くーぱーのblog

カテゴリ: 小倉北区


2022102271
2022102272
2022102273
2022102274
2022102275
2022102285
2022102276
2022102277
2022102278
2022102279
2022102280
2022102281
2022102282
2022102283
2022102284
2022102286
2022102287
2022102288

 小倉ツアーラスト

4軒目はこちらの居酒屋さん。

らーめんくーぱーのHP(書庫)にも出してないんで20年ぶりくらいに訪問。

場所は魚町銀天街のこちら

創業は日本初の屋根付きアーケード(1951年)が出来て間もない昭和28年。

店舗外観は人の居ない僅かな時間(数秒)が出来た瞬間にシャッターを切った。

店内に入ると一階のカウンターは超満席、スタッフに2階に案内される。

久々の2階席はリフォームされて綺麗になっていた。

メニューを手に取り、先ずは生ビールを注文する。

アルコールの充てはかつおのたたきと、おばいけ(さらし鯨)にしてみた。

かつおをチョイスしたのは土佐麦わら焼きと書いてあったから。

何年か前行った本場高知の藁焼きのかつおのたたきがめちゃ旨だったからだ。

おばいけは子供の頃良く食べてて、なんか懐かしくなって食べてみたくなった。

先に生ビールが運ばれて来たんで、この日3度目のかんぱぁ~い♪

ぐびぐびっと喉に流し込んだ頃、かつおのたたきとおばいけが登場。

たたきには玉葱が沢山乗ってて見えないんで、小皿に取り分けて再びパチリする。

酢醤油に紅葉おろしを溶き、かつおを浸けパクッ!

うっ、うんまぁ~♪

比べるまでもないがスーパーの解凍ものとは完全にレベチのクオリティ。

しかも藁焼きの香りがちゃ~んと残っててワンだふぉ~!

いやぁ~これはまじウマのかつおのたたきじゃないの~♪

ビールがあっと言う間に無くなっていく(笑)。

おばいけは定番の酢味噌が掛けてある。

つか酢味噌以外で食べた記憶が全くない気がする。

酢味噌以外の食べ方ってあるんかなぁ??

おばいけのお味は昭和の味わいって懐かしい感じ(笑)。

ちなみにおばいけって漢字では尾羽雪(尾羽毛とも)と書くらしい(ネット情報)

2杯目は日本酒を飲んでみることに、

銘柄は同行者がチョイス。

えっと、なんだっけか?

飲み口がすんごく軽やかで切れが良い。

日本酒あんま呑まないけどこれは非常に美味しい。

3杯目も同行者におまかせ。

これも銘柄は全然思いだせない(汗々)。。。

いい感じに酔って来たんで〆の一杯を啜ろうとお店をあとにした。

ところが・・・

1軒目で食べたカツ丼がまだまだお腹に残ってて〆が入りそうにない。

なんとかお腹に隙間を作ろうと思い提案したのはカラオケBOX(笑)。

しかし・・・

時間を忘れカラオケを熱唱するが余り終電の時間があっと言う間に、、、

〆の一杯は断腸の思いで諦めJRで帰宅した次第(トホホ)。

待ってろよ、ぜってぇーリベンジすっからな!

小倉ツアー4軒にて終了です。

※お知らせ:【角打ち】  【居酒屋】の書庫作りましたよかったら見てね♪


2022102251
2022102252
2022102254
2022102253
2022102255
2022102256
2022102257
2022102258
2022102259
2022102260

小倉ツアーその3

創業大正3年(1914年)。

場所はJR西小倉駅から徒歩4分くらいとこ

JR小倉駅からだと最短で徒歩10分くらい。

角文研のHP情報はこちら。

2軒目でビールを吞んだ後向かったのは中島にある衛生陶器のミュージアム

我が家のトイレ、洗面台で毎日お世話になっている会社だ(ぺこり)

このミュージアム一度見学してみたかった。

ちなみに入場料無料と実に気前のいい施設なのだ。

受付で展示品の案内を聞くイヤホンガイドをお借りして1時間ほど見て回った。

(※詳しい内容は👆リンク先を上記クリック)

