くーぱーのblog

最近はモーニングサービス、朝定食をメインに紹介してます。 過去ネタのお弁当記事も見てね。


2023082041
2023082042
2023082045
2023082046
2023082047
2023082048
2023082049
2023082050
2023082051
2023082052
2023082053
2023082054

JR久留米駅から九大線に乗車して降りたのは久留米大学前駅。

そこから歩くこと20分弱・・・

熱中症になりそうな中ようやく4麺目のお店に到着する。

場所は久留米市東合川5-6-11 ストリートビューはこんな感じ。

着いたのはpm1時ころ。

お店の前には20人近くの行列が出来ている。

まぁ事前のネット情報とかでは知ってはいたけどね(笑)。

やっぱこのラーメン屋ゴイスーだゎ。

2019年版Mランガイドに掲載されたのは伊達じゃないんだな。

客層は若い世代が多く、50オーバーの年配層はあんまいない(汗)。

入り口近くを見てみたがウエイティングシートはないようだ。

とりま最後尾に着く。

数分後ベンチに座ることが出来た。

すると・・・

女性スタッフが現れメニューを先に決めておいて下さいとのことで、

待ち客らがメニュー決めスタッフにその場で注文。

麺の硬さはふつうでお願いする。

うん、これならスピーディに注文が出来る上、客の回転も速まりそう。

やっぱ繁盛店は違うね。

並ぶこと15分くらいで入店。

意外と早かったな。

これ女性客が多いパスタとかのお店だったら軽く1時間は待つだろうね。

男性客が多いラーメン店ならではだよね。

カウンターに案内され僅か3分ほどでラーメン(600円)が提供される。

ほぉ~背油入りなんだね。

背油とは言ってもちゃっちゃ系ってほどではないので一安堵。

あんましこってり系はちょっと苦手なんだよね(汗)。。。

こちらのお店久留米にあるけど厳密には久留米ラーメンではない。

太宰府市の八ちゃんラーメンで修行後2005年に久留米にオープン。

今は2代目になったけど、太宰府の八ちゃん昔は伝説の深夜ラーメン店だった。

うる覚えだけ23時くらいオープンだったような記憶がある。

一度仕事終わりの週末に高速を飛ばして食べに行ったことがある。

夜中なのに20人以上の行列が出来てて驚いた。

そのあと薬院八ちゃんで太宰府八ちゃんとの食べ比べなんかしたな~。

などなど懐かしい思い出に浸りながらスープを啜る。

うんまっ!

思ってたほどこってりではなくって、すっきり感のあるライトテイスト。

ライトとは言ってもまぁまぁの濃厚さはある。

これくらいなら、ぐびぐびいけそう。

麺はふつうでお願いしたけど結構カタ気味の食感。

ヤワにしとけばよかったな。

まぁ厨房スタッフ全員20代くらいぽいし(笑)。

10時半にラーメン食べてから2時間以上経つけど全くお腹が減らなかったもんで、

スープは半分ほど残してしまった。

勿体なかったけど血圧には優しかったかな(笑)。

再び駅まで徒歩で戻って久留米駅から鹿児島本線に乗り換え帰宅。

ほんとは途中下車して一杯やる予定だったんだけども・・・

久留米ツアーこれにておしまい。

この記事書いてる最中、また久留米行ってみたくなった(笑)。

お ま け
2023082055
J R 久 大 本 線 久 留 米 大 学 前 駅 
2023082056
久留米大学前駅ホーム(単線のためホームは1つのみ)

2023082057
久留米駅に偶然停車中だった高級観光列車

2023082058
JR久留米駅前のモニュメント

2023082059
とある情報では南京千両創業時には清湯だったという説もあるようだ
2代目(ご子息)の話では買い出し中に遊戯施設に立ち寄った為らしい
(※2023年1月放送『〇〇ちゃんに𠮟れられる(豚骨ラーメン秘話)』に基づく情報)

2023082060
J R 久 留 米 駅 



2023082021
2023082022
2023082023
2023082024
2023082025
2023082026
2023082027
2023082028
2023082029

 
朝食バイキングを食べ腹8分くらいでホテルをチェックアウト。

ホテルから西鉄久留米駅へ徒歩で10分ほど移動。

バス乗り場でJR久留米行きの乗降場をチェックしておく。

そこから強い日差しを浴びながら再び歩いて10分くらい移動。

2日目、3麺目のラーメン店が目の前に現れる。

こちらを訪麺するのは2度目、多分20年以上ぶり?

