くーぱーのblog

カテゴリ: カレー・ハヤシ


2021101501

2021101502

2021101503

2021101504

2021101505

2021101506

2021101507

2021101508

2021101509

2021101510

2021101511

2021101512

2021101513

2021101514

2021101516

2021101517

2021101515

2021101519

2021101518

2021101520


先日大手カレーチェーン店でチキンカツカレーを食べてみたところ、

やや満足できず気持ちが少し燻っていた。

その後チキンカツをググってたらヒライにチキンカツがあるのをハッケン!

しかもワンコインで食べれることを知り俄然興味が湧いた。

自宅から一番近い店舗の営業時間を調べてみると朝6時~やってるようだ。

そんじゃ~行ってみることにした。

3号沿いにあるので通勤ラッシュが落ち着いた時間を狙って朝9時半くらい到着。

タッチパネル式の食券売機で目的のチキンカツカリーと味噌汁を購入。

食券は厨房に自動的にオーダーが流れる最新式システムが導入されている。

店内モニターに食券番号が表示された後、受渡しカウンターで商品を受け取った。

サービスコーナーでスプーン、お冷、辛味オイルなどを取ってテーブルに着く。

運びながら思った。

ヒライのチキンカツは、まぁお値段相応のサイズってところだろうか。

如何にもお弁当用って感じの小ぶりなサイズ。

席に着き、先ずはお冷で口を潤し、いきなりチキンカツからパクッ!

おぅ~♪

こっこれは!

成型肉じゃないみたいだぞ。

まさに鶏のムネ肉だと確信する。

ワンコインながら十分に美味しい。

鶏ムネに多いパサパサ感はあんまなくって、そこそこジューシーな肉質。

デフォのビストロカリーが430円なのに、たった+70円でこんな上等な

チキンカツが食べれるなんて、天晴なコストパフォーマンスだ。

そんでカレーのお味の方はと言うと、正直言うなら極々ふつうかなって印象。

分かり易く例えると、学食とか社食とかのカレーって感じ(汗)。。。

まぁいち個人の感想なんで、これは単に好みの違いだろうと思う。

それはお弁当売り場に数多くの冷蔵チルドパックが販売されている事から、

ヒライのカレーファンにはかなりの人気商品なんじゃないだろうか。

折角訪れたんでヒライの本社がある熊本らしい阿蘇高菜ご飯弁当を購入してみた。

お値段は税込み400円とわりとリーズナブル。

一緒にポテサラも買ったけどピントが合ってなくってボケボケで割愛(汗)。。。

ちなみにCoGCa会員になると430円の朝カリーが390円で食べれるようだ。

機会があれば試してみたい。


ヒライのウェブサイトはこちら 


2021101101

2021101102

2021101103

2021101104

2021101105

2021101106

2021101107

2021101108

2021101109


先日カレーを食べに行く前にネットでカレーを調べていたら、

世界のベスト50食品なる興味深いサイトを見つけた。

そのサイトで第一位だったメニューはタイのマッサマンカレーだった。

ここ最近テレビやメディアなどで知ってどんなカレーか興味があった。

そのマッサマンカレーが牛丼(牛めし)チェーン店の松屋で食べられることを知った。

それは是非とも食してみたい!!

ということで松屋穴生店に向かった。

密を避けるべくなるだけ客が少ない時間帯を狙う。

到着したのは10時ちょい過ぎ。

店内にはワーキングウエアの男性が2名。

こんな中途半端な時間に遅い朝食?それとも早めのランチなの?

出来るだけ距離を取ろうと店舗奥隅のテーブル席に着く。

スタッフに食券を渡し出来上がりを待つ。

待つ事5分弱、注文品が運ばれて来た。

ほぉ~これが世界一美味しい料理に選ばれたマッサマンマレーなのか!?

