くーぱーのblog

カテゴリ: 定食・ランチ(洋)


2021072001

2021072002

2021072003

2021072004

2021072005

2021072006

2021072007

2021072008

2021072009

2021072010

2021072011

2021072012

2021072013

2021072014

2021072015

2021072016


とある朝、録画してた深夜ドラマを見てたら主人公が生姜焼を食べていた。

う~ん、めっちゃ美味しそう♪

猛烈に食べたくなった(笑)。

そういや生姜焼っていつ食べたっけ?

全くに思いだせないくらい遥か昔のことの様に思った。

どこで食べれるか、先ずはファミレスでググってみた。

するとジョイフルの日替りランチに生姜焼があるのをハッケン!

生姜焼が食べれるのは火曜限定、この日は偶然にもなんと火曜日だった。

更によく見ると2021年7月6日より日替りランチが500円に価格改定されたようだ。

以前は日替り(単品)が504円(税込)だったので、僅かだが4円ほどのプライスダウン。

ドリンクバー付だと614円で、ドリンクバー+スープバー付だと724円。

しかしドリンクバー付と、スープバー付は前と同じ価格で変更はなかった(苦笑)。

折角ならドリンクバー付が600円、スープバー付が700円になればいいのにね。

ワイヤレスコールを押し注文したのはドリンクバー付の日替わりランチ(614円)

パンかライスかを聞かれたのでライスをお願いした(小盛、大盛り対応可の様だ)

注文後ドリンクバーに行きスープ代わりに梅昆布茶をカップに注ぎ、

お冷代わりに爽健美茶をグラスに注いでテーブルに戻る。

梅昆布茶を啜りはじめた頃、注文した日替わりが運ばれてきた。

ブログで以前のランチメニューを見返すと生姜焼には魚フライが付いていた。

ワンコインに変わり魚フライが、鶏から揚げ2個に変更になった様だ。

いつもの様に繊キャベからパクパク。

ドレッシングは今回もサウザンアイランドドレだった。

生姜焼は豚薄切り肉で甘めの味付けだが甘ったらしさは控えめで結構美味しい。

一緒に炒めた玉ねぎの食感がシャキシャキしてて好印象だ。

唐揚げの部位は多分?鶏モモで、鶏皮はパリパリッとした歯触り、

肉質はわりとジューシーなものでなかなかの美味しい。

個人的希望を言うと唐揚げ要らないから、

生姜焼を1.5倍~2倍に増やして欲しい(笑)。

食後のドリンクはウーロン茶と抹茶ラテをチョイスした。

久々の抹茶ラテ、めっちゃ甘くて飲み干すのがかなり辛かった(汗)。。。

そのあと口直しにコーヒーを飲んで見たがあんま好みのコーヒーじゃなくって、

再び梅昆布茶を飲んでランチを終了した(笑)。


店舗検索はこちら 



2021070701

2021070702

2021070703

2021070704

2021070705

2021070706

2021070707

2021070708

2021070709

2021070710

2021070711

2021070712

2021070714

2021070713

2021070716

2021070715


とある水曜日、ふと思いついてガストにランチに行ってみることにした。

それは日替わりランチのハンバーグがトマトソースの日だったからだ。

デミソースのハンバーグは何度か食べた記憶があるがトマトソースはなかった筈。

どんなものか試してみようと思っていた。

HP情報に依ればランチタイムは10時30分~。

少し遅れて10時40分過ぎに到着。

入店すると先客はまだ1組。

スタッフから「お好きな席にどうぞ」と言われ窓側のテーブルに着く。

タブレット端末から選んだのは目的の日替わりランチ。

画面をタップして行くと、追加トッピングがあるのに気付いた。

あれっ?

以前からこんなシステムってあったっけか??

画面をスワイプしていくと、から好しから揚げに目が留まる。

ガストのから好しから揚げ、前々から気にはなってたんだよね~。

単品メニューにあるのは知ってたんだけど、たしか3個~だった筈。

外した時が怖いから注文することはなかったけど、1個から注文できるのならば

ちょっと試してみるか!