前回はたしか20世紀だった気がする(笑)。

場所は久留米市通外町(トオリホカマチ)11-8 ストリートビューはこんなとこ。

暑かったねぇ~と入り口の順番待ち用紙に名前を書き込んでると、

同行者から「麦茶がよぉ冷えとぉ~よ~」と教えてくれる。

えぇ~!えらい親切なお店なんやねぇ~と感激。

ウォータージャグから紙コップに注ぎ、ごくごくっと一気飲み(笑)。

額に滲んだ汗が少し引いていった。

入り口にメニューが掛けてあったんで、ベンチに腰を下ろして品定め。

スマホで時間を見ると10時10分。

あと20分か~。

10分ほど経つと車がガンガン駐車場に入っていく。

5分前になると10数人ベンチに並んでた。

1分前スタッフの女性が暖簾をかけ「おはいりくださぁ~い♪」の声で、

一番乗りで入店。

「奥から詰めてお座りくださ~い」との案内でカウンター奥に着く。

セルフでお冷を注ぎ飲んでたらスタッフがオーダーをとりに来た。

バイキングでまだお腹に余裕がなかったんでラーメンのミニ(530円)にした(汗)。

食べ比べセット食べてみたかったなぁ~。

朝食食べなきゃよかったよ(汗)。。。

程なくしてミニラーメンがカウンターに着丼!

ミニって言ってもそこそこのサイズ。

連食するにはうってつけ。

具材はチャーシュー2枚、海苔、葱、そして3麺連続の薄切り茹で玉子。

茹で玉子って久留米ラーメンの特徴のひとつなの?

あと海苔も必ず入ってるし。

自分の中ではメンマがはいってるって勝手なイメージだったんだけど、、、

基本でメンマ入ってたのって1麺目のお店だけだったよな。

先にスープから啜る。

うんまっ!!

これぞ完成系って味。

迷いってものを一切感じさせない印象。

好みってものはあるけど、このスープは好みってものを超越させたものを感じる。

いやぁ~このラーメン美味すぎるゎ~。

なんて表現していいのか万人受けする上にすんごく上品さも感じる。

自分は歳とって古系が好きになったんだけども、

若い頃はガッツンコッテリ系が大好きで麺の茹で加減もバリカタ一択だった。

今ではあっさりヤワ麺好きのおじさんに変わった(笑)。

有名な話だけどここのお店の創業者が呼び戻しスープの製法を作り出したそうだ。

創業者のお兄さんは清陽軒を創業、弟さんは小倉(北方)で香月ラーメンを創業。

その後香月ラーメンは、清陽軒と屋号を変えて小倉守恒に移転し、

惜しまれながら数年前に暖簾を下した(三郎丸にあった同じ屋号のお店はお弟子さんと聞く)

ちなみに創業3人兄弟の義兄(姉の夫)は久留米でラーメン屋台を営んでいたが、

故郷に戻り師匠のお店と同じ屋号の南京千両と言うラーメン店を開業した。

代は変わったが現在も富山市内で営業中。

ミニとはいえ、流石にスープは飲み干せず半分ほど残してしまった。

めちゃウマスープだっただけにすんごく残念。

再び西鉄久留米駅に戻ってバスでJR久留米駅に移動する。

4麺目につづく・・・

お  ま  け
2023082030
同行者注文の昔ラーメン(780円)

※参考までに2009年食べた昔ラーメンの画像(当時価格500円)


2023082002
2023082003
2023082004
2023082005
2023082006
2023082007
2023082008
2023082009
2023082010
2023082001

翌朝いつもの時間に目覚め、 8時半くらいに朝食に向かう。

エレベーターを降り地下のバイキング会場に行くと、

窓がないんでちょっと殺風景な会議室みたいとこだった(汗)。。。

なんか和ませるような絵画とかあると雰囲気がよくなるかも?

テーブルは8割方埋まっている。

入り口でトレーを取り、お惣菜コーナーでを食べたいものをお皿に盛る。

このあと10時半からラーメン食べる予定なんで控えめに取る(笑)。

洋食皿に盛ったのは野菜とポテサラ、スクランブルエッグ、ミートボール、

ウインナー、玉子焼き。

和皿に盛ったのは焼き鯖、筑前煮、ひじき、金平蓮根。

あとはお漬物と梅干し。

デザートにフルーツポンチ。

最後にご飯半膳と具のないみそ汁。

ちなみスルーしたは明太子と納豆。

ご飯コーナーにはカレーも用意されてた。

食後にホットコーヒーを飲んで終了。

お味は可なく不可なくってところ。

ちなみに宿泊費は6200円(税込)+福岡県宿泊税200円だった。

知らなかったけど宿泊税を取るのは東京都、大阪府、福岡県の3都府県。

地方都市では京都市、金沢市、長崎市、
北海道倶知安町の3市1町

福岡県の福岡市、北九州市は県宿泊税とは別に市宿泊税の2重課税制らしい。

ということは消費税入れると3重課税ってことなの?

