くーぱーのblog

カテゴリ: ラーメン・チャンポン・焼そば


2020110701

2020110702

2020110703

2020110704

2020110705

2020110706

2020110707

2020110708


このお店に行く数日前、今度の土曜姪の浜までラーメン行きませんか?

とLINEが来た。

いいですね~行きます。

とLINEを返した。

待ち合わせ場所で同行者の車に乗車後、姪の浜まで順調よく走行。

お店には駐車場がないということで近くのコイパに車を留めてお店へ。

開店丁度を目指していたが既に暖簾が掛かっていた。

携帯の時間を見ると11時を少しまわった頃だった。

店内はやや小狭間で、テーブル席は無くカウンター内が厨房ってレイアウト。

壁上のメニューを見まわして注文したのは基本のラーメン。

別料金で追加トッピングもできるようだ。

厨房内をちらっと覗き込んでみると、どんぶりにお湯が張られている。

ほほぉ~スープが冷めないよう温めているんだなぁ~。

いやぁ~素晴らしい、店主の拘りをひとつ感じた。

ほどなく待って、カウンター越しにラーメンを受け取る。

写真を撮ろうと、煮豚が手前に来るように回転してたら、

お客さんちょっと待ってと店主から声が掛かる。

ネギの方を手前にしてから写真撮ってね。とのお願い(滝汗)。。。

えっ~そ~なの!?またひとつ店主の拘りを感じた。

失礼しました。と言って提供された向きに再び回転し数枚パチリ。

ではではとレンゲに掬ったスープから先ずはひと啜りする。

うまい!!

うますぎる!!

なっなんなんだこのスープは!?

めちゃめちゃ滑らかで、しかも驚くほどクリーミー!

ぽたっとした粘度もあって、まるで洋食店のクリームスープのような舌触り。

(ネット情報では豚骨と鶏ガラとのブレンドスープらしい?)

次に麺をすすってみた。

中細ストレートだが、加水率はやや高めって印象。

驚くべきことはスープが麺に見事までに絡んでくる。

絡むってよりは、麺とスープとが融合、まるで一体化してるって感じ。

茹で加減はかなりやわらか目ってところ。

固茹でが多い福岡市内のラーメン屋としてちょっと珍しい。

具材のチャーシューは、敢て煮豚。

なのでチャーシュー麺はメニューにない様だ。

あったとしても煮豚麺なのかな?

その煮豚を箸で摘まむと、摘まんだ先からほろほろと崩壊していった。

かなりの時間煮込まれているのが分かる。

なるほど~だからチャーシューじゃなくって煮豚なんだね~。

(煮豚はテイクアウトもできるようだ)

他の具材は柔らかメンマと結構多めのネギ(博多万能ネギになるかな?)

麺と具材を食べ終え、血圧のことを考えスープは少し残すつもりだったが、

何故かレンゲを持つ手が止まらない。

とうとうスープをすべて飲み切ってしまった(笑)。

久々にリピートしたいラーメンと出会ったなぁ~。

2麺目につづく・・・


住所:福岡市西区姪の浜3-4-32 近隣にコインパーキングあり 営:11時~ 休: 火・水


2020102421

2020102422

2020102423

2020102425

2020102426

2020102427

2020102429

2020102430

2020102431


1麺目を出た後、作戦会議(笑)。

2人であれこれお店の候補をあげてみる。

数店の候補の中から決まったのは中州川端商店街そばにあるお店。

東比恵から地下鉄に乗って中洲川端までやって来た。

川端商店街をぶらぶらと歩き冷泉通りに出ると、

本日2麺目のらーめん屋さんが現れた。

豚骨と醤油の2本立て、それとつけ麺もやってるみたい。

同行者から豚骨は佐賀ラーメンっぽいので是非味わって欲しいとのこと。

券売機でその豚骨ラーメン650円をぽちっと押す。

店内に入るとめちゃ賑わっている。

テーブル席に案内され、店員さんに食券を渡す。

暫し待って豚骨ラーメンが登場!

あれあれっ?

どこかで見たことのある様なビジュアル。

先ずはレンゲに掬ったスープをひと啜り。

スープはあの店のとは全然違うのね(笑)。

同行者の話ではあの店とは全く関係ないとのこと。

でもたしかに佐賀ラーメンちっくなスープであるのは頷ける(ウンウン)。

麺は慶史特注の中細玉子麺(店内情報より)、もちっとつるっとした食感。

スープとの絡みも抜群で言うことなしに美味しい。

具材はチャーシュー、海苔、ネギとシンプルな構成。

1麺目同様、偶然チャーシューはほんのりピンク色をしている。

こちらも低温調理なのか?

肉質はめちゃ柔らかでまじウマ!

このあとの吞兵衛ツアーを考えスープはあまり飲まずに退店した。

つづく・・・


住所:福岡市博多区上川端町9-151 駐車場なし 営:2020現在8時~ 休:不定休
 

 
2020102401

2020102403

2020102404

2020102405

2020102411

2020102406

2020102407

2020102408

2020102409

2020102410


行ったのは10月の下旬くらいだったかな?

