2020062611

2020062612

2020062613

2020062614

2020062619

2020062615

2020062616

2020062617

2020062618

2020062620


1麺目を食べた後、次どこ行こうかと作戦会議。

歳のせいかラーメン1杯で既にお腹7分あたり(汗)。。。

2麺目はお腹の具合を考え、1時間くらい移動したとこにしようという話に、、、

朝倉方面まで足を延ばすか、博多駅に戻る途中にするかと言うことになる。

で、決まったのが博多駅に戻ることになり、

非豚骨系の「塩ラーメン城」に決まった。

店内はカウンターと小上がりが2卓。

カウンターは少し混んでたんで、3密を避け小上がり席に着く。

注文したのは、もちろん看板メニューの塩ラーメン。

ほどなくして注文品が到着!

素晴らしく綺麗なクリアなスープ。

もしかして只のお湯か?

って勘違いしそうなくらい(笑)。

先ずはスープから頂く。

うっ、うっまぁ~い!!

すんごく上品、きらっと光る脂がその旨味をぐんと引き出してくれている感じ。

あまりの美味しさにスープを何度も口に運んでいた。

塩はモンゴル岩塩、アンデス岩塩、糸島の塩の3種を使用してるようだ。

糸島のはもしかして、まいたちの塩なのか?

次に麺を啜ってみる。

見た目は中細麺くらいだろうか?

食感はぶにゅ~んって感じ、やや加水率が高い様な感じがする。

そのせいもあってかスープがよく絡んでいる。

具材はチャーシュー、青葱、白髪葱、メンマ、海苔等。

チャーシューを炙っているのですごく香ばしく美味しかった。

2/3ほど食べたあたりで、薬味の柚子胡椒を入れて味変してみた。

ほっほ~、これはなかなかいいアクセントになった。

血圧高めなので、スープは残すつもりだったのだが、、、

余りにの美味しいさに気が付けば、飲み干してしまっていた(笑)。

次は博多駅に戻ってラーツーから吞兵衛ツアーが始まる。


住所:大野城市南ヶ丘5-1-31 Pあり 営:11時~ 休:月