くーぱーのblog

カテゴリ: 門司区


2022091781
2022091782
2022091783
2022091784
2022091785
2022091786
2022091787
2022091788
2022091789
2022091790
2022091791
2022091793
2022091795


関門ツアーラスト

6軒目は居酒屋で一杯やろうってことで目的のお店に移動するも・・・

まじっすか?

閉店の貼り紙(ガックシ)。

う~ん。

栄町アーケード裏手の仲町通りを居酒屋求めて捜索してみる。

あっちうろうろこっちうろうろしてると、

ここどうよ?(ストリートビュー画像)

ってお店をハッケン!

営業時間の5時まであと少し、、、

すこし待って、とりま入店してみた。

カウンターに案内されメニューを拝見。

ビールは角打ちで飲んで来てたんで濃いめのレモンサワーを注文してみた。

先におとうし2種(きんぴら、ひじき)が提供される。

以前TVで知った話なんだけど、おとうしはテーブルチャージ料の代わりらしい?

バーでいうとこのチャーム的みたいなやつ。

あくまでもTV情報なんで別情報お待ちしております。

まずは酎ハイでかんぱぁ~い♪

うん。

ちょっと濃いめだけど、そんなに濃くはないかな(笑)。

充てに頼んだのは本日のおすすめから地鶏のたたき。

よくある解凍ものじゃなくって、ちゃんとしたお店手作りって感じ。

鶏の旨味も十分ですんごく美味しかった。

一品目が無くなったんで次は焼き鳥を注文することに、

写真奥から砂ズリ、かしわ、なんこつ、レバーの4種。

焼き鳥の印象はまずまずってところ。

2杯目は二階堂のロックだった筈。

これ以上呑んだかどうか全く記憶がない(汗)。。。

清算時レジ後ろに料理研究家のBBちゃんの写真が飾ってあったのを覚えている。

お笑いで東京に出る前に、ここのお店でアルバイトしてたそうだ。

なるほど~料理の基礎はこちらのお店で身につけたのかぁ~って思った次第。

6回に渡る関門ツアーこれにて終了です。

お ま け
2022091796
2022091797
2022091798

夜の門司港駅
酔ってたんで撮った記憶があんまないんだよね(汗)。。。


2022091771
2022091772
2022091773
2022091774
2022091775
2022091776
2022091777
2022091778
2022091779
2022091780


関門ツアーその5

角打ちでほろ酔い気分になったまま、栄町商店街に向かう。

シャッターが降りたお店や建て替わったビルなど見ながら昔を懐かしんでたら、

そうだ!

あそこ行ってみようと閃く‼

同行者に「TVに何度も出たお店があるんよ、行ってみらん?」と言うと、

「うん、行ってみろ」と快諾。

商店街から狭い路地に入ると、

「あった!」

「てるちゃんのお店だ!」

丸い似顔絵看板が直ぐに目に飛び込んで来た。

何度かTVで観た”てるちゃん”いるかなぁ?

とお店まで行くと、あれ?

なんかめっちゃ若い女性店員さん。

どう見てもTVで観たシニア風の女性ではなかった。

店員さんに「てるちゃんはいらっしゃいますかぁ~?」と尋ねると、

「おばぁちゃんはさっき帰りました」との返事。

ざんねぇ~んと呟き、お孫さんなのかなぁ~と思いながら

看板メニューの‟バナナジュース(牛乳ベース)”を2杯注文。

ギューンとミキサーの音を聞きながらほどなくしてバナナジュースが完成。

イートインコーナーはないので店舗前のスペースでストローに口を付ける。

ズズッと吸い込むと、、、

おっ!おいっしぃ~~~♪

甘いの苦手なんで正直期待なんてなかったけども、

めちゃめちゃ美味しいバナナジュースだったのだ。

甘いことは甘いんだけど、嫌な甘さじゃなくってフルーティな甘さ。

あっバナナなんで当然ながらフルーティなんだけども(汗)。。。

すんご~く爽やかな甘さ、まったくくどくなくってまろやかぁ~♪

って言葉で表すとこんな感じかな(笑)。

もちろん若い頃にバナナジュースは何度も飲んだことはあるが、

このバナナジュースは、ほんとまじで美味しいゎ~♪

ちなみにTVで見た情報なんだけど、お店は昨年(2021年4月)オープンした様で、

本業は近くのはんこ屋さんをご主人と一緒に御夫婦で経営されてるそうだ。

お子さんが小さい頃に作ってたバナナジュースを復活させお店を開いたらしい。

お店の場所、営業日、営業時間などはFacebook情報でご確認ください。
 


2022091761
2022091762
2022091763
2022091764
2022091765
2022091766
2022091767
2022091768


関門ツアーその4
 
初参加メンバーとは唐戸でお別れ。

唐戸市場をぶらっと散策後、渡船に乗って対岸の門司港へ移動。

角打ちでもいこっかぁ~ってことで中央市場に向かう。

ところが・・・

お店の場所を勘違いしてたようで、探し回ること約30分(汗)。。。

捜索中ラッキーなことに郵便配達の方に遭遇し、詳しい場所を聞きやっと到着。

その場所はこのあたり(グーグルストリートビュー)