わくわくしながら最初はカレーソースを味見してみる。

ココナッツミルクが全面に出てくる。

これはインパクトあるカレーだ。

辛さはほとんどなくって、ほんの~りと甘く、そこそこスパイシーな印象。

ライスに掛けて食べるんだろうが、面倒なんでスープカレースタイルでいく。

スプーンでライスを掬ってカレーソースに浸してぱくっ♪

なるほど~。

グリーンカレーとは異なる印象、どちらかというとイエローカレーに近い感じ?

タイカレーというと粘度は全然なくってサラサラしてるのが多いと思うけど、

こちらのマッサマンカレーはちょっと粘度を加えてアレンジしてる気がする。

恐らく日本人好みにしてるんだろうな?

本場マッサマンのチキンはほろほろになるまで軟らかく煮込んでるらしいが、

このチキンはまぁまぁ煮込まれてはいるが、ほろほろ感はあんまない感じかな?

しかしチキンの量が半端なく多いと思う。

チキンの量を数えると10切くらい入っていた。

チキンの部位は多分腿肉なんじゃないかと思う?

他の具材は串切りのじゃが芋が3切れほどで、

フライドポテト食べてるような感じがした。

世界一美味しい料理に選ばれたカレーの王様マッサマンカレー。

個人的な感想だけど、マイナンバーワンとまではいかなかったかな(大汗)。。。

※期間限定商品みたいなので興味ある方はお早めにどうぞ。


松屋の公式サイトはこちら



2021100801

2021100802

2021100803

2021100804

2021100805

2021100806

2021100807

2021100808

2021100809

2021100810

2021100811

2021100812

2021100813

2021100814


こないだTV観てたら偶々世界大手ハンバーガーチェーン店(mac)と、

大手カレーチェーン店(ココイチ)の世界各国の人気メニューを紹介する番組だった。

特に人気が高いなって思ったのはビックM。

いつか機会があれば日本のビッグMを試してみたい(過去何度か食べた記憶がある)

でその番組でかなり人気だったのがココイチのチキンカツカレー。

う~ん、食べたことあるような?ないような?

もしあったとしても全然記憶にはない(汗々)。。。

かなりに気になったんで数ヶ月ぶり(前回は2021年2月)にココイチへ行ってみる。

自宅近郊のお店は八幡千代ケ崎店or八幡三ヶ森店。

三ヶ森店はバイトテロ事件が今年夏起きたんで遠慮しておく(苦笑)。

ってことで千代ケ崎店の営業時間をチェック。

開店は11時~だった。

もうちょい早くオープンする店舗を検索してみたが、、、

24hの戸畑バイパス店以外は見つからなかった。

ちょっと渋滞してたんで開店前には着かず到着したのは11時ちょい過ぎ、、、

入店すると先客はまだ1名、密を避けるべく店舗奥隅のテーブルに陣取った。

お店に入って10分過ぎた辺りから続々と客が入店し始める。

やっぱ人気店だとランチタイムは思ってた以上にリスクがある。

スタッフがお冷をもって来たタイミングで、予定のチキンカツカレーを注文。

ソースは基本のポークソース、ライスの量は300g、辛さは普通でお願いした。

待つ事5分ほど、注文したチキンカツカレーがやってきた。

TV番組では数品トッピングする客が多かったが今回はトッピングは見送った。

先にチキンカツをひと切れ箸で摘まんでどんなものか味わってみる。

ほぉ~。

なんかチキンナゲット食べてる感じがする。

老若男女誰でも好みそうなふわっとした食感。

これって、もしかして整形肉?

単なる想像なんで実際に整形肉なのかどうかは全く不明(汗々)。。。

海外のチキンカツも日本と同じような感じのチキンを使ってるのかなぁ?