と、追加で1個注文してみた。

その後ドリバからお冷と麦茶を汲み、スープコーナーでスープをカップに注ぐ。

韓国風たまごスープってどこが韓国風なんだろ??

中華風に比べてとろみ加減が少ないからなのか?

韓国風にありがちなピリ辛でもないし、一体どこが韓国風?

などなど思っていたら注文していたトマトソースハンバーグがやって来た。

追加していたから好しから揚げは魚フライの隣に添えられてある。

もし希望を言うなら別皿提供の方がそれらしいかも?

ってことでいつものパターンで食べ進んでいく。

トマトソースはホールトマトの缶詰まんまの味がする(笑)。

もすこしオリーブオイルでコクを増して、ペペロン使うと好みになるんだけども。

ハンバーグ自体は特にこれって特徴はなく、極々ファミレス仕様って印象。

日替わりにもチーズインハンバーグが登場しないかな?

白身魚フライも特には味の特徴はなく、ふっつうの魚フライかな。

では最後に追加トッピングのから好し唐揚げ頂いてみますか?

ナイフで切り分けてぱくり!

じゅんわぁ~♪

鶏肉の肉汁が口の中に拡がった。

この唐揚げめちゃめちゃうんまぁ~♪

中津唐揚げも結構好きだけど、ガストのから好しから揚げマジウマ!!

お持ち帰りできるみたいなんで機会あればテイクアウトしてみよっと(笑)。


店舗検索はこちら 

※おしらせです。

愛車のミニが故障しました(汗)。。。

エンジンは始動するのですがクラッチが切れません。

外食出来ないためしばらくブログをお休みします。






2021070101

2021070102

2021070103

2021070104

2021070105

2021070106

2021070107

2021070108

2021070109

2021070110

2021070111

2021070112

2021070113

2021070114


先日、ブロ友さんからコメントでランチ情報を頂いた(ペコリ)。

ロイホの木金限定のあつあつオーブン焼きランチがめちゃウマとのこと。

ロイホのHPをググってみると・・・

(木・金)ロースハムと玉子のサラダ+

イタリアンチキン~トマト&チーズオーブン焼きwithペンネ(パン・スープ付)

と書かれた、ち~と長い名前のランチメニューだった(笑)。

パンは無料でライスに変更、+300円(税抜)でオニオングラタンスープに変更、

+210円(税抜)でドリンクバーが付けれるようだった。

ランチタイムは10時半~のようなので10時半を目指して出発。

約3分遅れて到着。

入店すると窓側の明るい席に案内される。

メニューを受け取り拡げて、目的のメニューを探す。

しかしどこにもなかった。

よ~く見てみると渡されたのはモーニングメニューだった(大汗)。。。

そういや前回(2021年1月)来店した時にはスタッフが、

入店時にモーニングorランチかをちゃんと確認してくれてたなぁ。

ちなみにモーニングは午前11時(10時59分までかも?)まで注文できるみたい。

しょうがないのでスタッフにランチメニューと交換してもらう。

再びメニューを拡げ目的のメニューを探すと右端の真ん中あたりにハッケン!

ワイヤレスコールを押しあつあつオーブン焼きランチを注文、

パンはライスに変更してもらった。

ドリンクバーをお付けしますかと尋ねられたので丁寧にお断りする。

注文後直ぐに運ばれて来たのはコンソメスープ、具はキャベツだけのよう。

前回(2021年1月)のスープも同じだったんでスープはいつも同じなんだろね。

スープの後やって来たのはちょっとリッチなサラダ。

メニューにはロースハムと玉子のサラダと書いてある。

見た目のロースハムの存在感は十二分。

だが茹玉子1/4個とは玉子サラダと名乗ってる割にはチープ過ぎる・・・

せめて1/2個は欲しいが、敢て1/4個なのは商品開発者の拘りなんだろうな。

サラダドレッシングは玉葱ベースのような感じかな?

