くーぱーのblog

カテゴリ: 八幡西区


2021112221

2021112222

2021112223

2021112224

2021112225

2021112226

2021112227

2021112228

2021112229

2021112230


1麺目を出た後向かったのは八幡西区則松にあるわりと新しめのラーメン店。

店主は久留米にある大峰ラーメンで修行したとの情報を見たことがある。

到着したのは11時40分ころ。

入店すると先客はまだ居なかった。

店内はカウンター席と小上がり席が4卓ほど。

注文したのは基本であろうラーメン。

何度か訪麺してるメンバーの話では焼めしが超ウマイとのこと。

所謂とこの久留米焼めしのことなんだろうと思ったが、

この日は3杯予定してるので焼めしは見送ることになった。

待つ事数分(5分くらい)、注文したラーメンが出来てきた。

おぉ、如何にも昔ながらの久留米ラーメンって面構えだね~。

御存じの方も多いと思うが、昔の久留米ラーメンはこってりタイプではなかった。

小倉北区宇佐町にある来々軒(杉野三九)が白濁豚骨ラーメン発祥店なのである。

来々軒の詳しい歴史は☝のリンクを参照されたし。

先ずはレンゲに掬ったスープからいく。

軽めではあるが多少の粘度は感じる。

すこ~し甘めでクリーミー、とても滑らかなスープだ。

個人的だけど、やや元ダレ先行気味って印象。

次は麺を啜ってみる。

久留米系にしてはやや細ってところかな?

一般的な中細麺なんだろうが、どことなくラー麦ぽっい感じの食感。

もちラー麦とは全然違うと思うが・・・

茹で加減は硬麺仕上げ、もうちょい軟らかいほうが自分好み。

具材はバラチャーシューが3枚、木耳、海苔、葱の構成。

チャーシューの肉質がめちゃウマって思った。

2杯食べたら超満腹、流石にスープは飲み干せなかった(汗)。。。

このまま3麺目行くのは厳しい、どこかで休憩を挟むことになった。

つづく・・・


住所:八幡西区則松5-12-3 営:11~ 駐車場あり 休: 火曜




2021101101

2021101102

2021101103

2021101104

2021101105

2021101106

2021101107

2021101108

2021101109


先日カレーを食べに行く前にネットでカレーを調べていたら、

世界のベスト50食品なる興味深いサイトを見つけた。

そのサイトで第一位だったメニューはタイのマッサマンカレーだった。

ここ最近テレビやメディアなどで知ってどんなカレーか興味があった。

そのマッサマンカレーが牛丼(牛めし)チェーン店の松屋で食べられることを知った。

それは是非とも食してみたい!!

ということで松屋穴生店に向かった。

密を避けるべくなるだけ客が少ない時間帯を狙う。

到着したのは10時ちょい過ぎ。

店内にはワーキングウエアの男性が2名。

こんな中途半端な時間に遅い朝食?それとも早めのランチなの?

出来るだけ距離を取ろうと店舗奥隅のテーブル席に着く。

スタッフに食券を渡し出来上がりを待つ。

待つ事5分弱、注文品が運ばれて来た。

ほぉ~これが世界一美味しい料理に選ばれたマッサマンマレーなのか!?

わくわくしながら最初はカレーソースを味見してみる。

ココナッツミルクが全面に出てくる。

これはインパクトあるカレーだ。

辛さはほとんどなくって、ほんの~りと甘く、そこそこスパイシーな印象。

ライスに掛けて食べるんだろうが、面倒なんでスープカレースタイルでいく。

スプーンでライスを掬ってカレーソースに浸してぱくっ♪

なるほど~。

グリーンカレーとは異なる印象、どちらかというとイエローカレーに近い感じ?

タイカレーというと粘度は全然なくってサラサラしてるのが多いと思うけど、

こちらのマッサマンカレーはちょっと粘度を加えてアレンジしてる気がする。

恐らく日本人好みにしてるんだろうな?

本場マッサマンのチキンはほろほろになるまで軟らかく煮込んでるらしいが、

このチキンはまぁまぁ煮込まれてはいるが、ほろほろ感はあんまない感じかな?

しかしチキンの量が半端なく多いと思う。

チキンの量を数えると10切くらい入っていた。

チキンの部位は多分腿肉なんじゃないかと思う?

他の具材は串切りのじゃが芋が3切れほどで、

フライドポテト食べてるような感じがした。

世界一美味しい料理に選ばれたカレーの王様マッサマンカレー。

個人的な感想だけど、マイナンバーワンとまではいかなかったかな(大汗)。。。

※期間限定商品みたいなので興味ある方はお早めにどうぞ。


松屋の公式サイトはこちら



2021100801

2021100802

2021100803

2021100804

2021100805

2021100806

2021100807

2021100808

2021100809

2021100810

2021100811

2021100812

2021100813

2021100814


こないだTV観てたら偶々世界大手ハンバーガーチェーン店(mac)と、

大手カレーチェーン店(ココイチ)の世界各国の人気メニューを紹介する番組だった。

特に人気が高いなって思ったのはビックM。

いつか機会があれば日本のビッグMを試してみたい(過去何度か食べた記憶がある)

でその番組でかなり人気だったのがココイチのチキンカツカレー。

う~ん、食べたことあるような?ないような?

