くーぱーのblog

カテゴリ: 朝食・モーニング


2022012701
2022012702
2022012703
2022012704
2022012705
2022012706
2022012707
2022012708
2022012709
2022012710
2022012711
2022012712
2022012713
2022012714


1月後半オミクロンが猛威を振う中、朝牛食べに出発(汗々)。。。

客が少な目な時間を狙ったのは言うまでもない。

モーニングタイムが終わっただろう頃を見計らい9時半くらい到着。

店内に入りお客さんの数を確認する。

らっき~♪

誰もいないやん。

カウンターに進み朝牛セット(税込481円)の並盛(税込+22円)を注文。

みそ汁はとん汁に変更(税込+132円)、選べる小鉢は半熟玉子をチョイス。

そのままカウンターで待つ事1分弱・・・

あっという間に朝牛セットが完成、そのままテーブルまで運ぶ。

途中サービスコーナーに寄って紅生姜を小皿に盛りお茶を注ぐ。

先ずはとん汁からひと啜り。

うん?ちと濃いめか?

汲んで来たお茶をとん汁へ少量注ぎ入れ再び味の確認。

うんうん丁度いい塩梅。

それでは、牛丼の化粧直しといこうか。

全般に唐辛子を振りかける。

どんぶりの真ん中に窪みを作って温玉をどどんとトッピング。

その横手にサービスコーナーから取って来た紅生姜を添える。

あとは温玉の黄身を崩したあと混然とまぜまぜ♪

これでいつも食べてるMYスタイルの完成。

どんぶりを抱え込みハフハフ♪

うっ!うんめぇ~!!

これこれ。

これこそ牛丼ってやつだよ。

こないだのギガ甘牛丼ってなんだったんだ?

やっぱ牛丼は吉野家が一番好きな味だね(笑)。


 


2022012101
2022012102
2022012103
2022012104
2022012105
2022012106
2022012107
2022012108
2022012109

2022012111
2022012110
2022012112
2022012113
2022012114


2022年、初外食は資さんうどん。

昨年ちょい飯をコンプした時気になったものがあった。

それは牛丼(350円)の存在。

もう随分むかしのこと。

資さんに牛丼がお目見えした時一度だけ食べたことがあった。

残念ながら好みじゃなくってそれ以来食べることはなかった。

それから20年近くが経ち、どんな牛丼だったのか全く思いだせない。

ならばちょい飯と食べ比べしてみることにした。

am9時ちょい前入店。

注文したのは牛丼。

みそ汁をプラス110円で豚汁に変更してもらう。

あと生卵を追加する。

待つ事3分ほど。

注文品が運ばれて来た。

豚汁の並って、初めてたのんでみたけどめちゃちっさ。

みそ汁のお椀に入ってるからそりゃぁ当然だゎな(笑)。

追加注文した卵はエッグセパレーターが付けてあるよ。

牛丼チェーンとかでは偶に見るけど、資さんでは初めて見た。

なん百回も来てんのに。

うち(家)にもあるんで大体の要領はわかってるつもり。

慎重に卵にヒビを入れてパカッ!

うん、上手に出来た。

けどレンゲで黄身を掬った方が早い気がする(笑)。

牛丼の真ん中にどどんとトッピング。

好みで一味を振りかけて豪快にまぜまぜ♪

あとは一気に口に掻き込む。

うんまっ!

その直後・・・

うっうっ・・・・・

がっつ~んと強烈な甘さが口の中を襲ってきた。

なっなんなんだ!

めちゃくちゃ甘い。

砂糖を大量に口の中に入れたかの様な甘さ。

慌てて豚汁を啜る。

豚汁うんまっ!!

こんな美味かったけか?

この牛丼のギガ甘のせい??

そのあとかなり多めの一味を投入し辛さ増量。

強烈な甘さを我慢しながらもどうにか完食。

しっかしなんでこんなにも甘くする必要がある?

もしかして肉うどん用の牛肉をまんま牛丼用として使ってるのか?

そうだったらなんとなく納得だゎ。

実は資さんの肉うどんもあんま食べたことがないんだよね。

あくまでも個人的感想なのでご了承下さい。 


 2021121001
2021121002
2021121003
2021121004
2021121005
2021121006
2021121007
2021121008
2021121009
2021121010
2021121011
2021121013
2021120914


今回宿泊したホテルの朝食バイキング。

ビジネスホテルなんでパンとサラダ、あとドリンク程度だろうと思ってた。

しか~しバイキング会場に行ったら驚いた。

サラダほか洋和食のお惣菜、デザートまでがずらっと並べてある。

反対側にはご飯はもちろん、味噌汁やカレー、生卵、納豆、海苔などなど。

本格的までとはいかないけどそこそこ充実した内容に大満足。

カレーはスクランブルエッグを乗っけてオムカレーにして食べたらめちゃウマ♪

ちなみにこの朝食バイキングは単品だと800円のよう。

5回に渡る別府シリーズ、今回で終了です。


2021120201
2021120202
2021120203
2021120204
2021120205
2021120206
2021120207
2021120208
2021120209
2021120210
2021120211
2021120212
2021120213
2021120214
2021120215
2021120216
2021120217
2021120218