その後しばし待って、メインのオーブン焼きとライスがやって来た。

オーブン焼きは、思ってたより小ぶりサイズ。

ようやく全てが揃ったのでテーブルに並べてパシャリ♪

先ずはコンソメスープからひとすすりしてみる。

うん前回同様のお味だな。

いつものごとくサラダから食べ始める。

ロースハムを葉物野菜で巻いてぱくり。

めちゃめちゃうんまぁ~ぃ♪

お歳暮とかで頂く高級ハムとおんなじやん(笑)。

流石ロイホだね~♪

他のファミレスとはやっぱレベルが違うよなぁ~。

サラダを食べ切った後はメインのオーブン焼きにフォークを移す。

ペンネ(リガーテ)にトマトソースとチーズを絡ませてぱくっ!

超~あっつあつ、濃厚トマトソースがめちゃめちゃ美味しい!

なんつってもフレッシュパセリを散らしてるのがいいよねぇ~♪

普通、乾燥パセリ使うお店ほとんどだからね。

では本日の主役、イタリアンチキン頂いてみますか。

フォークに刺し持ち上げてみると、、、

えっ~!

まじっすか!?

鶏肉の表面には格子状の焼き目が付いている。

チーズやソースで見えないのに特に格子の焼き目は必要はないと思うが、、、

やっぱこの辺はロイホの拘りなんだろうな。

いやぁ~見えないとこにも努力を惜しまない姿勢、ほんとプロの仕事だね~。

例えセントラルキッチンで事前調理されていたとしてもホント感心する。

でこのイタリアンチキン、火の通りが抜群でとってもジューシーでいうことなし。

ブロ友さんがおススメするのは確かに間違いなかった(ウンウン)。

ただ惜しむはロースハムと玉子のサラダの”玉子”って表記。

どうしても玉子って名前を入れたいのなら、

トマトも加えて”ロースハムと玉子とトマトのサラダ”

って名前にすれば納得するんだけどね(笑)。

追記:ロイホのHP情報では7月から月・火・水に変更になった模様です。


店舗検索はこちら 



2021062501

2021062502

2021062503

2021062504

2021062505

2021062506

2021062507

2021062508

2021062511

2021062510

2021062509

2021062512

2021062513

2021062514

2021062515

2021062516

2021062517

2021062518


この日は三月(みつき)に一度の歯のメンテナンスの日だった。

メンテを終え向かった先は10年振りくらいのビッグボーイ。

記憶では3度目の訪問になると思う(多分?)。

実は前回のメンテ日、Cコスかビックボーイか迷った末Cコスに行ったのだった。

一枝のGストには結構行ったが、ビッグボーイには何故か足が向かなかった(汗)。。。

開店時間は11時~。

出発前ランチメニューを下調べして来たんで迷うことはない。

入店したのは5分過ぎ頃。

スタッフから窓側の店舗隅に案内される。

メニューを手に取り下調べして来たメニューの存在を確認。

その後、ワイヤレスコールをぴんぽ~ん♪

注文したのはランチ限定(月~金)のお得なコンビセットの中から、

手ごねハンバーグ&フライドチキン(税込638円)と、

ランチセット3種類から、スープ&カレーセット(税込110円)をお願いした。

ちなみにスープとカレーはおかわり自由のようだ。

注文後直ぐにセルフコーナーで2種のスープ(コンソメ、コーンクリーム)を注ぎ、

カレーを小皿(八角タイプ)に盛って席に戻る。

お冷を汲んで来るのを忘れたんで再びセルフコーナーに向かった。

おやっ?

クルトンハッケン!

あれっ!

辛味スパイスハッケン!

子供用の取り皿に両方入れ、お冷を片手に席に戻る。

写真をパチパチ撮ってたら注文品が運ばれて来た。

う~ん、あんまお得感は感じないなぁ(汗)。。。

正直、お値段以下でも以上でもないって印象。

最初はコンソメスープをひと啜りする。

具材はベーコンとタマネギ、お味のほうはやや濃いめ。

次にコーンクリームスープを啜ってみる。

粘度まぁまぁ、お味はやや甘口タイプ。

ではメインを頂いてみましょう!

