚肉、豆腐、人参、玉葱、牛蒡、里芋、蒟蒻、葱など。

シリーズ2で食べて来たお店の豚汁との違いは豚肉の量の差。

圧倒的にガストの方が量が多いと思う。

豚汁食べてる~って気になる。

この日の小鉢は金平蓮根だった。

ネットでみたのは違うやつだったから、季節で変わるのかも?

半分ほど食べて豚汁の具材に追加したけど(笑)。

お漬物は大根かな?

※ネット情報に依ると三色漬(大根人参昆布)って名前みたい?

食後はアメリカンコーヒーとアールグレイ紅茶を飲んで見た。

紅茶が以前のティーバックに戻ってよかったよ。

この記事にて本年の投稿は終了です。

読者の皆様、今年も沢山のご訪問ありがとうございました(ぺこり)。

翌1月は中旬以降から更新予定です。

どうぞ来年も宜しくお願いします。

良いお年をお迎えくださいませ。


2023122001
2023122002
2023122003
2023122004
2023122005
2023122006
2023122009

2023122007
2023122008
2023122010
2023122011
2023122013
2023122012
2023122014
2023122018
2023122015
2023122017
2023122016

豚汁シリーズ2 

12月のとある午後、司法書士さんとこに寄ったあとランチをしようと

ひっさびさの華さん食堂八幡本城店に寄ってみる。

午後2時入店。

お昼のピークを過ぎたのに店内は結構賑わっている。

中高年リーマンが大半だけどもシニアの御夫婦が3,4組、それと

意外だったのが20代前半くらいのOLさんらが食事してたこと。

こんな時間に華さんに来たのは初めてだったんで朝との客層の違いに少し驚いた。

トレーを持ってお惣菜コーナーに行くと、

あら?

おかずが全然ない(マジ?)。

お昼時過ぎてるからしょうがないけど(トホホ)。。。

そんな少ないおかずの中からチキンカツ250円が1皿残ってるのハッケン!

超らっきぃ~♪

歳とると牛豚より鶏の方が好きなんだよね(笑)。

あれこれ取ると直ぐに1000円くらいになるので今回は一品のみしておく。

レジまで進んで、ご飯小120円と豚汁120円を注文。

〆て490円なり!

やっすぅ~♪

うん、まてよ?

豚汁、前は100円やなかった?

今年の物価高騰を受け値上げしたんだ。

それでも豚汁が120円のって超低コスパだよな。

先日のY軒は豚汁290円だったし・・・

清算後、店内の電子レンジでご飯と豚汁を1分強再加熱する。

その間に、付け合わせの繊キャベを小皿に取り出しドレッシングを適量かける。

繊キャベを取り除いたチキンカツは電子レンジで強めに加熱。

サラダ系(繊キャベやポテサラ等)を温っためたのってちょっと苦手なんだよね~。

キッチン叶のホットサラダは大好だったけども(笑)。

スーパーやコンビニのお弁当もサラダ系は一旦取り出しからてちんしてる。

熱々になったチキンカツに豚カツソースを掛け、豚汁には一味をパラパラ。

あとはお茶を注ぎいで準備OK!

テーブルに運んで、まず豚汁からひと啜り。

ちと濃い目?

お茶を注いで塩梅調整。

華さんの豚汁何度も食べてるから不満はないけど、

敢てY軒との差を考えると具のクオリティの違いだろうか?

正直言うと、華さんのは若干チープな気がする。

まっ、お値段半分以下だしね(笑)。

具材を半分ほど食べたあと、繊キャベをむしゃむしゃ食べ切ってしまう。

ではチキンカツを徐にぱくり。

あぁ、やっぱ衣ふにゃふにゃだわ(苦笑)。

でも美味しい。

家だったら温っためてから、オーブントースターで衣をカリカリにしてる。

注文メニューのチキンカツ定食だったらきっと揚げたてサクサクなんだろな?

でもチキンカツ定食を豚汁に変更すると計650円になるからね。

単品で組み合わせて定食にすると160円お得だからこのくらいモーマンタイ(笑)。

あさっての更新は今年のオーラス、どっかの豚汁の予定。


2023121901
2023121902
2023121903
2023121904
2023121905
2023121906
2023121907
2023121908
2023121909
2023121910
2023121911
2023121912
2023121913
2023121914
2023121915
2023121916
2023121917
2023121925
2023121919
2023121920
2023121921
2023121922
2023121923
2023121924


豚汁シリーズ2

先日Jフルでキムチ茶漬け食べてる時、だし茶漬けのことを思いだした。

そういや、やよい軒にとん汁ってあったっけ?