お店は中央に大きな引き戸と右端にややちいさめの引き戸と入り口が2ヶ所。

角打ちコーナーは多分右端かなぁ~?って想像して入店。

「あのぉ~角打ちできますかぁ?」と恐る恐る尋ねると、

「はい。やってますよぉ~」との快い返事。

「じゃぁ~瓶ビール1本くださぁ~い」と言って注文すると、

「小瓶ですかぁ?中瓶ですかぁ?それとも大瓶?」

えっ?3種類もあるんだぁ?と思いながら、

「大瓶の方お願いします」と言って注文。

角打ちコーナーに用意されているコップをお借りして、先ずはかんぱぁ~ぃ♪

ぐびぐびっと乾いた喉に冷えたビールを流し込む。

「ぷっはぁ~うまいねぇ~」とお互い笑みが零れる。

おつまみ欲しいねぇ~とことでお店の方に回り物色。

あれこれ見て回って選んだのはMIXナッツ。

ピーナッツ、アーモンド、ジャイアントコーン、カシューナッツなど。

ピーナッツをポリポリしながら、あっというまに1本目がなくなった。

お店の冷蔵ケースにキリンビールが見えたんで、2本目はキリンを注文。

2本目もあっと言う間に飲み干して、5軒目に向かうことに、、、

つづく。


2022051921
2022051922
2022051923
2022051924
2022051925
2022051926
2022051927
2022051928
2022051929
2022051930
2022051931
2022051932


2022年ラーメンツアー門司編その2

2麺目は醤油豚骨のこちらに訪麺。

場所は北九州市門司区東本町。

12時ちょい過ぎ到着。

駐車場の空きは2,3台くらいだったかな?

入り口の順番待ち用紙に記入後、直ぐテーブル席に案内される。

お昼時だったけど6、7割ほどの客入り。

注文したのは基本系のラーメン(700円)

思い起こせば初入店したのは20年以上前のこと。

それから時々通うようになったある日、地元タウン誌に後継者募集が掲載された。

手を挙げたのは市内人気ラーメン店のT龍軒。

バトンタッチ後に食べたんだけども、残念な思いをしたのを覚えてる(苦笑)。

その後ネットで味が戻って来たことを知り2008年4月再訪。

この時のレポは過去記事にUPしている。

あれから10数年の時が経過。

先代の味に近づいてるかなぁ~と期待しながら出来上がりを待つ。

ほどなくしてラーメンが登場!

先ずはスープをひと啜り。

すっきりしてるけど、すき焼きみたいな甘~いスープ。

カップ麺しか食べたことないけど徳島ラーメンのような感じだろうか?

只、先代の味にはまだ遠い気がする(汗)。

しかし前回に比べると、やや美味しくなってる様にも思う。

先代との違いは、素ダレの味が主張気味で旨味がやや足りない気がする。

次は麺を啜る。

ぐにゅっぐにゅっとした力強い食感ながらも、つるつるっとした喉越し。

具材はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギなど。

チャーシューは先代の頃と変わらず柔らかくて美味しい。

少し違うのは先代のチャーシューは断面がピンク色してたのを覚えている。

先代の味が食べれるようになるはいつのことだろう(笑)。

2麺食べたら流石にお腹パンパン、どこかで休憩することにする。


2022051901
2022051902
2022051903
2022051904
2022051905
2022051906
2022051907
2022051908
2022051909
2022051910


2022年ラーメンツアー門司編 その1

行ったのは5月GW明けのとある日。

場所は北九州市門司区黄金町。

10時50分頃到着するも既に駐車場に1台待機中(ハヤッ!)。

P2台分しかないからなんとか間に合ったよ。

11時過ぎ店舗入り口に置かれた椅子に座り開店を待つ。

11時30分丁度暖簾が掛かった。

昨今の物価高騰のためラーメン系は概ね100円ほどUPした様子。

注文したのはチャーシューメン。

待つ事数分、チャーシューメンの着丼!

おぉ~いつにも増してスープなみなみ。

レンゲからそっと掬ったスープをズズズッ。

うっ、うんまぁ~♪

めちゃうまスープだよ。

只、若干粘度低めかも?

過去数回だけど、とろ~りと粘度高めのスープに当たったことがあるんで、

今回のは中当たりな感じ。

次は麺を啜る。

くにゅくにゅした食感、喉越しもすばらしく茹で加減もバッチリ。

圭順のチャーシューは大好きなんで、毎回チャーシュー麺にしてるけど、

ジューシーでやわらかくて、ほんとめっちゃ美味しい肉質だと思う。

いつぞやTVで圭順が紹介されたときチャーシューの仕込みをみたんだけど、

ここのは豚骨スープで低温調理してるみたいなんだよね~。

だから美味しい訳なんだね~♪

血圧気になったけど余りの美味しさにスープ全飲みしてしまった(笑)。

北九州市内でも最高に好みのラーメンだな。

門司編その2へ続く・・・

このページのトップヘ