チキンカツ大好なんでリピするのはちょっと難しい(苦笑)。

チキンカツを味わった次は辛味スパイスをカレーソースに適宣振りかける。

ちなみに辛さ増量もこの辛味スパイスを使ってると聞いている。

なんでもカレーソースと一緒に煮込む事で辛さがより一層増すんだとか。

数年前観たTV番組でココイチの厨房スタッフさんが詳しく説明していた。

振りかけた辛味スパイスは軽くカレーソースにかき混ぜてライスと一緒にぱくっ♪

う~んココイチうんみゃ~♪

ライス300gにしたけど食べ終えたらそこそこの満腹感(笑)。

チキンカツ食べたんでライスは200gにしときゃよかったな。

世界のココイチで人気のチキンカツ、思ってたほどじゃなかった(汗)。。。

あくまで個人の感想です(笑)。


 CoCo壱番屋の公式サイトはこちら





2021012901

2021012902

2021012909

2021012910

2021012903

2021012904

2021012921

2021012905

2021012906

2021012907

2021012911

2021012908


1月のある日、八幡西区の大型家具店まで買い物に出かけた。

購入目的は油跳ね防止ネット。

5,6年前からお店で見かけてはこれ便利だろうなとは思ってはいたが、

今まで然程必要性を感じてなかった。

最近チキン南蛮に嵌って毎回作る度に油跳ねでコンロ周りが

悲惨な状態になるんで、その油跳ね防止ネットが非常に欲しくなっていた。

で、その家具店に向かう途中ランチして行くことにする。

あれこれ考えて浮かんだのが全国チェーンのココイチ。

というのも最近のブログネタにしてるのが大手外食チェーンばかりだから(笑)。

営業はたしか11時~なので3密を避け早い時間に入店する。

なに食べよっかな?

メニューをパラパラめくってみたが非常に分かりずらい・・・(苦笑)。

S家とかGストみたいなタッチパネルオーダーにしてくれたらいいのになぁ~。

呼び出しチャイムを押して注文したのはやさいカレー(辛さ&量ふつう)。

待ってる間スマホでココイチの過去記事をチェックしてみた。

前回来たのが2016年5月、やさいカレーを食べたのは2011年12月だった。

あれほどやさいカレーばかり食べてきたのに約10年ぶりだっとは・・・(汗)。。。

ほどなく待ちカレーが登場!

ひさしぶりだね~。

先ずはテーブルに用意されたとび辛スパイスを適量ふりかける。

とび辛と言ってもハバネロのようにあんまし辛くはない。

カレールーによく混ぜこんでパクッ!

うんまぁ~♪

やっぱココイチめちゃ美味しい。

人参やじゃが芋のカットサイズが絶妙だよね~。

大きすぎず小さすぎずでベストな大きさだと思う。

追加トッピングすると直ぐに1000円オーバーするのがちょっと難なんだよな。

ちなみデフォルトのライスの量は300gだけど、

100gずつプラマイ出来るようになってる。

若い時分は毎回500gくらいは食べてたなぁ~。

半分ほど食べ進むあたりでライスをカレールー側に寄せ、

その空いたスペースに福神漬けを適量入れる。

直接ライスに乗せるとライスに福神漬けの汁が染みるのが嫌だから。

そのあとはカレールーを混ぜ込まずに白ごはんと一緒に食べるのが好き(笑)。

ひっさびさのココイチは超大満足だった。


ココイチの店舗検索はこちら 


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


競馬オフ続いては、カレーを食べに1階へ降りてきた。

今回最大の目標は、このボントンのカレーを食べるためだった。

巷の話ではこのボントンあの松本清張がこよなく通った小倉駅前にあったボントンの流れを汲んでいるらしい?

当時は洋食屋さんだったそうで、鳥町食堂街の耕治の創業者とはご兄弟の様だ。

詳しくはぜひ参考資料① 参考資料②をごらんください。

お客さんのほとんどは、縁起を担いでカツカレー(700円)を食べられていたが、

自分はあとあとのことも考えて、ビーフカレー(550円)を注文。

事前にネットでの評判をリサーチしていたが、なんのなんのとっても美味しいカレーだった。

夢にまで見てたボントンのカレーが食べられて幸せ気分になった(笑)。


場所は小倉南区北方4-5-1 有料駐車場あり 詳細はこちら

このページのトップヘ