もしあったとしても全然記憶にはない(汗々)。。。

かなりに気になったんで数ヶ月ぶり(前回は2021年2月)にココイチへ行ってみる。

自宅近郊のお店は八幡千代ケ崎店or八幡三ヶ森店。

三ヶ森店はバイトテロ事件が今年夏起きたんで遠慮しておく(苦笑)。

ってことで千代ケ崎店の営業時間をチェック。

開店は11時~だった。

もうちょい早くオープンする店舗を検索してみたが、、、

24hの戸畑バイパス店以外は見つからなかった。

ちょっと渋滞してたんで開店前には着かず到着したのは11時ちょい過ぎ、、、

入店すると先客はまだ1名、密を避けるべく店舗奥隅のテーブルに陣取った。

お店に入って10分過ぎた辺りから続々と客が入店し始める。

やっぱ人気店だとランチタイムは思ってた以上にリスクがある。

スタッフがお冷をもって来たタイミングで、予定のチキンカツカレーを注文。

ソースは基本のポークソース、ライスの量は300g、辛さは普通でお願いした。

待つ事5分ほど、注文したチキンカツカレーがやってきた。

TV番組では数品トッピングする客が多かったが今回はトッピングは見送った。

先にチキンカツをひと切れ箸で摘まんでどんなものか味わってみる。

ほぉ~。

なんかチキンナゲット食べてる感じがする。

老若男女誰でも好みそうなふわっとした食感。

これって、もしかして整形肉?

単なる想像なんで実際に整形肉なのかどうかは全く不明(汗々)。。。

海外のチキンカツも日本と同じような感じのチキンを使ってるのかなぁ?

チキンカツ大好なんでリピするのはちょっと難しい(苦笑)。

チキンカツを味わった次は辛味スパイスをカレーソースに適宣振りかける。

ちなみに辛さ増量もこの辛味スパイスを使ってると聞いている。

なんでもカレーソースと一緒に煮込む事で辛さがより一層増すんだとか。

数年前観たTV番組でココイチの厨房スタッフさんが詳しく説明していた。

振りかけた辛味スパイスは軽くカレーソースにかき混ぜてライスと一緒にぱくっ♪

う~んココイチうんみゃ~♪

ライス300gにしたけど食べ終えたらそこそこの満腹感(笑)。

チキンカツ食べたんでライスは200gにしときゃよかったな。

世界のココイチで人気のチキンカツ、思ってたほどじゃなかった(汗)。。。

あくまで個人の感想です(笑)。


 CoCo壱番屋の公式サイトはこちら





2021100501

2021100502

2021100503

2021100504

2021100505

2021100506

2021100507

2021100508

2021100509

2021100510

2021100511


ひと月ちょいぶりに吉牛へ朝牛。

到着したのは6時15分頃、流石に店内に客はいなかった。

前回食べた時、次回アタマの大盛を食べようと思ってたんで、

今回は迷うことなくアタマの大盛を注文。

選べる小鉢は温玉(半熟玉子)にしてみた。

1分ほどで注文品が出来上がりトレーを持って店舗奥に陣取った。

その後セルフコーナーでお茶と紅生姜を取って再び席に。

アレンジメニューを考えてみたが思いつかなかったんでいつものパターンで(笑)。

温玉を中央に乗せ、紅生姜を1時方向に配置。

唐辛子を適量パラパラと振ってMYスタイル牛丼の完成。

あとは黄身を崩してかる~くかき混ぜてハフハフ♪

アタマの大盛初めて注文したけど、牛肉が倍ってほどの量じゃないなぁ~。

気になったんでググってみると。

牛丼並盛の具の量は90g。

アタマの大盛は具の量が110gと紹介されたサイトをハッケン!

そこには超特盛にすると2倍になると書かれていた。

食べながら思ったなるほど~。

見た目あんま変わんないなぁ~と思ったのはある意味正解だったんだな(汗)。。。

約22%の増量って訳だし。

アタマの大盛りだったら個人的には1.5倍くらいあると納得なんだけども・・・

まっアタマの大盛り、一度体験出来てよかったかな(笑)。


吉野家の公式サイトはこちら 



2021082801

2021082802

2021082803

2021082804

2021082805

2021082806

2021082807

2021082808

2021082809

2021082810

2021082811

2021082812

2021082813

2021082814


8月最後のネタは吉牛で朝ごはん。

到着したのは6時10分ころ。

先客1名。

注文したのは朝牛セット。

ご飯小盛を並盛に変更。

小鉢はお新香(白菜の浅漬)を選択。

サイドメニューから生卵を追加した。

セルフコーナーで紅生姜を小皿に適量盛ったあとお茶を注ぐ。

窓側テーブル席に着きいつものパターンで食べていく。

みそ汁をひと啜り。

吉牛のみそ汁って昔は粉っぽくてズーマーだったけど、

みそ汁マシーンの導入でめちゃ美味しくなったよなぁ~。

お漬物はあれだね~。

スーパーで売ってる吉牛のお漬物パックそのまんまの味がする(笑)。

ちなみに100円ちょっとで購入できると思う。

牛丼は中央にスペースをつくってそこに卵の黄身を鎮座させる。

唐辛子を振ったあと紅生姜を適宣乗せ、黄身を崩し豪快にまぜまぜ♪

あとは口にはふはふ(笑)。

やっぱ牛丼は吉野家が一番すきだな。

安定の美味しさって言うかこれぞ牛丼って感じ。

食べながら思った。

そういやあたまの大盛りって食べたことなかったなぁ~。

次回は忘れずに注文することにしよっと。


店舗検索はこちら


このページのトップヘ