3麺目へ続く・・・


2023081966
2023081968
2023081969
2023081967
2023081970
2023081971
2023081972
2023081973
2023081974
2023081975
2023081976
2023081977
2023081978
2023081979
2023081980
2023081981
左より豚バラ、上ダルム、ぼんじり、鶏モモ
2023081982

餃子を食べたあと向かったのは移動距離1分のところにある居酒屋。

久留米焼鳥と極上海鮮料理が食べれる大人気店。

場所は久留米市六ツ門町11-6 ストリートビューはこんなとこ。

ツアー前に久留米焼鳥どのお店にしよっかなぁ~と思い調べたんだけど、

まじで焼鳥屋の多いこと多いこと。

それもその筈、人口1万人あたりの焼鳥店の数が日本一なんだそうだ。

関係ないけど人口10万人あたりの医師の数が日本一多い都市なんだとか(へぇ~?)

久留米で焼鳥と言えばやっぱダルム(豚の腸)っしょ!

ってことで屋号にダルムって名前が付いてるこちらに決定(笑)。

オープン10分前に到着すると20人くらいの客が開店を待っている。

聞こえてくる会話からどうやらほぼ100%予約客(滝汗)。。。

う~ん、ひょっとしてお店に入れないかも?

一抹の不安が脳裏をよぎる。

暖簾が掛かり客が店内へと雪崩れ込んでいく。

みちょぱ似の女性スタッフに予約してないけど入れないか交渉してみる。

ちょっと相談して来ますと暖簾の中に消え、その1,2分後、、、

カウンターだったら2時間だけだったらOKとの返事。

超々らっきぃ~♪

なんて日だ!!

2度もあるとは。

日頃のなんとやらなのか?

カウンターに着くと直ぐ様おとうしが出て来た。

胡瓜、枝豆、もずく酢の3品。

もずくにはアクセントでとろろといくらがトッピング。

何呑もっか~?

さっきビール飲んだからな~。

メニューを捲るとハイボールが目に留まる。

同行者と相談してビームメガハイボールを注文。

超スピードでメガジョッキ登場。

おつかれぇ~かんぱぁ~い♪

本日3回目(笑)。

さ~て何たべますか?

協議の結果、、、

上ダルム、豚バラ、ぼんじり、鶏モモをそれぞれ2本注文。

他にも注文しようとしたけど、ちょっと食べきれないかもよ?と促されたんで、

食べ終えて足りなかったら追加しよっかぁ~てことで意見がまとまる。

暫し待って焼鳥(4種×2)がカウンターに並ぶ。

豚バラめちゃデカ!

こっちに比べ1.5倍~2倍近いサイズ。

ダルムは初めて見るけどこれも大きい。

ぼんじりと鶏モモは見慣れたサイズだった(笑)。

焼鳥が並んで思った。

そういや注文時、タレor塩の指定って聞かれなかったような?

多分?基本は塩胡椒なんだろね。

まぁ鶏肝、鶏つくね以外は塩焼きが好みだからよかったけど、、、

そういやダルムってこっちの焼鳥屋では見たことがない。

昔々、久留米の医学生が豚の腸のことをダルム(ドイツ語)と呼んだことから

久留米エリアでは豚の腸の焼鳥をダルムと言うようになったと聞く。

ハイボールを飲み干し焼鳥4本食べたら結構お腹一杯。

同行者から促されて4本にしといて良かった(笑)。

退店後コンビニで缶チューハイを買ってホテルに戻った。

つづく、、、


2023081951
2023081952
2023081953
2023081954
2023081955
2023081956
2023081957
2023081958
2023081959
2023081960
2023081961
2023081962
2023081963
2023081964