ググってみた。

へぇ~デフォのみそ汁を貝汁、豚汁に変更出来るんだ~。

しらなんだ・・・

やよい軒で豚汁食べたことないんで3軒目はやよい軒に行ってみることに、

朝9時半頃到着。

券売機で納豆朝食370円をタップしたあと豚汁変更+190円をタップ。

合計は560円。

ちなみに豚汁の単品価格は290円。

Sさんは220円だったかな?

Hさんだったら2杯半くらい?

その違いはきっとクオリティの差なんだろうな(多分?)

入店すると4、5組ほどの先客。

コロナが落ち着いてこの時間帯のお客さん少し増えたね~。

テーブルに着くと直ぐにスタッフが来たので食券を渡す。

およそ2分足らずで注文品が配膳された。

今回は配膳ロボの姿が見当たらなかった。

メンテ中なのか?

先に豚汁をひと啜り。

うん、なかなか美味しい豚汁じゃないの~♪

個人的には上品な味わいって感想。

只、やや塩分多め?

おかわりコーナーに行き。コップにだしを半分、お茶半分注いで戻り、

豚汁にドバっと注ぎ再び啜ってみる。

おぉ~ベストな塩梅。

では冷奴を6等分して豚汁へダイブし卓上の七味をパラリ。

具材は豚コマ、人参、笹がき牛蒡、じゃが芋、蒟蒻、葱、予め具材の豆腐など。

まぁ具沢山とまではないけどそこそこクオリティ?

壱膳目は納豆かけご飯で一杯。

今回は150回ほど混ぜ、小袋辛子と醤油を適量混ぜ再度グニグニ。

弐膳目はやよい軒名物の刻みごま白菜漬けご飯の海苔巻き。

※商品目は「Y刻みごま白菜漬け」オギハラ食品(未市販品)、材料は白菜、大根、胡瓜、調味料等。

壱膳目は150gくらいだったので小盛100gをおかわり。

海苔は5枚入ってたんで2枚残して3枚パクパク。

参膳目はある意味やよい軒の本命だと思ってる、だし茶漬け。

再び小盛100gをよそって残しておいた海苔をちぎってパラパラ。

その上に白菜漬けを適量乗せたあと、だしをドバっと掛け、

かる~く混ぜてサラサラっと口に流し込む。

うんまぁ~♪

やっぱやよい軒のだし茶漬けさいこぉ~だゎ。

朝から350gのご飯はちょっと食べすぎだな。

お腹パンパン(笑)。


2023121801
2023121802
2023121803
2023121804
2023121805
2023121806
2023121807
2023121808
2023121809
2023121810
2023121811
2023121812
2023121813
2023121814
2023121815
2023121816
2023121817
2023121818
2023121819
2023121820

とん汁シリーズ2

とん汁シリーズは一度やってたんだけど、パート2をやってみる。

ジョイフルの豚汁いつ食べたんだっけ?

と過去ログをさがしてみた。

すると2021年5月だった。

約2年半ぶり。

リピート率低し・・・

まぁ、あんま好きじゃないってことだな(汗)。。。

朝9時半くらい入店。

先客はまだ1組。

ワイヤレスコールを押し、予定通り豚汁定食を注文。

前は生卵、目玉焼、納豆が選べたけど、今回は納豆orキムチの2択になってた。

ジョイフルのキムチって食べた記憶がないんでキムチをチョイス。

ご飯は今回も大盛り(無料)にしてもらう。

注文後ドリバで玄米茶をカップに注いでスタンバイ。

お茶を飲み干した頃、注文品が配膳。

おぉ、ご飯めっちゃ大盛り!

炭水化物制限してた頃だったら絶対ありえなかった。

先ずは豚汁をひと啜り。

あれぇ~。

意外と美味しくなってる。

前回は脂べっちょりだったんだけども・・・

只、自分には若干塩分強めかな?