そこから紫川の遊歩道をのんびと歩き、途中水環境館(こちらも無料)寄ってから、

この日3軒目の末松酒店に5時ちょい過ぎ頃到着。

店内に入るとおじさん達で大賑わい。

その中には2名ほど女性の方がいらっしゃった。

先ほどビールを呑んでたんで、こちらでは缶酎ハイを冷蔵庫から取り出し

御主人にコップをお借りしてぐびぐっと喉を潤す。

カツ丼で満たされたお腹にまだ余裕はなくって、つまみ無しで飲み干した(笑)。

2杯目は日本酒にしてみることに、

寒の文字が目に留まったんで寒北斗だと思ってご主人にお願いした。

しかし後からよ~く見ると寒山水と書いてあることに気が付いた(汗)。。。

御主人否定もせずにコップに注いで頂き感謝(ぺこり)

寒山水のお味はほんのり甘めで飲みやすく美味しい日本酒だった。

常連さんの話に耳を傾けていたら、清張さんのことが話題になっていた。

どうやらここはM本清張のコアなファンが集う角打ちらしい?

4軒目はこの日の本命。



2022102231
2022102232
2022102233
2022102234
2022102238
2022102235
2022102236
2022102237
2022102239
2022102240

小倉ツアーその2

カツ丼で予想以上にお腹いっぱいになったんで徒歩で移動。

2軒目は木町交差点近くにある角打ちが出来る町の酒屋さん。

場所はここらあたり

到着したのは午後2時半ちょい前。

入店するとおじさん一人が角打ちちゅう。

なに呑もっかぁ~と冷蔵庫を覗いてたら赤星ハッケン!

女将さんからグラスをお借りして先ずはかんぱぁ~い♪

その後カウンターに貼ってある角打ちポスターを見てると

あれ?

戸畑提灯山笠の絵に気が付いた。

このポスターってもしかして北九州市内のお店がモデルなの?

気になったんで女将さんに尋ねてみた。

すると・・・

刈谷仁美さんって方が北九州市から依頼を受け書いたものらしい。

2、3軒のお店を合体させたもので実在するお店ではないそうだ。

後日刈谷仁美さんについてググってみた。

国営放送100本目の朝ドラのオープニングアニメを担当。

現在、小倉駅の連絡通路に刈谷さんの作品が展示されている様だ。

展示期間は2022年3月から3年間。

角打ちのポスターのダウンロードはこちら

ちなみに大中酒店は北九州角打ち文化研究会のホームページに紹介されてます。

3軒目へつづく・・・


2022102201
2022102202
2022102203
2022102204
2022102205
2022102206
2022102207
2022102208
2022102209
2022102210
2022102211
2022102212
2022102213
2022102214
2022102215
2022102216

ひっさびさの小倉ツアー(その1)

行ったのは10月の半ばくらい。

吞兵衛ツアーを兼ねていたんでJR乗って最寄りの南小倉駅で下車。

そこから歩いて10分ちょい。

場所はこのあたり(※店舗左手20m先に専用駐車場あり)

到着したのは午後1時頃。

入店すると先客2名が食事中。

券売機にて目的の三元豚カツ丼(900円)と、からあげ2個(200円)を購入。

食券をスタッフに渡す際、ご飯少な目でとお願いした。

というのも事前情報でめっちゃボリューミーとの噂を耳にしていたから。

待つ事暫し、カツ丼+からあげが出来て来た。

おぉ~カツ丼の器が予想どおりデカイ(笑)。

蓋を開けるとご飯が見えないくらいに豚カツがぎっしり敷き詰められている。

ホントご飯少な目にしといて良かったよ。

先にお吸い物からひとすすり。

うん。これはうどんスープまんまだね。

具材はかまぼこが2切れ。

荘内麩とか手毬麩とかでもいっかな?

では、豚カツを徐に摘まんでパクッ!!

うっ、うんめぇ~♪

部位はロースあたりかな?