ホテルにチェックインしたあと部屋でちょっと休憩。

いつの間にか爆睡してたようで目が覚めると午後5時近く(汗)。。。

アフターファイブは久留米六ツ門町界隈に出発。

第一候補はいつか行ってみたいと思ってた老舗餃子店。

営業時間は15時~、

人気店なので予約で一杯かと思い電話してみる。

すると19時くらいまでだったらカウンターが空いてるとのことで、

即座に予約をいれる。

ホテルから歩くこと10分弱ほどで到着。

場所は久留米市六ツ門町10-34 ストリートビューはこんなとこ。

5時半ころ入店。

店内は6人掛けテーブルが2卓とカウンター5,6席。

カウンター奥に着き瓶ビール(アサヒ)と焼餃子1人前(20個)を注文。

ビールをコップに注ぎ本日2回目のかんぱぁ~ぃ♪

 一杯目を飲み干した頃、焼餃子が出来てきた。

おぉ~おいしそぉ~!!

親指より少し大きめ、サイズ的には足の親指くらいかな?

博多ひとくち餃子よりちょい小さめ。

御主人(息子さん)がカウンターに出て来て食べ方を教えてくれた。

餃子の窪みにニラとタレを掬い取って食べるそうだ。

なるほどぉ~(ウンウン)。

ってことでやってみる。

カリッじゅんわぁ~♪

う~んめっちゃうま~い!!

こりゃ~大人気店なわけだゎ。

ラーメン2杯と焼めし食べて全然おなか減ってないけどパクパクいけそう(笑)。

食べてる最中電話が何度か鳴った。

予約電話だったみたいで、電話の度にお断りされてた(汗)。。。

よかった~。

早めの入店で食べれて超らっきぃ~♪

前もって調べた情報では餃子の餡はキャベツ、玉葱、豚肉、調味料らしい。

あと瓶に1年漬け込んだニンニクを入れてるようだ。

動画で女将さんが話してた。

ビールがなくなったんで2本目(キリン)を追加。

2本目を飲み干し2軒目に向かう。

つづく・・・


2023081941
2023081942
👇画像はガストのホームページから引用しました
ガストかき氷
2023081943
2023081944
2023081946
2023081945
2023081947


2麺目を啜ったあと津福駅から電車に乗って花畑駅で下車。

先に荷物をホテルに預けて呑もうってことで駅からホテルへ移動。

その途中あまりの暑さで冷たいもので休憩しようということでガストに寄る。

入店するとシステムダウンでタブレット端末が使えないとのこと。

なのでメニューが見れないことが判明。

ITで便利な世の中だけど一旦機械が故障すると不便なもんだな(苦笑)。

仕方ないんでスマホでガストのメニューを検索してみる。

へぇ~?

今年からかき氷始めたんだ。

いちご味と抹茶味の2種。

迷うこともなく、ふわとろホイップのかき氷(いちご)を注文。

暫し待ってネコちゃんロボがかき氷を運んで来た。

先ずはかき氷からパクッ!

じゃりじゃり。

ちょっとなつかしぃタイプ。

今も売ってると思うけど、子供の頃駄菓子屋とかで買ってた袋入りかき氷。

当時2,30円前後くらいだったような?よく覚えてないけど、あのタイプの食感。

カフェとかのオサレかき氷は1000円オーバーするから350円はお手頃かも?

ふわとろホイップはバタークリームみたいなお味。

一緒に混ぜて食べてたけど、あんま得意じゃなかった(汗)。。。

そもそもケーキとか甘いの苦手だし・・・

身体も冷えて汗も引いたんでホテルへと向かった。

④へつづく・・・


2023081921
2023081922
2023081923
2023081924
2023081925
2023081926
2023081927
2023081928
2023081936
2023081929
2023081931
2023081930
2023081932
2023081933

久留米ツアーパート2

1麺目を啜った後向かったのは西鉄津福駅から歩いて10分のとこにある老舗食堂。

一旦駅まで戻って徒歩で移動、到着したのは午後12時15分ころ。

店舗前の駐車場には来店客の車が溢れかえっている。

入り口に置かれたベンチには待ち客数名待機中。

すんごい繁盛店のようだ。

ここに訪れるのは2度目、前回は丁度10年前の2013年8月のお盆休みだった。

場所は久留米市安武町3057 ストリートビューはこんな感じ。

ネット情報に依ると創業は1966年(s41年)だそうだ。

待つ事数分、小上がり席に案内される。

店内はお盆休み中なのか、お子さん連れの家族客で賑わっている。

最初に注文したのは瓶ビールと焼めし。

猛暑の中汗だくで20分近くも歩いて来たんで喉カラカラ。

焼めしをつまみに飲もうって魂胆(笑)。

瓶ビールが先に来たんで、本日一杯目のかんぱぁ~い♪

少し遅れて焼めしが登場、取り皿をお借りしてシェアする。

グビっと喉を潤したあと、小皿に取り分けた焼めしをぱくっ!

