くーぱーのblog

カテゴリ: ラーメン・チャンポン・焼そば


2022052001
2022052002
2022052003
2022052004
2022052005
2022052006
2022052007
2022052008
2022052009
2022052010
2022052011


2022年ラーメンツアー筑豊編

行ったのは5月GW明けのとある日。 

開店時間11時前を目指して出発。

開店10分前、店舗前駐車場へ1番乗りで到着。

場所は筑豊の宮若市宮田、宮若市役所入口信号から徒歩で1,2分くらいのとこ

暖簾が掛かる頃、4台ほどの駐車場スペースは満車になった。

もち1番に暖簾を潜った。

注文したのはラーメン並(600円)と新香巻1本(70円)。

ラーメン屋さんでセットもの以外で、ご飯系はあんま注文しないのだが、

こちらの新香巻は特別って言うか必ず注文している。

先にその新香巻から登場。

ラーメンが出来上がるまでまだ箸は付けない。

その数分後ラーメンが出来上がった。

スープからいく。

うんまっ!

只、前回食べたのと比べると若干出汁が弱めかなぁ?

とは思ったがめっちゃ美味しいスープ、ぐびぐびスープばかり啜ってしまう(笑)。

お次は麺を啜る。

うん。

固すぎず軟らかすぎの丁度良い茹で加減、するすると喉を滑っていく。

具材はチャーシュー、海苔、葱、胡麻とシンプルな構成。

チャーシューは肉質も軟らかでジューシーで美味しい。

麺を啜り終わった辺りで新香巻をがぶり。

うんめぇ~♪

思わず頬が緩んでいくのが自分でもわかるほど。

ひとかじりしたあと直ぐにスープをズズッとすすり、

また新香巻をひとかじりしながら交互に食べて行くのが最高に幸せな食べ方(笑)。

以前のスープはかなり塩分強めだったんで新香巻が一層美味しかったものだ。

あまりの美味しさにスープを飲み干してしまった。

超満足で店を跡にした。

次回は筑豊編その2。




2022051921
2022051922
2022051923
2022051924
2022051925
2022051926
2022051927
2022051928
2022051929
2022051930
2022051931
2022051932


2022年ラーメンツアー門司編その2

2麺目は醤油豚骨のこちらに訪麺。

場所は北九州市門司区東本町。

12時ちょい過ぎ到着。

駐車場の空きは2,3台くらいだったかな?

入り口の順番待ち用紙に記入後、直ぐテーブル席に案内される。

お昼時だったけど6、7割ほどの客入り。

注文したのは基本系のラーメン(700円)

思い起こせば初入店したのは20年以上前のこと。

それから時々通うようになったある日、地元タウン誌に後継者募集が掲載された。

手を挙げたのは市内人気ラーメン店のT龍軒。

バトンタッチ後に食べたんだけども、残念な思いをしたのを覚えてる(苦笑)。

その後ネットで味が戻って来たことを知り2008年4月再訪。

この時のレポは過去記事にUPしている。

あれから10数年の時が経過。

先代の味に近づいてるかなぁ~と期待しながら出来上がりを待つ。

ほどなくしてラーメンが登場!

先ずはスープをひと啜り。

すっきりしてるけど、すき焼きみたいな甘~いスープ。

カップ麺しか食べたことないけど徳島ラーメンのような感じだろうか?

只、先代の味にはまだ遠い気がする(汗)。

しかし前回に比べると、やや美味しくなってる様にも思う。

先代との違いは、素ダレの味が主張気味で旨味がやや足りない気がする。

次は麺を啜る。

ぐにゅっぐにゅっとした力強い食感ながらも、つるつるっとした喉越し。

具材はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギなど。

チャーシューは先代の頃と変わらず柔らかくて美味しい。

少し違うのは先代のチャーシューは断面がピンク色してたのを覚えている。

先代の味が食べれるようになるはいつのことだろう(笑)。

2麺食べたら流石にお腹パンパン、どこかで休憩することにする。


2022051901
2022051902
2022051903
2022051904
2022051905
2022051906
2022051907
2022051908
2022051909
2022051910


2022年ラーメンツアー門司編 その1

行ったのは5月GW明けのとある日。

場所は北九州市門司区黄金町。

10時50分頃到着するも既に駐車場に1台待機中(ハヤッ!)。

P2台分しかないからなんとか間に合ったよ。

11時過ぎ店舗入り口に置かれた椅子に座り開店を待つ。

11時30分丁度暖簾が掛かった。

昨今の物価高騰のためラーメン系は概ね100円ほどUPした様子。

注文したのはチャーシューメン。

待つ事数分、チャーシューメンの着丼!

おぉ~いつにも増してスープなみなみ。

レンゲからそっと掬ったスープをズズズッ。

うっ、うんまぁ~♪

めちゃうまスープだよ。

只、若干粘度低めかも?