前回の朝すきで納豆まぜのっけを紹介した際、山かけのっけの話をした。

その記事をUPしたのは2017年2月あたりだったと思う。

その当時は納豆のっけや、山かけのっけはメニューには存在してなかった。

って事で未だメニューにはない山かけのっけを再び試してみようと思いつく。

今回はam10時くらいに入店。

予想どおり先客3名(内カップル1組)ほど。

カウンターに着き、まぜのっけ朝食(ご飯並盛り、味噌汁)を先ずは注文リストへ、、、

その後トッピングメニューから山かけ(130円)を追加する。

タブレット画面で注文内容をよく確認してから注文タブをクリック。

待つ事3分ほど、注文品のまぜのっけと山かけが運ばれてきた。

ほぉ~今回のスタッフさん、ちゃんと鰹節を小皿に乗っけてるやん。

ここ最近小皿には置かずトレーに直置き配膳してたからな~(汗)。。。

まぁ無くってもいいんだけども、メニュー写真には写ってるし・・・

さてここからいつもの様に山かけまぜのっけの食べ方を箇条書きに紹介。

①.温玉オクラの小皿のオクラだけを山かけの小皿に移し子袋の山葵を絞り出す。

②.オクラ、山かけ(山芋)、山葵を泡立つくらいまでかき混ぜる。

③.ご飯の上におかかを満遍なく振りかける。

④.牛小鉢の牛肉をご飯の周囲に盛りつけて行く(牛小鉢の汁は残しておく)

⑤.どんぶり中央に山かけオクラ、温玉の順に乗せたあとに牛小鉢の汁を掛ける。

⑥.お好みで唐辛子や紅生姜を乗せ完成(あくまでも食べ方の一例ですのでご参考まで)

それでは思う存分にかき混ぜて一気にハフハフする(笑)。

うっ、うんめぇ~~~♪

これめちゃウマですやん(笑)。

個人的に、まぜのっけ朝食のMYナンバーワンの組み合わせだな。

でもなんで山かけのっけより納豆のっけの方をメニューにしちゃったんだろね?

次回は山かけ納豆まぜのっけの組合わせを試してみよっかな?

何年か前に一度試したことあるんだけど確かイマイチだったような記憶が・・・

でもブログにUPしてなかったんで再チャレンジ(笑)。


すき家の公式ウェブページはこちら




 


2021112601
2021112602
2021112603
2021112604
2021112605
2021112606
2021112607
2021112608
2021112609
2021112610
2021112611
2021112612
2021112613
2021112614
2021112615
2021112616
2021112617
2021112618


こないだ(2週間前)資さんのちょい飯をUPしたばっかだけど、早くも第2弾!

今回は高菜明太子めしを食べに行ってみることにする。

過去ワースト3に入るくらいの酷い豚汁だったにも関わらず、

諦めきれずに再挑戦してみる。

前回は早朝6時頃だったんで今回は9時くらいに入店。

注文したのは豚汁ネギ多めと高菜明太子めし。

テーブルを見てハッと気付いた。

あれぇ~!

とろろ昆布、つぼ漬け、天かすなどが元(コロナ前)に戻ってるやん。

コロナがかなり落ち着いて来たとは云え、第六波の懸念もあるのに大丈夫なん?

でもサービスコーナーまで態々取りに行かなくて済むんでちょっと嬉しい(笑)。

などなど思っていたら、注文品が配膳された。

スタッフのおねぇさん豚汁をトレーに零したのか、運び始めた途中に、

態々Uターンしてトレーを取り変えて運んでいただき誠に感謝。

豚汁を零すのって偶にあるけど態々取り替えてくれたのを見たのは今回初めて。

通常は零しっぱなしが多かったから、、、

配膳された豚汁を見た瞬間、煮詰まったのじゃないのが直ぐにわかった。

やっぱ前回のはちょっと酷かったからね(汗)。。。

では豚汁をひと啜りする。

うっ、うっまぁ~♪

しかも熱っつ熱っつ!

啜った直後に酒粕の香りがふわぁ~ときた。

いやぁ~これぞ資さんの豚汁だよ。

前のは溝ついてやや温かったし、まじ雲泥の差だなぁ~。

やっぱ時間ずらして正解だったな。

豚汁の具材を1割ほど食べてから、天かす、とろろ、一味を投入。

すこ~しかき混ぜ再度啜ってみる。

うんうんいつもの豚汁。

ではでは、高菜明太子めしを頂いてみますか。

しっかし今回のちょい飯、すっごく丁寧に盛りつけてる気がする。

こないだのはちょっとアバウトすぎたからね(汗)。。。

最初は高菜の方からご飯と共にパクッ!

うんまっ!!

お次は明太子をご飯に絡めてをぱくり。

まいう~♪

高菜明太子めし、超絶にうまいゎ。

それでは高菜と明太子をかる~く混ぜて一緒に食べてみる。

ウ~マイガ~!!(コガケン風)

高菜かしわめしの2倍、いや3倍くらい美味しい。

これおにぎりにしてもいけるんじゃネ?

次は3種目のネギトロめしにチャレンジしてみよう。


資さんうどんの公式サイトはこちら

 

このページのトップヘ