めっちゃ柔らかで、そんでもってジューシーな肉質。

たまごとじしてるけど衣のサクッと感がまだ残ってる。

丼つゆはやや濃いめで甘辛だけどそんなまでは濃くない感じ。

豚カツ→ご飯→豚カツ→ご飯と交互に食べ進みながらなんとか完食。

ふぅ~お腹いっぱいになったよ。

あっ!しまった、からあげ食べるの忘れてたゎ(汗)。。。

お腹パンパンだけどからあげをひとくちぱくっ!

サクサクッ!!

じゅんわぁ~♪

からあげめちゃウマス!

ふうふう言いながらなんとか2個食べきった。

流石にお腹がはち切れそう(汗々)。

ぐるぢぃ~~~。

ハーフカツ丼とミニうどんのセットがあるといいのになぁ。

ごちそうさまでした。

2軒目へつづく・・・



2022031801
2022031802
2022031803
2022031804
2022031805
2022031806
2022031807
2022031808
2022031809
2022031810
2022031811
2022031812
2022031813
2022031814
2022031815
2022031816
2022031817
2022031818
2022031819
2022031820
2022031821
2022031822
2022031823
2022031824


まいどカレーシリーズ。

いつまでやるん?

もうそろそろいんやない?

うんにゃ、まだまだやるよ(笑)。

ってことで今回はココスに行ってみた。

この日は歯科検診日、終わったのが11時ちょい前。

ココスに到着したのは11時10分頃。

店内のお客はまだ3割くらいだったかな?

スタッフに案内されたのは先客ゼロのエリア(感謝)。

ガラスに囲まれたエリアには5組くらい客がいた。

予めメニューはリサーチ済み。

ワイヤレスコールを押して注文したのはココスのビーフカレー(税込869円)

それにスープ&ドリバ付きのサラダセット(税込495円)を追加する。

サラダは2種あって大好きなシーザーサラダをチョイス。

早速スープバーで2種のスープをカップに注ぎ、ドリバではウーロン茶。

2種のスープひとつはトマトスープ、酸味があって結構好きな味。

具材のないミネストローネみたいな感じ。

もひとつのスープは具がベーコンとオニオンのチキンコンソメスープ。

具の玉ねぎは注げたがベーコンは見つからなかった(汗)。。。

お味はやや脂っぽくて濃い目のコンソメって感じ、自分の口に合わなかった。

トマトスープを飲んでたらサラダが運ばれて来た。

黄色いスナック菓子みたいなのはカリカリにしたチェダーチーズ。

カルBの甘くないチーズビットみたいな食感だった(笑)。

トマトスープをお代わりして戻って来るとビーフカレーが登場!

おぉ~!

いい感じ、めっちゃ美味しそう♪

ちょっとだけ、こないだ食べたRイホのカレーみたい。

先にサラダからいく。

ドリンク&スープが付いててワンコインってのはまぁまぁってとことだな。

サラダ美味しかったけど、まっふつうだったかな。

ではではカレーを頂いてみる。

ルーとライスが別々じゃなくって、前もって掛けてあるのはありがたい。

自分で掛けるのってちょっとめんどいんだよね(汗々)。。。

スプーンに掬ってパクッ!

うんま~♪

濃厚で深みのある味わい。

写真じゃ分かりずらいけど牛肉ごろごろしてる。

この牛肉がほんとよく煮込まれてて、めちゃ軟らかくって口の中で解けていく。

このくらい美味しいカレーだとそれほど高く感じないのはなんか不思議だな。

実際は900円近くもするのにね~(笑)。

辛さは中辛くらいで、若干甘味は感じるもののそこそこスパイシー。

どちらかと言うと大人のカレーって印象。

ライスの量は200gあたりちょっと物足りないくらい。

サラダ付けたんで大盛りにしなかったけど、

プラス66円なんで大盛りにすればよかったな。

食後は茶葉から淹れるルイボスティーを飲んでみた。

他にもいろいろと茶葉があったけど何個もティーポット使うのは気がひけた(汗)。。。

あとはコーヒーとフルーツ&キャロットジュース(コップ半分ほど)飲んでみた。

読者の皆さん飽きてるでしょうがカレーシリーズもすこし続きます(笑)。



このページのトップヘ