くーぱーのblog

カテゴリ: うどん・そば・どんぶり


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

おみやげうどん
イメージ 8


この日はミニクラブ8名で一泊二日でお出かけでした。

宿泊先は久住町にある貸別荘で、少し季節はずれのBBQ(実質焼肉)です。

本来ミニで行くべきところ、10人乗りのレンタカーを借りて出発。

途中日田市内のうどん屋さんでお昼を食べることになりました。

メニューから選んだのは、梅おろしうどんの冷。

温より冷を選んだのはうどんの腰を知りたかったからです。

ほどなく待ち、注文品がやってきました。

先ずはそのまんま、麺を1本啜ってみます。

するするする~っと喉を滑るような、なめらかぁ~な食感です。

お次は徳利の出汁を回しかけます。

具材を適度に掻き混ぜ、再度ずっずっと啜ります。

うんまぁ~♪

讃岐のような腰と博多うろんのようなてろんてろん、その両方を兼ね備えたような感じがします(笑)。

出汁のお味はちょっと九州人好みの甘目です。

後半は梅干しを崩して出汁に溶かして麺と一緒に食べました。

精算後、麺打ち場ではお店の方が手打ちされました。


場所は大分県日田市大字友田大川3196-1 大駐車場あり 休:無休 営:11:00~


2018年7月1日オープン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

天ぷら盛り合わせ+ビール 1000円
イメージ 7

イメージ 8

夜限定おつまみ 酢もつ 100円
イメージ 9

夜限定おつまみ ポテサラ 100円
イメージ 10


餃子を食べたあと向かったのは、豊前裏打会のうどん屋さん。

HPをみて見たら、現在8店舗も展開してるんだねぇ~(驚)!

こちらはパッと見が、街中にある銭湯って印象。

たしかに大地のうどんを知らない人は、お風呂屋さんと思ってしまうよね(苦笑)。

暖簾を潜ると入口はひとつで、銭湯のような番台はなかった(笑)。

靴を脱いで上がると、床はフローリングってより、板張りって感じ。

正面の券売機で買ったのはビール付きの天ぷら盛り合わせ。

同行者らは酎ハイとおつまみを購入していた。

掘りごたつタイプのテーブルに着き、注文品を暫し待つ。

ほどなくして、ビール、酎ハイ、おつまみ、天ぷらが揃う。

本日4度目のかんぱぁ~ぃ♪

おつまみ、天ぷらを食べながらビールをグビグビ。

「しっかしお前ら昼間っからどんだけ酒呑んどんじゃ!」って声がどこからか聞こえてきそう。

〆の麺を啜る筈だったのが、もう食べれそうにないので断念する。

うどん屋さんに入ってうどんを食べずに出たのは初めてだったと思う(汗)。。。

まだ続く・・・・(笑)。


場所は福岡市博多区博多駅南3-9-1 近隣にコインパーキングあり 営:11時~14時 17時~21時


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 13

イメージ 16


イメージ 14

イメージ 15


行ったのはこないだのお盆休み。

いつもの博多呑兵衛ツアー1軒目に選んだのがこちらのお蕎麦屋さん。

某人気グルメサイト、福岡の蕎麦ランキングのベスト3に入っており口コミ数ではTOPなのだ。

開店10分後くらいに到着すると、店舗入り口には10人近くの待ち客が並んでいた。

おぉ~やっぱ人気店なんだねぇ~!

ウエイティングシートに名前と人数を書いて暫し順番が来るのを待つ。

十数分後名前が呼ばれ、店内奥のテーブルに案内される。

せっかくの休みなんで昼間っから蕎麦屋呑みすることにした。

先ずはビールでかんぱぁ~い♪

ビールのおつまみの蕎麦かりんとうをポリポリ食べながら喉を潤す(笑)。

アルコールの充てに注文したのは、名物手挽きそばがきと、厚焼玉子。

先にやって来たのは厚焼玉子、親切に人数分にカットされている。

玉子焼き(出汁巻き)を食べれば、お店のレベルが分かるって聞くけど、

お昼のお弁当の玉子焼きを食べるようになってから、美味しい玉子焼きが分かるようになった気がする。

小皿にとりわけて断面の写真を撮ってみたが全部ピンボケしていた(大汗)。。。

ひと口大に箸で割いて食べてみると、ふんわぁ~りしっとり中心は半熟状態でとろっとろ~♪

これはめっちゃ美味しい玉子焼きだと思う。

お味はすんごく出汁が効いてちょいと甘目の味付け。

ビールがなくなったんで、日本酒を瓶で1本注文する。

注文したのは島根県松江市の王祿酒造の超王祿(無濾過本生、精米歩合60%)。

酒造元のHP情報には全国の取扱店が紹介されていたが、結構貴重な日本酒なのを知った。

日本酒の知識は皆無なので全く味は語れないけど、やや甘口ですっきりした感じだったかな?

