くーぱーのblog

カテゴリ: 朝食・モーニング


2022060201
2022060202
2022060203
2022060206
2022060205
2022060204
2022060207
2022060208
2022060209
2022060210
2022060211
2022060212
2022060213


6月初旬のとある早朝、福岡空港まで実家の身内を送迎。 

福岡空港で身内と別れたあと朝ごはんでも食べようと華さん食堂に移動する。

初めて通る道、お店を見落としてUターン(汗々)。。。

場所は福岡県志免町別府北ってとこ。

空港近くなんでてっきり福岡市とばかり思ってた(笑)。

入り口で手先指先をすりすりと入念にアルコール消毒。

さぁ~て何食べましょうかね?

お惣菜が並んだコーナーまで進むと、、、

あらま?

ここの華さん宗像店同様、おかずがあんま並んでないやん(苦笑)。

朝食需要が少ないんだろね~(ザンネン)

やっぱ朝食は田川夏吉店が私的にナンバーワンだな。

と思ったその時、、、

あっれぇ~!?

朝食メニューハッケン!

ここの華さんまだ朝食やってるんだ。

朝食って華さん全店で終了したんだとばかり思ってたよ。

そんじゃぁ~ってことで冷蔵ケースから玉子焼(150円)をトレーに乗せる。

おんやぁ~?

玉子焼ちょっとちっちゃくなってネ?

昨今の物価高騰のせいなのか??

もしかててこの店舗だけ?

など考えながら清算レジまで進み豚(とん)汁朝食(260円)を注文。

牛丼御三家とかでも豚汁食べてるせいか、

最近は”ぶたじる”とは言わず”とんじる”って言うようになったな(笑)。

ちなみに西日本では”ぶたじる”、東日本では”とんじる”と呼ぶ県民が多いらしい?

まぁ”冷やし中華”と呼ぶか”冷麺”と呼ぶかに少し似てる気がする。

ほどなくして豚汁朝食が出来あった。

お代は合計で410円。

豚汁定食260円に比べ玉子焼が150円って少し高いような気がするけど(苦笑)。

でもまぁ一般的な食堂に比べるとリーズナブルなんだけどね。

セルフコーナーでご飯と豚汁をレンジで再加熱してテーブルに着く。

先ずは豚汁からひと啜り。

うんまっ!

ここの豚汁、ちょっとばかし上品な気がする。

各店舗毎に若干違うもんだね~。

単に気のせいかも知れないけども(汗々)。。。

でもご飯はまぁ普通に華さんのだな。

只、玉子焼きは味がはっきり違うような気がした。

バカ舌なんであんま当てになんないけども・・・

次回はコロナ過前以来の吞兵衛ツアーの予定です。

おたのしみに(笑)。



2022042901
2022042902
2022042904
2022042905
2022042906
2022042907
2022042908
納豆まぜのっけ朝食+山かけ
2022042909
みそ汁
2022042910
牛小鉢
2022042911
納豆(薬味のネギ付き)
2022042912
温玉オクラ小鉢
2022042913
追加メニューの山かけ(ワサビ付き)
2022042914

流石にカレーは飽きてたんで、ひっさびさに朝すきしてみることにした(笑)。

それで前々から考えてたmyプランの納豆まぜのっけ朝食(税込390円)に、

追加(トッピング)メニューの山かけ(税込150円)を追加注文。

実はこの山かけ納豆まぜのっけ朝食ってアレンジは数年前実行したことがある。

その時のすき家には納豆まぜのっけ朝食は無くって、まぜのっけ朝食のみだった。

アレンジした山かけ納豆まぜのっけ朝食は、今の食べ方で食べなかったため、

正直なんかいまひとつだった様な覚えがある(汗)。。。

今回はその時食べた山かけ納豆のリベンジ。

アレンジした食べ方は☟参考手順を参考にして頂けると嬉しっかな?

食べた感想は記事のタイトル通り、まぜのっけ最強だったと思う(多分?)

