2019090401


2019090402


2019090403

2019090404

2019090405

2019090406

2019090407


訪麺したのは、昨年9月初旬くらいだったかな?

客先は山口市内の湯田温泉のとあるエリア。

しごとはめちゃ簡単で1時間くらいで終了した。

終わったのが午後1時半ばあたり。

折角山口市まで来たので、何か名物でもと考えて思い浮かんだのがばりそば。

スマホで検索するとわりと近くにお店を発見!

店舗裏手の駐車場に行くと、生憎の満車状態。

え~1時半まわってるのにすんごい盛況なんだねぇ~。

十数分ほど待ってると、一気に数台分の空きが出来た。

しか~し店舗に入ると、これまた数組の待ち客が・・・(マジ?)。

ここでまた十数分時を過ごす。

並んで待ってると、ちょうど券売機の前に来たのでお目当てのばりそばを探す。

あれっ?

メニューにばりそばがない(汗々)。。。

1つ前に並んでる男性客に「あのぉ~ばりそばってやきそばのことですか?」

と尋ねてみると「そうやきそばがばりそばのことですよ」と教えてくれた。

ってことで、やきそばとギョーザをポチっと押す。

そこからまた席に着くまで10分弱。

店内をよ~く観察してると、こちの店舗すべてテーブル席。

一人客でもテーブル席をおひとりおひとりが使っておられるため

回転率が低いことが分かった(苦笑)。

店内に入って料理が出てくるまで30分くらいかかったと思う。

ばりそばは写真のように、揚げ麺に中華餡のかかった云わば

皿うどんタイプ。

正確には違うとは思うけど、あくまでパッと見の印象。

麺を箸で食べやすい様に崩し、具材と一緒にバリバリする(笑)。

見た目の印象と違って、中華餡はさらっとしててとろみ感が弱い。

分かり易く言えば、しゃばしゃばの中華スープがかかったような餡。

なのでお皿にスプーンがついているんだね~(ウンウン)。

お味はまさに中華の鶏ガラスープのような感じ。

揚げ麺はお馴染み皿うどんの細麺と比べて、やや太めで香ばしさが最高!

一緒に頼んだ餃子はパリパリでまいう~だった。

まだ山口シリーズが残ってます(笑)。


住所:山口県山口市本町 駐車場あり 営:11時~ 休: 月・火