うんまぁ~♪

ふんわ~りしっとりしながらもパラパラっとした食感。

具は細かくカットされた蒲鉾、人参、玉葱、青葱。

この玉葱の甘みが絶妙だねぇ~♪

久留米ラーメン、筑後うどん、久留米焼きとりの久留米三大B級グルメと並び、

久留米焼めしもB級グルメの人気メニューの内のひとつになっている。

ちなみにここのお店、久留米三大食堂の1軒らしい?

ビールを飲み干したあと本命のラーメンを追加。

ほどなくしてラーメンが登場。

零れそうなくらいなみなみにスープが注がれており運ぶの大変そう。

では、スープからズズズッ!

おいしぃ~♪

すんごくあっさり軽やかテイスト。

1麺目に比べ出汁の弱さは若干感じるがこちらももどちらかというと古系ぽい?

麺は久留米にしてはやや細目で茹で加減はややカタ気味、加水率低めって感じ。

食感は少しぼそぼそ感があるものの喉越しのよい麺だと思う。

好み的にはもう少し長めに茹でたほうがスープとの絡みが良くなる気がする。

昨今バリカタ好みが多いからなんだろうけど、あくまで好み違い。

具材はチャーシュー(バラ?)3枚、海苔、葱、薄切り茹で玉子。

あとデフォルトで紅生姜がのっているのが特徴かな?

以前ある人に聞いた話に依ると、昔久留米では赤く染めた筍を乗せてたらしい?

ある日赤く染めた筍を切らしてしまい代用したのが紅生姜だったそうだ。

この話、北海道のとあるラーメン店でラードをうっかり切らしてしまって、

代わりに厨房にあったバターを乗せた話と共通するものがある(笑)。

なので本場のみそラーメンにはラードがはいるのが正統と聞く。

話が逸れたが基本で紅生姜が乗ってるお店は結構珍しいと思う。

なんとかスープを飲もうとしたがお腹パンパンで半分くらい残してしまった。

もう何も食べれそうにないんで取り敢えず宿泊施設に向かった。

③へつづく・・・


2023081901
2023081902
2023081903
2023081904
2023081905
2023081906
2023081908
2023081907
2023081909
2023081910
2023081911

今年のお盆休みは一泊で久留米に行ってみた。

最寄り駅からJRに乗車し、二日市駅で下車して西鉄太牟田線に乗り換える。

電車を降りたのは西鉄津福(つぶく)駅。

1麺目に選んだラーメンは駅から徒歩で7分ほどのとこにある古(いにしえ)系。

ネット情報に依ると創業は1986年(S62年)らしい?

場所は久留米市津福町457-1 ストリートビューはこんな感じ。

開店時間はam11時半、お店に着いたのはオープン5分過ぎくらい。

窓側のテーブル席に着きカウンター上部のメニューを見る。

自分はラーメン(550円)を注文。

同行者はチャーシュー麺を注文。

なんとその差たったの50円。

えっ、うそでしょ?

一般にラーメンとチャーシューの差は200円くらいが多いと思うんで

こちらは驚異のCPだと思う。

連食予定だったんでラーメンにしたけどチャーシューのが絶対お得だよな(笑)。

注文後直ぐに常連と思われるおじさん達が次々と来店し席が半分位埋まった。

古系は若い人が少ないようだ。

ほどなく待ち注文品が出来て来た。

具材はチャーシュー3枚、メンマ、海苔、ネギ、薄切りの茹で玉子。

薄切りとは云え、茹で玉子がデフォルトトッピングは珍しい。

スープからいく。

うまっ!!

これぞ古系ってやつ。

じんわぁ~とくる出汁のうまみが口の中に拡がる。

今風のガッツンコッテリ系とは違った滋味系パワー炸裂って印象。

すんごくあっさりしてるんだけどもコクがある味わい深いスープ。

いやぁ~これはうますぎるゎ。

思わずぐびぐびとスープばかりを啜ってしまった。

見た目の色合いは佐賀ラーメンみたいにも見えるが佐賀とは全く異なるテイスト。

次に麺を啜ってみる。

麺を持ち上げると麺線はやや太い。

如何にもくるめちっくな麺ではないだろうか?