今回はいつもの3人組じゃなく、博多駅出口で2人で待ち合わせ。

どこいこっかぁ?と尋ねるとどこでもいいよとのこと。

ならばと事前にググっておいたミシュランガイド掲載店を提案する。

駅から歩くこと10分ほど、1麺目のお店に11時ちょい過ぎごろ到着。

カウンターに空きはあったが、蜜を避けてテーブル席に案内された。

注文はあらかじめ決めていたが、一応メニューを広げてあれこれチェック。

その後、迷うことなく決めていた中華そばを注文。

ほどなく待って中華そばがやって来た。

チャーシューがほんのりとピンク色をしている。

そういやチャーシューは低温調理で作ってる旨の案内が

入り口のとこに貼ってあったなぁ~。

想像だけど今流行りの低温調理器をつかって調理したんだろうか?

先ずはレンゲに掬ったスープからひと啜り。

うっうっま~い!!

あっさりしながらも旨味成分がたっぷりと詰まった上品な味わい。

鶏ガラをベースに羅臼昆布、数種の乾物と魚介類を使った醤油スープだと

メニューに紹介文が書いてある。

その裏には無化調(うまみ調味料未使用)との記載もあった。

なるほど~拘りに拘って作ってるスープなんだなぁ~と思った。

麺はやや加水率多めかなぁ~って感じる中細ストレート。

スープとの絡みまぁまぁ、何よりも喉越しの良さが抜群!

具材のチャーシューは低温調理してるで、ややレア気味だが

時間が経つに連れ完全に火が通っていった。

赤いのが苦手な人は後から食べたほうがいいかも?

他の具はメンマ、海苔、ネギなど、このメンマめちゃウマ。

今回のスープは自分にはほんの少しだけ塩分強めに感じたので、

血圧のことを考え飲み干すのはやめておいた(汗)。。。

薄味とかで注文出来るとありがたい。

2麺目に続く・・・


住所:福岡市博多区 東比恵2-8-23 駐車場あり(3台) 営:11時~ 休:火 


20200092301

20200092302

20200092303

20200092304

20200092305

20200092306

20200092307

20200092308

20200092309

20200092310


この日はシルバーウイーク最後の日だったけかな?

開店時間に着くようにと、同行者さんを乗せ宮田の泰平楼に向かう。

到着したのは開店時間丁度頃だった。

対面の駐車場に車を入れたあと、ふと見ると既に暖簾は出ていた。

ガラっと引き戸を開けると先客はまだおらず、予定通りに1番乗り。

奥の方に着き、ラーメン並とおしんこ巻を注文。

ここではラーメンと一緒におしんこ巻きを食べる客が多い。

このお店を知ったのは福岡のラーメン店を網羅した「九州ら~めん紀行」。

某大学の学生さんが運営していたラーメンバイブル的なありがたサイトだった。

特に推薦とハンコを押したラーメン店にはかなり通った。

初めて泰平楼を食べた時は麺のかん水臭に衝撃を受けたのを覚えている。

それ以降、そのかん水臭の虜になってしまった(笑)。

しかしそのかん水臭はある時なくなってしまいちょっ残念に思ってる。

あれこれ昔のことを懐かし思いだしてたら、ラーメンが出来上がって来た。

レンゲに掬ったスープから啜ってみる。

うっ、うっまぁ~~~い!!

今まで食べた泰平楼のなかで、間違いなしにナンバーワンじゃないかと思った。

しかもめちゃめちゃ優しいスープになっている。

これを進化と言っていいものかどうかわからないが、むかし食べてた

塩分強めの鉱夫向けラーメンでは無くなってしまったのが

ちと残念な気持ちはではあるが、ラーメンとしては最高に美味しくなった。

具材はチャーシュー、海苔、ネギ、ゴマとシンプルな構成。

ちなみにゴマはデフォルト仕様。

最後はおしんこ巻きにかぶりつき、スープを飲み干すのが至高のひと時(笑)。


住所:宮若市宮田4807-1  駐車場あり 営:11時~ 休:月曜 


20200092201

20200092202

20200092203

20200092204

20200092205

20200092206

20200092207

20200092208

20200092209

同行者の選んだラーメン(500円)
20200092210


この日は先月のシルバーウイークの中日くらいだったかな?

同行者を車に乗せ、朝イチで福津のまるいに向かった。

11時ちょい前到着すると、既に暖簾が掛かっていた。

入り口奥のテーブル席に座る。

メニューから選んだのはひっさびさのワンタンメン。

ほどなく待ってワンタンメンの登場!

おぉ~おいしっそ~~~!!

先にスープをひとすすり。

うんまぁ~♪

ダシのうま味がじんわり口全体に拡がった。

なんだろねこの旨さは!

全く派手じゃないんだけど、ここのスープはとっても美味しい。

お次は麺を啜る。

中太ストレートやや軟の茹で加減、おかげでスープとよく絡む。

でわでわここらでレンゲに乗せたワンタンをちゅるりんこ(笑)。

ワンタンの皮のちゅる~んとした食感がたまらない。

ワンタンの餡も肉汁たっぷりでめちゃウマ。

ひさびさ食べたまるいのワンタンメンは超満足な一杯だった。


住所:福津市宮司2-1-10 駐車場あり(施設共有) 営:11時~ 休:水曜 


このページのトップヘ