過去数回だけど、とろ~りと粘度高めのスープに当たったことがあるんで、

今回のは中当たりな感じ。

次は麺を啜る。

くにゅくにゅした食感、喉越しもすばらしく茹で加減もバッチリ。

圭順のチャーシューは大好きなんで、毎回チャーシュー麺にしてるけど、

ジューシーでやわらかくて、ほんとめっちゃ美味しい肉質だと思う。

いつぞやTVで圭順が紹介されたときチャーシューの仕込みをみたんだけど、

ここのは豚骨スープで低温調理してるみたいなんだよね~。

だから美味しい訳なんだね~♪

血圧気になったけど余りの美味しさにスープ全飲みしてしまった(笑)。

北九州市内でも最高に好みのラーメンだな。

門司編その2へ続く・・・


2022042321
2022042322
2022042323
2022042324
2022042325
2022042326
2022042327
2022042328
2022042329
2022042330


2022年初ラーツー2麺目は非豚骨系のこちら。

場所は福岡市東区三苫、西鉄貝塚線三苫駅から徒歩で4、5分くらい。

JR香椎線和白駅からだと徒歩で30分弱くらいかな?

到着したのは12時ちょい過ぎあたり、駐車場は辛うじて1台空いていた。

流石に店舗前には客が並んでた。

列に並ぶ前、受付シートに名前を書き込む。

待ってる間スマホで佐渡友のメニューをチェックしてみた。

基本は醤油らー麺だというのがわかった。

お初のお店ではなるべく基本味を食べることを心掛けている(笑)。

サイドメニューのご飯ものと一緒に注文するのが人気みたい。

流石に2麺目なので今回はパス(笑)。

その後名前を呼ばれたのが13分ほど経ったころ。

入店すると超~満席、非豚骨系ラーメン店なのか家族客が多い。

店内はおしゃれな和食店って印象、めっちゃ女性受けするような内装だ。

4人かけのテーブルに案内され、メニューを手に取る。

事前にスマホでメニューチェックしてたんで迷うことなく醤油らー麺を注文。

麺の硬さを聞かれたんでやわ麺でお願いした。

待つ事10分弱、注文の醤油らー麺が登場。

おいしそう~♪

ぱっと見の具材はチャーシュー、白葱、貝割大根など。

先ずはレンゲに掬ってスープをズズッ。

うんまっ!

すっきり爽やかテイスト、旨味成分も十分。

デフォで振りかけられた粗びき胡椒がスープの輪郭を整えキリッとさせている。

お次は麺を啜る。

自家製ストレートの中太でやや平打ちって感じ、

つるつるしながらもふわっとした食感で喉越しも抜群。

スープとの絡みも素晴らしく、よく研究された麺だ。

やわ麺で注文してたんでかなりのやわやわ麺仕上げだった(笑)。

味付けされたチャーシューはスープとのバランスもよくすんごく美味しい。

いやぁ~ファミリー客が多いのも納得のラーメンだな。

只、余りにも上品過ぎるが故に個人的にはB級要素的なものもあるといっかも?


2022042301
2022042302
2022042303
2022042304
2022042305
2022042306
2022042307
2022042308
2022042309
2022042310
2022042311
2022042312


2022年初ラーツー。

てか今年初めての外食ラーメン(笑)。

行ったのは4月ゴールデンウイーク直前だったかな?

待ち合わせのJR駅前でピックアップしてもらい向かったのがこちらのお店。

何やら家系ラーメンの流れとのこと。

家系に関してはほとんど知識がないため事前情報なし(汗)。。。

まっそのほうが新鮮かなっ?

場所は福岡市東区のJR九産大前駅ちかくらしい。

到着したのは11時20分くらい。

店舗前の1台分駐車スペースは既に車が駐車していた。

お店の方が現れたので付近の時間貸しパーキングを教えてもらい車を駐車。

入店すると入り口右手に食券機が現れた。

車中で白流ラーメンが基本味だと聞いてたので迷うことなく白流(込700円)をぽち♪

奥のカウンター席に案内され食券をスタッフに渡す。

麺の茹で加減など聞かれたんで麺やわめ、味ふつう、油すくなめでお願いした。

待つ事数分白流の着丼!

なるほどぉ~家系だね(笑)。

家系最大の特徴であるほうれん草のトッピング。

家系を知らない人でも知ってるくらいだと思う。

先ずはスープからレンゲで啜ってみる。

ほほぉ~元ダレ先行型にしてはちゃんと旨味成分が出てて美味しい。

具材はチャーシュー、海苔、茹でほうれん草。
  
麺を啜る。

あぁ~やわらかぁ~い(笑)。

ややずんだれ加減かな?

福岡市内のお店って麺の茹で加減をふつうで注文してもカタ仕上げが多いから

やわで注文したけどこちらは本当にやわだったんでちょっと失敗だったかな(汗)。

まっおかげでスープとの絡みは抜群だったけどね。

ごちそうさまでした。

※ひっさびさに麺リフト撮り忘れた(ぺこり)

このページのトップヘ