くーぱーのblog

カテゴリ: 門司区


2019081011

2019081012

2019081013

2019081014

2019081015

2019081016


昨年の外食画像が偶然見つかったんで、しばらくは外食ネタでいきます(笑)。

行ったのは2019年8月のお盆休みだったかな?

11時頃門司駅で降りて、お店までテクテクと徒歩移動。

歩くこと約15分くらいで到着。

既に先客数名が並んで待っている。

後に着いて並んでると、話し方から北九市民でないのが直ぐにわかった。

数分毎に、次々と客が並んでいく。

やっぱすんごい人気店なんだなぁ~と改めて思った。

ようやく暖簾がかかり店内に入ってカウンター席へ。

注文は昨夜からすでに決めていた(笑)。

圭順といえば、そうチャーシュー麺なのだ!

ひょっとしてラーメンより人気なんじゃないかな?

この日も12時くらいに入店した客にチャーシュー麺終了のアナウンス。

まぁチャーシュー麺が今時600円ってお店なかなかないからね。

ほどなく待ちチャーシュー麺の着丼!

いつものように並々とスープが注がれている。

先ずはスープからいく。

うんまぁ~い!!

思わず何度も何度もスープを啜った。

ひさしぶの圭順は相変わらず超~旨かった。

唐津の名店の味を汲んでいるそうだが、いやいや十分にこちらも名店の味だ。

次は麺を啜る。

くにゅくにゅしこしこ、って感じの食感。

初めの頃は少し慣れなくて苦手だったけど、今はこの麺じゃなきゃって思う。

チャーシューは厚めのが5,6枚くらい乗っている。

この肉質がめっちゃ柔らかくってすんごくジューシーなのだ。

だから人気なんだと思う。

この日はあちこち予定してたので、スープは少し残してしまった。


住所:門司区黄金町10-8 Pあり 営:11時30分~  休:水 


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


ビルマうどん花千里を出て向かった先は門司の唐揚げ御三家の一軒、『ふじ』。

ちなみにあと2軒は『お福』と『松嶋』らしい。

そのお福は数年前に行ったことがあるが『ふじ』はお初、残すは『松嶋』のみ。

1軒目でたらふく食べたんで、お腹に余裕がなかったが酎ハイとぶつ切りを注文。

Mちゃんさん注文のウーロン茶とかんぱ~い♪。

ぶつ切りを食べながら、酎ハイをゴクゴクと飲み干したあと焼酎ロックを注文。

ここだけの話、ぶつ切りは3個くらいしか食べれなかった(汗)。

次回、お腹空かせて再訪してみたい。

Mちゃんさんお世話になりました。


場所は門司区柳町2-7-25 近隣にコインPあり 休:火曜日 営:17時~22時


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


行ったのは週末金曜日の夕時だったかな。

以前よりご一緒しましょうとのことで、Mちゃんさんとビルマうどん花千里オフ。

乗ってたJRが途中止まってしまって、かなり焦ったけど15分くらい遅れて無地到着。

先ずは瓶ビールで喉を潤したあと、おつまみで頼んだのは自家製野菜を使った野菜餃子。

ニンニクは使ってないとのことで、それぞれ1人前を注文。

焼きあがりの写真をご覧のように、餃子の羽がお見事なほどの出来上がり。

カリッとした食感、中の餡がすんばらしくジューシー♪

サービスで出して頂いた、自家製の大葉を巻いて再びぱくり。

大葉の香りと共にカリッサクッ、じゅんわ~。

大葉巻き餃子、めっちゃおいしいゎ~♪

餃子のあと注文したのは春巻き。

この春巻きも抜群のお味、特に春巻きの皮がパリパリっサクサクっと美味しかった。

その後、焼酎を飲みながら頼んだものは手羽先1人前。

何やらオリーブオイル100%で揚げてるそうだ。

なので、オリーブオイルの香りがふわっと来る手羽先で、油キレも素晴らしくおまけにジューシーだった。

う~んこの手羽先なら何本でも食べれそうだ(笑)。

ほろ酔い気分になったころ注文したのは、花千里の看板メニュー“ビルマうどん”。

やっぱこのうどんを食べて帰らないとここに着た意味がない。

見た目は北海道のスープカレーのような感じ。

要はスープカレーうどんってところかな?

スープはカレー味、まぁ当たり前だけど自分的に辛さはすんごくマイルド。

これならお子ちゃま~おじいちゃんおばぁちゃんまで大丈夫なくらい。

具材は手羽元かな?

箸を入れると、ホロホロって崩れるくらいに柔らかく煮込んであって美味しい。

麺は、博多うろん風の腰砕けな食感。

尋ねてみると、ビルマうどんの正当な製麺所さんから仕入れているとのこと。

ビルマうどんめちゃウマだった。

Mちゃんさんが頼んだ、トマト素麺を途中おすそ分けして食べたけどトマト素麺もめちゃウマだった。

その後お店を出たあと、近所の2軒目にむかった(笑)。


場所は門司区柳町2-3-17 近隣にコインPあり 営:11:30~14:30 17:00~20:30 休:日・月

【門司港爆食ツアーファイナル】
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


さぁ~て、門司港爆食ツアーも〆のラーメン処に移動。

ついにあの太一商店が北九州市へ出店したとのことで夕暮れせまる中、門司店へ到着。

タッチパネル式の券売機にて、野菜多めその他普通でラーメンの食券をぽちっ♪

ちなみに餃子はKさんが注文していたようだ。

ほどなく待ち、注文品がやってきた。

なんじゃこりゃ~!!

野菜増しすげ~!

野菜っていうか、ほとんどがもやしじゃないの~。

全部くえるかな?

先ずは野菜からいく。

食べても食べても麺にたどり着けないよ(苦笑)。

どうにか野菜の山を攻略したものの、お腹ぐるぢ~(汗)。。。

麺が現れたところで、ずるずる啜り始める。

しかし麺の量も思った以上に多い。

お腹パンパン状態なのにどうにかこうにか麺を食べきった。

Kさんから餃子をすすめられるがもうムリムリ、限界と言っておことわりする(汗)。。。

〆に二郎インスパイア系はかなりやばかった。

門司港爆食ツアーこれにておしまい(笑)。

参加者のみなさんお世話になりました。

特にNさんには感謝感謝です。


場所は門司区西新町1-1-24 駐車場あり

フルーツファクトリー・モーン・デ・レトロ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


場所は門司区東港町1-24 旧門司税関1階 Pなし



門司港地ビール工房
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


場所は門司区東港町6-9 Pなし



魚住酒店
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
イメージ 17

イメージ 16

イメージ 18


場所は門司区清滝4-2-35 Pなし



週末土曜日、一気に3軒あっぷ!!

3軒目はモーンのパルフェのハーフミックスとアイスコーヒー。

30年振りくらにパフェ食べてみた(笑)。

フルーツが思いのほか多かったんで、わりと飽きずに食べれた。

食べ終えたあとは、ブラックのアイスコーヒーで口直し。

4軒目は門司港地ビール工房の地ビール3種。

3人で飲み比べしてみた。

Kさんからビールの名前聞いたけど忘れてしまった(汗)。。。

5軒目は清滝の角打ち魚住酒店。

自分は3回目かな?

やっぱこの角打ちすんごく雰囲気がいい。

飲んだのは八幡東区にある酒蔵、溝上酒造の天心。

今回は1合だけにしといた。

〆のラーメン処はまた来週(笑)。


このページのトップヘ