ドリバで汲んだ熱湯を豚汁に注ぎ入れ塩分調整。

うん、いい塩梅だ。

その後、一緒に提供された一味をパラパラ。

具材は豚コマ、牛蒡、人参、里芋、玉葱、戻し椎茸、葱など。

8割方具材を食べた辺りでキムチをライスon!

ジョイフルキムチお初なんだけどなかなか美味しい。

あっという間にご飯が半分に(笑)。

ではここから後半戦!

大好きな梅昆布茶を注いでテーブルに戻る。

半分に減ったご飯にキムチ&壺漬けを半々にトッピング。

そこに梅昆布茶をドバっと注ぎキムチ茶漬けの完成。

あとはサラサラ~と口に流し込む。

うんまぁ~♪

やっぱお茶漬けって美味しいよなぁ~。

日本人でよかった(笑)。

食後はアメリカンコーヒーでまったり。

次はどこの豚汁食べよっかな?


2023120101
2023120102
2023120103
2023120104
2023120105
2023120114
2023120106
2023120107
2023120108
2023120109
2023120110
2023120112
2023120111
2023120113

ひっさびさの朝食(モーニング)ネタ。

資さんのとん汁食べるの約1年ぶりくらい。

※とん汁ライスは特に朝食メニューじゃないんでいつでも注文可と思う。

数えたことないけど資さんのとん汁ライス、軽~く100杯ちかくは食べてる筈?

ブログで紹介したのはちょびっとだけども・・・

まっ当時は炭水化物制限してたからライスはいつも小盛りにしてたんだけどね。

最初の頃は柚子胡椒を一緒に提供してくれてたんだよね~。

只、とん汁は晩秋から春先までしか食べれないのが難。

通年販売して欲しいと思ってる資さんファンはきっと多い筈。

一度メールで訪ねたことがあって、「夏場は品質劣化が早いので

冬季のみの限定商品なんです」みたいな返事があった記憶がある。

ってことで寒くなったとある朝、最寄り?の資さんに行ってみる。

9時ちょい前だったけどそこそこのお客さん。

2人掛け席が空いてたので窓側に着席する。

タブレットからとん汁ライス(豚汁大盛り+ライス中盛り)をタップし送信。

ほどなく待ち注文品の配膳。

テーブル横の箸箱を引き出すと、、、

あれっ?

黒いプラ箸がテイクアウト用の箸にかわってる。

そういやあの直喰い事件のあとネットに黒箸止めたって書いてあったな。

まさか廃棄処分したの?

それともリサイクル?

などなど思いながらとん汁をひと啜り。

う~ん・・・

ち~とばかし濃ゆい。

減塩生活してるせいかもだけど、今日のは濃度高めだな。

お茶サーバーでお茶半分、お湯半分を汲んで席に戻る。

汲んで来た薄めのお茶をドバッととん汁に投入!

よ~くかき混ぜたあと濃度を再確認。

うん、ちょうど良い塩梅。

その後、天かすとろろを適宣トッピング。

最後に一味をパラっと振ったつもりが、ドバッと出てしまった(汗)。。。

まっ許容範囲だったけど。

とん汁の具材を半分ほど食べて、ご飯に壺漬けを適量のっける。

資さんの壺漬けかなり好きなんだよね~。

白ご飯と一緒に食べると、もうさいこぉ~に美味しい。

ここから壺漬けご飯ととん汁を交互に食べ進めていく。

食べ終えるとけっこう満腹状態。

ほんとはおでんも注文しようって思ってたんだけどスルーしてよかったゎ(笑)。

次回訪れた時はちょい足しトッピングのかしわ(150円)を注文して、

なんちゃってかしわご飯にして食べてみようと閃いた!

ネタ的には来年だな(笑)。

夜 食 編
2023120230
地獄めぐり夜鳴き担々麺(ひとり1杯無料サービス21:00~22:30)

2023120231
麺リフト
2023120232

夕食後は21時~無料で振る舞われる亀の井ホテル名物の担々麺を頂きました。

12月はクリーミーなこくが楽しめる白ごま仕立ての坦々スープ。

まったく辛さはありません、お子様仕様です(笑)。

具材は棒棒鶏、法蓮草、葱、松の実、くこの実などが入ってました。

担々麺では一般的な太麺が多いですが、珍しく縮れ細麺でもちもちした食感、

なのでスープとの絡みは抜群でした。


朝食バイキング編
2023120301
2023120302
2023120303
2023120304
2023120305
2023120306
2023120307
2023120308
2023120309
御飯のお友
2023120310
2023120311
オムカレーライス
2023120312
2023120313
2023120314
2023120315
ブレンドコーヒー
2023120316

