くーぱーのblog

カテゴリ: 八幡東区


2021092401

2021092402

2021092403

2021092404

2021092405

2021092406

2021092407

2021092408

2021092409

2021092410

2021092411

2021092412

2021092413

2021092414

2021092415

2021092416

2021092417

2021092418


この日は三(み)月に一度の歯医者さんの日だった。

前回の検診日(6月)通りすがりに発見した蕎麦の看板(垂れ幕?)。

めっちゃ気になったんで帰宅後場所を頼りに調べてみた。

これと言った詳しい情報は見つけれず、秋月に同名の蕎麦屋情報が見つかった。

その後あれやこれやググってみると八幡東区の蕎麦の名店B庵の、

お弟子さんらしき情報を見つけることが出来た。

ほほぉ~あのB庵のお弟子さんとあらば是非味わってみたいものだ。

ということでこの日初訪麺。

開店まで早かったんで食べ比べしようとB庵を訪麺するも生憎の臨休中(トホホ)。

B庵は諦め、お店に到着したのは開店の10分前。

店舗駐車場には既に車が1台待機中だった。

開店時間が来た頃、先客(2名)を先に見送り、少し遅れて暖簾を潜ぐる。

ドアを開けると直ぐに食券機が現れた。

そういやB庵も同じく食券制だったよなぁ~。

もりそばにするか鴨葱つけそばにするか若干迷ったが、もりそば大盛りにする。

店主に食券を渡し、セルフでお冷を汲み暫し配膳を待つ。

ほどなくし、もりそば大盛りが出来あがる。

大盛りにしたけど思ってたほどの量じゃなかった(汗)。。。

でも大盛りにしといてある意味正解だったような・・・

先ずは蕎麦を1,2本箸で摘まみ、何も浸けずそのまま手繰ってみる。

新蕎麦にはまだ早いこの時期、それほど香りはこない。

しかしながら蕎麦の風味は十分感じた。

この蕎麦めっちゃうまいなぁ~♪

お次はカウンターに準備された岩塩を薬味の小皿に少量取り、

箸先にちょんちょんと岩塩を付け舌先に乗せる。

蕎麦を数本摘まみ岩塩と共にズズッと手繰ってみる。

ほんの~りと蕎麦の甘みが口の中に拡がっていった。

う~ん、あらためて非常に美味しい蕎麦だ。

では蕎麦徳利から蕎麦猪口へ蕎麦つゆを少量注ぎ入れてみる。

麺先1/3ほどを蕎麦つゆに浸け空気と共に勢いよくズズズッと手繰る。

この時一緒に吸い込んだ空気は鼻へ抜く。

すると微かな蕎麦の香りが鼻孔から感じる。

こちらの蕎麦つゆは関東系の辛口タイプ。

九州人好みの甘ったらしい蕎麦つゆに比べて、甘味はかなり控えめなタイプ。

まぁ蕎麦つゆもB庵同様ってところだろうか。

薬味の山葵は蕎麦つゆには溶かずに、岩塩同様舌先に乗せて蕎麦を味わってみた。

3割ほど蕎麦つゆで味わったあとは市内では珍しいだろう胡麻ダレに浸してみる。

ほぉ~なるほど~。

上手く表現できないが、しゃぶしゃぶの胡麻ダレを蕎麦つゆで割った様な感じ?

胡麻ダレに慣れてないせいかいまひつつ馴染めなかった(汗々)。。。

8~9割程手繰ったところで湯桶に入った蕎麦湯が提供。

湯桶の蓋を取ると濃厚な蕎麦湯がたっぷり入っていた。

蕎麦湯もB庵と同じ仕様なんだね(笑)。

最後は余った蕎麦つゆを蕎麦湯で割り、葱と山葵を入れて蕎麦湯を楽しんだ。

食後は蕎麦茶が出てきて馳走様でした。

店主にB庵のことを尋ねるとお弟子さんではなく蕎麦打道場に通っていたとのこと。

2005年下関市長府にて開業、その後2016年春頃秋月へ移転。

2020年末に現在の場所(八幡東区)へ2度目の移転をして来たそうだ。

何やら本業を持ってるために、営業が木、金、土の週3日だけとのこと。

年末辺りから新蕎麦を振る舞うとのことで次の検診日が非常にめちゃ楽しみだ(笑)。


住所:北九州市八幡東区枝光本町1-1(2F) 駐車場あり 営:11時半~15時 休:日~木 



店舗外観
2019111801

店舗内観
2019111802

メニュー
2019111803

お漬物(サービス品)
2019111804

玉ねぎ天ぷら(トッピング)
2019111805

肉うどん(普通サイズ)
2019111806

2019111807

すりおろし生姜と鷹の爪(薬味)
2019111808


前回の記事(桃園)の前の日、旧スペワ近くで仕事だった。

お昼は仕事先(客先)から歩いて、商店街裏手の飲食店が数店ある通りに向かう。

仕事仲間に中華と肉うどん、どっちが食べたいと尋ねてみると、

肉うどんが食べたいとの即答だったんで、かずに行くことにする。

ひっさびさだなぁ~かずの肉うどん食べるのって。

お昼少しまわったころだったが、店内は結構な賑わい。

テーブル席が埋まっていたので、壁側のカウンター席に着く。

注文したのは肉うどんと玉ねぎ天、この小倉系肉うどんを食べる時には

この玉ねぎ天は個人的な必須トッピングになっている。

不思議と注文品が来るまで、サービス品のお漬物(切り干し大根ぬか漬け)

ぽりぽり食べて待ってるのがなんか好きな時間なんだよね(笑)。

ほどなく待ち肉うどんが登場!