福岡、北九州、久留米の福岡三大都市の中では一番麺が太い印象がある。

茹で加減は指定しなかったが、食感はややヤワってところ。

おかげでスープののりがいい感じ。

具材のチャーシューも箸で摘まむと崩れるほど軟らかですんごく美味しい。

久留米ラーメンの特徴的なメンマも細く裂かれており塩梅も優しい。
 
いやぁ~正直そんな期待はなかったけど超~大満足な一杯だった。

2麺目のお店は徒歩で移動する。

お  ま  け
2023081912
同行者注文のチャーシュー麺(600円)


2023081900
最寄り駅の西鉄大牟田線:津福(つぶく)駅


2023081701
2023081702
2023081703
2023081704
2023081705
2023081706
2023081707
2023081708
2023081709
2023081710
2023081711
2023081712
2023081713
2023081714
2023081715
2023081716
2023081717
2023081718
2023081719
2023081720
2023081721
2023081722
2023081723
2023081724

納豆探しをしてる時、ひびきの食堂だったお店が別のお店になったことを知った。

更に調べると同じ経営母体だと言うのも分かった。

2023年8月現在、福岡県内に3店舗(福津、飯塚、若松)存在するようだ。

朝7時半からモーニングをやってるみたいなので早速行ってみる。

9時半過ぎ頃到着。

店内に入ると以前の店内から半個室状のボックス席に変わっている。

なるほど女性客ターゲットなんだな。

前はおじさん客がほとんどだったからね~。

窓際の席に着きメニューを拝見。

おぉ~これ凄くネ?

大阪モーニング。

なんと好きなドリンクを注文するだけで無料セットに出来るようだ。

でもなんで大阪モーニング?

知名度の高い名古屋じゃないんだ。

本社が大阪だからなのか??

ということでアイスコーヒーを注文し大阪モーニングのセットでお願いした。

待つ事数分、、、

大阪モーニングの登場。

おぉ~~~!

これはすごいっ!!

ドリンク代だけじゃ利益ないよね?

今までいろんな朝定やモーニング食べて来たけど、これは凄すぎるゎ。

その内容は、ご飯、味噌汁、小松菜、金平牛蒡、冷奴、海苔、お漬物、納豆。

あら?

納豆ついてるんだ。

納豆終了宣言しちゃったのに(汗)。。。

お味の方はというと、、、

納豆カップに印刷してる経営母体がやってる大衆食堂まんまって感じかな?

社食とか学食的なみたいに老若男女わけ隔てない無難なお味って印象。

でもこの内容でドリンク代だけで頂けるのって驚異のCPだと思う。

ランチもやってるみたいなんで次回はランチしに行ってみよっと。

アイスコーヒーは結構おいしかった。


2023081601
2023081602
2023081603
2023081604
2023081605
2023081606
2023081608
2023081609
2023081607
2023081610
2023081611
2023081612
2023081613
2023081614
2023081615
2023081616
2023081617
2023081618
2023081619
2023081620
2023081621
2023081622

納豆ごはんシリーズ

チェーン店の納豆朝食もこの記事でおしまい。

というのも、他に見つからなかったから(笑)。

ラストは牛丼御三家のすき家。

出かける前にHPを見てびっくり!!

なんとマカロニ小鉢が激甘ひじきに戻ってた(ウソ?)。

となると、ひじきが付いてないまぜのっけ一択。

マカロニ小鉢人気なかったんだね。

めっちゃざんねん・・・

am9時ころ到着。

珍しく先客なし、と思った数分後ぞろぞろと4組入店。

カウンターに着きタブレットで納豆まぜのっけ朝食をタップ。

ご飯はM屋、Y牛と大盛りにしたんですき家でも大盛りにしてみる。

M屋Y牛共に大盛り無料だったが、すき家は+30円。

温玉は生玉子に変更出来るようだが価格差なし。

但し単品価格は温玉より20円安い設定になってる。

注文後、数分で配膳。

ほほぉ大盛り初めて注文したけどそんなまで大盛りじゃないんだね。

どんぶりのサイズが並より大きいためかな?

いつもの手順でまぜのっけてみる。

おかかを振りかけて、納豆を混ぜリング状に敷く。

オクラを納豆の上に乗せて温玉をセンターに鎮座。

黄身を崩し、アクセントで紅生姜をトッピングして七味をパラパラ。

あとは豪快にかき混ぜて口に掻き込む。

うっめぇ~!!

納豆ごはんも毎回たべるてるとちょっと飽きてきた(汗)。。。

次は何シリーズにしよっかな?

このページのトップヘ