最強とは言っても個人的なものなので人によっては大したことないかも知れない?

もし気になるって方がいらしたら一度お試しください(笑)。

最強まぜのっけを超えるまぜのっけの食べ方をご存知の方是非コメント下さい。



================================================
 食 べ 方 の 参 考 手 順 ☟

①.山かけ(とろろ)に山葵を適宣入れる
2022042915
②.山かけに温玉オクラ小鉢のオクラだけを加える
2022042916
③.オクラと山かけをぐにぐにと箸でかき混ぜる
2022042917
④.かき混ぜたオクラ山かけに事前にかき混ぜた納豆を加える
(※納豆のタレは納豆をかき混ぜた後から入れるのがおススメ)
2022042918
⑤.オクラ山かけと納豆を空気を入れながら混ぜ込む
2022042919
⑥.ごはんを平らにならし中央に窪みを付ける(写真はならす前)
2022042920
⑦.ごはんにおかか(かつお節)をまんべんなく振りかける
2022042921
⑧.おかかごはんの上に⑤をどばっとのっける
2022042922
⑨.中央に大きな窪みをつけて牛小鉢を汁ごと全部投入
2022042923
⑩.温玉オクラ小鉢の残った温玉を⑨の中央に盛りつける
2022042924
⑪.お好みで紅生姜や唐辛子を適宣入れ温玉を割って黄身をたらし完成
(※お好みでたまごかけ醤油を適宣垂らしてもOK)
2022042925

 


2022020301
2022020302
2022020303
2022020304
2022020305
2022020306
2022020307
2022020309
2022020308
2022020312
2022020313
2022020310
2022020311
2022020314
2022020319
2022020315
2022020316
2022020320
2022020317
2022020318



先日コロッケ茶漬けを食べたあと、急にやよい軒の出汁茶漬けが食べたくなった。

なるべく客が少ないだろう店舗を考える。

だったら宗像店なんねじゃネ?

ってことで開店時間7時目指して出発。

R3を下って順調よく7時ちょい前到着。

予想どおり(笑)。

駐車場には車がない。

入店するとやっぱ先客ゼロ。

今回注文するのは2回目のしらすおろし朝食。

実は前回食べた時しらすおろし茶漬けにして食べてなかったのだ(汗)。。。
 
今回は必ず実行することにする。

まず一膳目はサービスのお漬物を海苔で巻いてパクパク。

二膳目は白身を取り除き、お漬物乗せてTKG。

さて三膳目は今回最大の目的しらすおろし茶漬け。

三膳目のご飯をついで席に戻った瞬間ハッと気が付く。

そうだった。

山葵が無料でもらえるんだった。

昨年の暮れあるTV番組でマヨネーズ、ケチャップ、山葵、辛子味噌、練りからし、

塩、塩こしょう、ごまドレッシング、小ネギ、レモンの何れかの調味料が

なんと有難いことに無料サービスしてもらえると紹介したのだ!

ちゃんとその画像をスマホで撮っていたからいつでも思いだすことが出来る(笑)。

ということでスタッフに山葵を持って来てもらった。

ご飯にしらすおろしを乗っけたあとサービスの山葵を中央に配置する。

そこに湯飲みに汲んで来た出汁をドバドバっと掛けかる~く山葵を溶かす。

あとはご飯茶わんを抱え込みサラサラっと口に流し込む。

ううっ、うんめぇ~♪
 
コロッケ茶漬けも美味かったけど、しらすおろしは倍以上美味しい気がする。

朝からご飯3膳食べて超~おなかいっぱい(笑)。

しっかしこの朝定がたった370円でいいのか?