日本酒をちびちびやってたら蕎麦がきがやって来た。

片口のつゆを小皿に移し入れ、薬味のネギと山葵を小皿に取る。

う~んこの蕎麦がき、ねっとりして美味しいねぇ~。

こりゃぁ日本酒がススムくんだね(笑)。

このあとのことも考えて、〆はもりそばの小を注文。

むらたの蕎麦めっちゃ美味しいやん。

たしかにランキングベスト3なのも頷ける(ウンウン)。

手繰り終えたあとは、蕎麦湯を飲みながらほっこりとほろ酔い気分(笑)。

2軒目は同行者おススメの角打ちに向かった。


住所:福岡市冷泉町2-9-1 櫛田神社表参道沿い 近隣にコインPあり 営:11:30~ 休:第2日


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


行ったのは週末金曜日の夕時だったかな。

以前よりご一緒しましょうとのことで、Mちゃんさんとビルマうどん花千里オフ。

乗ってたJRが途中止まってしまって、かなり焦ったけど15分くらい遅れて無地到着。

先ずは瓶ビールで喉を潤したあと、おつまみで頼んだのは自家製野菜を使った野菜餃子。

ニンニクは使ってないとのことで、それぞれ1人前を注文。

焼きあがりの写真をご覧のように、餃子の羽がお見事なほどの出来上がり。

カリッとした食感、中の餡がすんばらしくジューシー♪

サービスで出して頂いた、自家製の大葉を巻いて再びぱくり。

大葉の香りと共にカリッサクッ、じゅんわ~。

大葉巻き餃子、めっちゃおいしいゎ~♪

餃子のあと注文したのは春巻き。

この春巻きも抜群のお味、特に春巻きの皮がパリパリっサクサクっと美味しかった。

その後、焼酎を飲みながら頼んだものは手羽先1人前。

何やらオリーブオイル100%で揚げてるそうだ。

なので、オリーブオイルの香りがふわっと来る手羽先で、油キレも素晴らしくおまけにジューシーだった。

う~んこの手羽先なら何本でも食べれそうだ(笑)。

ほろ酔い気分になったころ注文したのは、花千里の看板メニュー“ビルマうどん”。

やっぱこのうどんを食べて帰らないとここに着た意味がない。

見た目は北海道のスープカレーのような感じ。

要はスープカレーうどんってところかな?

スープはカレー味、まぁ当たり前だけど自分的に辛さはすんごくマイルド。

これならお子ちゃま~おじいちゃんおばぁちゃんまで大丈夫なくらい。

具材は手羽元かな?

箸を入れると、ホロホロって崩れるくらいに柔らかく煮込んであって美味しい。

麺は、博多うろん風の腰砕けな食感。

尋ねてみると、ビルマうどんの正当な製麺所さんから仕入れているとのこと。

ビルマうどんめちゃウマだった。

Mちゃんさんが頼んだ、トマト素麺を途中おすそ分けして食べたけどトマト素麺もめちゃウマだった。

その後お店を出たあと、近所の2軒目にむかった(笑)。


場所は門司区柳町2-3-17 近隣にコインPあり 営:11:30~14:30 17:00~20:30 休:日・月

【博多吞兵衛ツアー パート3】
   
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6
イメージ 4

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


2軒目でほろ酔い気分になったあと向かった3軒目はおそばが激安で頂けるこちら。

10割のざるそばがなんと290円!

いやぁ~ありえないコストパフォーマンス。

まじですごい!

先ずは蕎麦焼酎でかんぱぁ~い♪

おつまみに選んだの身欠鰊の甘露煮と揚げ蕎麦。

焼酎を飲み干したあと、ざるそばを注文。

正直期待はしてなかった。

手繰ってみると、めっちゃ美味しい蕎麦だった。

蕎麦つゆは九州人好みの甘めタイプ。

最後に蕎麦湯を飲んでまったり気分(笑)。

4軒目に続く・・・


場所は福岡市中央区天神2-14-8 天神センタービルBF1 駐車場なし

このページのトップヘ