おぉ~これぞ小倉肉うどんって面構えだ。

先ずずずっと素の状態の真っ黒スープをひと味わいする。

うんまぁ~♪

でわでわお約束の、すりおろしの生姜と鷹の爪をドバッっと乗せる。

よ~くかき混ぜて再度ずずっとすする。

う~ん生姜と鷹の爪がいいしごとしてるね~♪

麺リフトはスマホ撮影のため断念(汗)。。。

麺はやや腰のあるスープが絡みやすいタイプ。

スープは見た目の真っ黒さに比べてあっさりと控えめで塩梅もいい。

玉ねぎ天は少しずつスープに浸して食べる派、衣がカリカリしてるから。


住所:北九州市八幡東区枝光本町6-13 駐車場 あり 営:10時~ 休み:水


2019111901

2019111902

2019111903

2019111904

2019111907

2019111906

2019111905

2019111908


昨年11月、旧スペワ近くでしごとだったんで、桃園に行ってみた。

何年ぶりになるんだろ?

懐かしい気持ちで暖簾を潜った。

メニューから選んだのはこれまた超~ひさびさの中華丼。

過去1、2回程度くらしか食べた記憶がない(汗)。。。

どんな中華丼だったけ??

ほどなくして中華丼の着丼!

あぁ~これこれ、桃園の中華丼これだったよね~♪

中華丼にもデフォで胡椒かけてたっけ??

レンゲですくって徐にパクッ!

うんまぁ~♪

あんかけものの焼きそばや皿うどんは、めちゃめちゃ大好きなんだけど、

なぜか中華丼はややパンチが足りない様な気が・・・

過去1、2回しか食べなかった理由を思い出した。

あくまでも個人的な感想なのであしからず(汗々)。。。

ちなみに食べログに投稿した桃園のレビューもぜひご参考ください。


住所:北九州市八幡東区枝光本町6-9 駐車場なし 営:11時~休:日祝 


 
2019110913


2019110914


2019110912


2019110915

2019110916

2019110917

2019110918

2019110911


 来年あたりから投稿しようと思ってましたが、先月(11月)行った川渕の月天が

 今週28日を以て暖簾を下すのを思い出したので、投稿してみました。

 この日2麺目だったので半ちゃんセットにはせず、ラーメンを注文しました。

 暖簾を潜ったのは何年ぶりでしょうか?

 出来上がりを待つ間、スマホで調べたら2015年の6月が最後でした(汗)。。。

 ひっさびさのラーメン、めっちゃ懐かしい味でした。

 弁当くーぱーに代わって、ほとんど外食しなくなった間に、

 大好きな北九州の老舗ラーメン店が、何軒も閉店してしまって非常に残念です。

 美味しいラーメンやチャンポンあと大好きな焼きめしなど、

 あれこれと食べさせて貰ってありがとうございました。

 月天のみなさん、永い間ほんとにお疲れ様でした。



住所:八幡東区川渕町16-1 駐車場:近くの月極Pに2台


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 23


12月18日
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14



12月19日
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18



12月20日
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 24




1週間ぶりの更新(汗)。。。

若松シリーズはひとまず置いといて、前々から気になってたお店に行ってみた。

職場からはちょっと遠いんだけど、いつものGSに寄ったついでに中央町に移動。

店内にはお惣菜のバイキングコーナーがあるんだけど、すでにパック詰めされたものが

どれでも1パック100円で販売されている。

奥のほうに進むと、お弁当コーナーがあった。

お弁当は5、6種類あって、ご飯を詰めてあるお弁当と、詰めてないものがあって

清算時に温かいご飯を詰めてもらえるようだ。

初回手に取ったのは塩サバが入ったお弁当。

レジに持って行くとご飯が無くなったとのことで、既にご飯入ったものとチェンジ(苦笑)。

おかずはメインの塩サバ以外にマカロニサラダ、野菜は人参のみとシンプル。

他はがんも、レンコン、かまぼこ、切り干し大根、福神漬けなど。

まぁ内容的に300円のお弁当にしてはよく健闘してるかなって印象(笑)。

2回目はフライものを選んでみた。

この日は炊飯ジャーから温かいご飯を詰めて頂いた。

ちなみにご飯の量は250gだそうだ。

ちょっと少な目でお願いしたけどね(笑)。

メインのおかずは、白身魚フライ、ハッシュドポテト、塩サバの天ぷら。

他はナポリタン、がんも、レンコン、かまぼこ。

おつけものコーナーには、マヨネーズが入っていた。

300円だからか、特に不満は感じなかった(笑)。

3日目は、豚カツ弁当にしてみた。

豚カツの断面を撮ってるとき気が付いた。

うんん?

この肉質、多分あれかなぁ?(汗々)。。。

他は初回と同じマカロニサラダ、がんも、レンコン、かまぼこ。

この日もお漬物コーナーにケチャップが入っていた。

300円で豚カツ弁当が食べれるならいんじゃない(笑)。


場所は八幡東区中央町2-7-24 近隣にコインパーキングあり 休:日祝

このページのトップヘ