先に付け合わせのブロッコリーとポテトをぱくぱく食べ切ってしまう。

ハンバーグをカットしするも肉汁はほぼなし。

オニオンソースに浸けてぱくっ♪

過去2回食べてた記憶が僅かに蘇る。

あぁこんなハンバーグだったなぁ~。

フライドチキンをカットしてたら、アイディアが浮かんだ!

そうだ!

フライドチキンカレーにして食べてみよう!

C壱に同じメニューがあったのを思い出したのだ(笑)。

で、小さくカットしたチキンをカレーにトッピングしてみた。

おぉ~美味しそうじゃないですか!

スプーンで掬ってぱくり♪

あぁカレールーってこんな感じなんだね~。

出発前の事前調査で、グルメレビューアーの方々の意見の一部に、

「カレーは大量におかわりされない様に味の工夫をしている。」

と書いてあったなぁ~(苦笑)。

そういや今年2月、ステーキGストで食べたカレーもこんな感じだったなぁ~。

企業努力って大変だよなぁ~ってことを改めて知った(笑)。

一皿目のカレーはノーマルに白ご飯を選んでみたが、

二皿目はガーリックライスをチョイス、ちょっと苦手だった(汗)。

3度目のビッグボーイ、足が向かなかった理由を再認識させられた(大汗)。。。

あくまでも個人的な感想ですので何卒ご了承下さい(ぺこり)。


店舗検索はこちら 


2021031901

2021031902

2021031903

2021031904

2021031905

2021031906

2021031907

2021031908

2021031909

2021031910

2021031911

2021031912


大手外食チェーン店シリーズ。

しかし重文ネタは全く人気なかったなぁ~(苦笑)。

この日は歯医者さんの日だったんで、歯のメンテを終えたあとあれこれ考え、

小倉北区のココスまで足を延ばしてみることにした。

ココスに訪問するのはなんと2度目。

前回は北九州にココスが初オープンした時だったから何年ぶりだろ?

行こうと思えば何度も行けたと思うんだけど、何故かリピしてなかったんだよね。

その理由に近くのフラワーには毎月のように行ってたからなぁ~(笑)。

オープン時間を狙ってたけど歯医者さんを出るのが少し遅れたんで、

11時ちょい過ぎの到着。

スタッフに案内されたのは店舗隅のテーブル。

メニューを見ながらお得そうなプレートランチの中からチョイスしたのは、

トマトソースが掛かったハンバーグとコロッケのランチ。

ちなみにお代わり自由のスープバー付きのようだ。

ってことでスープバーに向かうと、2種のスープが用意されている。

そこには中華スープとトマトスープと書いたプレートがあった。

面倒なんで2つのカップに両方のスープを注いで席に戻る。

先に中華スープから、とろみのある一般的な玉子スープだな。

トマトスープは少し酸味のある具材のないミネストローネぽい感じかな。

スープを少し飲んでた頃、ランチが運ばれて来た。

メニュー写真とほぼ変わらない盛り付けだね~。

こういうのすっごく大事だと思う。

先ずはサラダからぱくぱく。

ドレッシングはなんだろ?タマネギドレ的な感じがする。

サラダを食べ終えたあとはハンバーグから頂いてみる。

ハンバーグはあれだね、懐かしいマルシンちっくな食感がする(笑)。

多分つなぎがが多いんだろね。

全然悪くはないけど、自分好みの肉汁滴るタイプのハンバーグとは違った。

コロッケにはタルタルが掛けられている。

ひと口大にカットしてぱくり。

これはこないだ食べたJフルのに似てる気がする。

デフォで注文したライスはまっふつうのご飯って印象。

正直なところ典型的なファミレスのランチってところかな。

リピしなかった理由がなんとなくわかった気がした。


ココスの店舗検索はこちらをクリック 

このページのトップヘ