って思えるくらいマジ素晴らしいコスパなんじゃない。



2022012701
2022012702
2022012703
2022012704
2022012705
2022012706
2022012707
2022012708
2022012709
2022012710
2022012711
2022012712
2022012713
2022012714


1月後半オミクロンが猛威を振う中、朝牛食べに出発(汗々)。。。

客が少な目な時間を狙ったのは言うまでもない。

モーニングタイムが終わっただろう頃を見計らい9時半くらい到着。

店内に入りお客さんの数を確認する。

らっき~♪

誰もいないやん。

カウンターに進み朝牛セット(税込481円)の並盛(税込+22円)を注文。

みそ汁はとん汁に変更(税込+132円)、選べる小鉢は半熟玉子をチョイス。

そのままカウンターで待つ事1分弱・・・

あっという間に朝牛セットが完成、そのままテーブルまで運ぶ。

途中サービスコーナーに寄って紅生姜を小皿に盛りお茶を注ぐ。

先ずはとん汁からひと啜り。

うん?ちと濃いめか?

汲んで来たお茶をとん汁へ少量注ぎ入れ再び味の確認。

うんうん丁度いい塩梅。

それでは、牛丼の化粧直しといこうか。

全般に唐辛子を振りかける。

どんぶりの真ん中に窪みを作って温玉をどどんとトッピング。

その横手にサービスコーナーから取って来た紅生姜を添える。

あとは温玉の黄身を崩したあと混然とまぜまぜ♪

これでいつも食べてるMYスタイルの完成。

どんぶりを抱え込みハフハフ♪

うっ!うんめぇ~!!

これこれ。

これこそ牛丼ってやつだよ。

こないだのギガ甘牛丼ってなんだったんだ?

やっぱ牛丼は吉野家が一番好きな味だね(笑)。


 


2022012101
2022012102
2022012103
2022012104
2022012105
2022012106
2022012107
2022012108
2022012109

2022012111
2022012110
2022012112
2022012113
2022012114


2022年、初外食は資さんうどん。

昨年ちょい飯をコンプした時気になったものがあった。

それは牛丼(350円)の存在。

もう随分むかしのこと。

資さんに牛丼がお目見えした時一度だけ食べたことがあった。

残念ながら好みじゃなくってそれ以来食べることはなかった。

それから20年近くが経ち、どんな牛丼だったのか全く思いだせない。

ならばちょい飯と食べ比べしてみることにした。

am9時ちょい前入店。

注文したのは牛丼。

みそ汁をプラス110円で豚汁に変更してもらう。

あと生卵を追加する。

待つ事3分ほど。

注文品が運ばれて来た。

豚汁の並って、初めてたのんでみたけどめちゃちっさ。

みそ汁のお椀に入ってるからそりゃぁ当然だゎな(笑)。

追加注文した卵はエッグセパレーターが付けてあるよ。

牛丼チェーンとかでは偶に見るけど、資さんでは初めて見た。

なん百回も来てんのに。

うち(家)にもあるんで大体の要領はわかってるつもり。

慎重に卵にヒビを入れてパカッ!

うん、上手に出来た。

けどレンゲで黄身を掬った方が早い気がする(笑)。

牛丼の真ん中にどどんとトッピング。

好みで一味を振りかけて豪快にまぜまぜ♪

あとは一気に口に掻き込む。

うんまっ!

その直後・・・

うっうっ・・・・・

がっつ~んと強烈な甘さが口の中を襲ってきた。

なっなんなんだ!

めちゃくちゃ甘い。

砂糖を大量に口の中に入れたかの様な甘さ。

慌てて豚汁を啜る。

豚汁うんまっ!!

こんな美味かったけか?

この牛丼のギガ甘のせい??

そのあとかなり多めの一味を投入し辛さ増量。

強烈な甘さを我慢しながらもどうにか完食。

しっかしなんでこんなにも甘くする必要がある?

もしかして肉うどん用の牛肉をまんま牛丼用として使ってるのか?

そうだったらなんとなく納得だゎ。

実は資さんの肉うどんもあんま食べたことがないんだよね。

あくまでも個人的感想なのでご了承下さい。 

このページのトップヘ