ミニクラブの忘年会、翌日の朝食はバイキングスタイルです。

スタートは朝7時~。

7時ちょい過ぎくらいに行くと、バイキング
会場には宿泊客は3割ほど。

なのでどの料理も1割ほどしか減ってません。

今回も全種類制覇を試みます(笑)。

が、しかし・・・

トレーに乗せたお皿に全種盛るには到底無理(汗)。。。

でも7割~8割くらいは頑張って盛りました。

残念ながらパン、デザート、生ジュースなどは見送りました。

もちろんフードロスを考えて、一品残さずに完食!

ひさびさに朝からお腹がはち切れそうでした(笑)。


集 合 写 真
2023120317

参加者のみなさんお疲れさまでした。

外 観
2023120201
エントランス
2023120202
宿泊部屋:和室10畳間
2023120203
ビンゴ大会
2023120318
ビンゴ景品
2023120319
窓からのビュー
2023120204
レストラン内観
2023120205
予約席
2023120206
かんぱ~い♪(ウエルカムドリンク)2023120207
献立:彩りプラン
2023120226

左:豚骨豆乳鍋 中:三種盛り 右下:刺身醤油
 2023120208
前菜:三種盛り
2023120209
海鼠(中央はくこの実)
2023120210
紅白なます
2023120211
こんぶ巻き
2023120212
お造り:玄界灘の潮 三種盛り(鮪、平政、鯛)
2023120213
煮物:飛龍頭、ごぼう鋳込み、海老芋(紅葉人参、青菜、赤蒟蒻)
2023120214
台物:糸島産豚の豚骨豆乳しゃぶしゃぶ
2023120216
2023120215
野菜(白菜、人参、水菜など)糸島ポーク
2023120217
2023120218
2023120219
焼き物:鰤の五香焼き(赤蕪、もろみ味噌)
2023120220
揚げ物:揚げ梅万十(ししとう素揚げ、揚げ春雨)
2023120221
食 事:炊き込み御飯、吸い物、香の物
2023120222
じゃこ飯
2023120223
結び湯葉、手毬麩、石蓴󠄁
2023120224
野沢菜、蕪、ワイン辣韭
2023120225
デザート:季節のデザート(和栗の抹茶ムース?みたいなの)
2023120227


2023年のミニクラブ忘年会は若松区の亀の井ホテルにて開催しました。

以前かんぽの宿だったとこです。

かんぽの宿だった頃に4,5回ほどおせわになってました。

お風呂はあんま変わってませんでしたが、宿泊部屋はリニューアルしてました。

どの料理も素晴らしく美味しくて大満足でした。

かんぽ時代に比べて料理技術のレベルの高さを感じました。

残念ながらこの日は雲が多く、玄海(響)灘に沈む夕日は拝めず残念でした。
 
がしかし、ビンゴ大会は上位商品をゲット!

参加者のみなさんおせわになりました。

次は夜食と朝食編を紹介。


お ま け
遠見ヶ鼻(妙見埼灯台)
2023忘年会005
2023忘年会007
若松北海岸(若松区有毛)
2023忘年会000


2023112301
2023112302
2023112303
先 付
野々庵豆腐
2023112305
前 菜
小芋石垣寄席 栗麩安倍川 萩真丈 柿なます 青葉のお浸し
2023112304
造 り
おまかせ三種
2023112311
吸い物 
茶わん蒸し 錦秋餡
2023112306
焼き物
鰆利休焼き
2023112307
小 鍋
豆乳レモン鍋
2023112308
2023112309
替り
ローストビーフ秘伝味噌ソース
2023112310
酢 物
柚釜和え(無花果 マスカット 法蓮草 白海老 銀杏パプリカ)
2023112316
食 事
鶏ごぼう御飯 
止 椀
田舎味噌仕立て  
香の物
盛り合わせ
2023112314
甘 味
自家製パウンドケーキ
2023112312
2023112313

2023112317

ぶどうの樹の野々庵にて親類の食事会に出席しました。

どの料理も大変手の込んだもので素晴らしく美味しゅうございました。



※今回はスマホにて撮影

このページのトップヘ