くーぱーのblog

カテゴリ: 福岡市(及びその近郊)


2020102421

2020102422

2020102423

2020102425

2020102426

2020102427

2020102429

2020102430

2020102431


1麺目を出た後、作戦会議(笑)。

2人であれこれお店の候補をあげてみる。

数店の候補の中から決まったのは中州川端商店街そばにあるお店。

東比恵から地下鉄に乗って中洲川端までやって来た。

川端商店街をぶらぶらと歩き冷泉通りに出ると、

本日2麺目のらーめん屋さんが現れた。

豚骨と醤油の2本立て、それとつけ麺もやってるみたい。

同行者から豚骨は佐賀ラーメンっぽいので是非味わって欲しいとのこと。

券売機でその豚骨ラーメン650円をぽちっと押す。

店内に入るとめちゃ賑わっている。

テーブル席に案内され、店員さんに食券を渡す。

暫し待って豚骨ラーメンが登場!

あれあれっ?

どこかで見たことのある様なビジュアル。

先ずはレンゲに掬ったスープをひと啜り。

スープはあの店のとは全然違うのね(笑)。

同行者の話ではあの店とは全く関係ないとのこと。

でもたしかに佐賀ラーメンちっくなスープであるのは頷ける(ウンウン)。

麺は慶史特注の中細玉子麺(店内情報より)、もちっとつるっとした食感。

スープとの絡みも抜群で言うことなしに美味しい。

具材はチャーシュー、海苔、ネギとシンプルな構成。

1麺目同様、偶然チャーシューはほんのりピンク色をしている。

こちらも低温調理なのか?

肉質はめちゃ柔らかでまじウマ!

このあとの吞兵衛ツアーを考えスープはあまり飲まずに退店した。

つづく・・・


住所:福岡市博多区上川端町9-151 駐車場なし 営:2020現在8時~ 休:不定休
 

 
2020102401

2020102403

2020102404

2020102405

2020102411

2020102406

2020102407

2020102408

2020102409

2020102410


行ったのは10月の下旬くらいだったかな?

今回はいつもの3人組じゃなく、博多駅出口で2人で待ち合わせ。

どこいこっかぁ?と尋ねるとどこでもいいよとのこと。

ならばと事前にググっておいたミシュランガイド掲載店を提案する。

駅から歩くこと10分ほど、1麺目のお店に11時ちょい過ぎごろ到着。

カウンターに空きはあったが、蜜を避けてテーブル席に案内された。

注文はあらかじめ決めていたが、一応メニューを広げてあれこれチェック。

その後、迷うことなく決めていた中華そばを注文。

ほどなく待って中華そばがやって来た。

チャーシューがほんのりとピンク色をしている。

そういやチャーシューは低温調理で作ってる旨の案内が

入り口のとこに貼ってあったなぁ~。

想像だけど今流行りの低温調理器をつかって調理したんだろうか?

先ずはレンゲに掬ったスープからひと啜り。

うっうっま~い!!

あっさりしながらも旨味成分がたっぷりと詰まった上品な味わい。

鶏ガラをベースに羅臼昆布、数種の乾物と魚介類を使った醤油スープだと

メニューに紹介文が書いてある。

その裏には無化調(うまみ調味料未使用)との記載もあった。

なるほど~拘りに拘って作ってるスープなんだなぁ~と思った。

麺はやや加水率多めかなぁ~って感じる中細ストレート。

スープとの絡みまぁまぁ、何よりも喉越しの良さが抜群!

具材のチャーシューは低温調理してるで、ややレア気味だが

時間が経つに連れ完全に火が通っていった。

赤いのが苦手な人は後から食べたほうがいいかも?

他の具はメンマ、海苔、ネギなど、このメンマめちゃウマ。

今回のスープは自分にはほんの少しだけ塩分強めに感じたので、

血圧のことを考え飲み干すのはやめておいた(汗)。。。

薄味とかで注文出来るとありがたい。

2麺目に続く・・・


住所:福岡市博多区 東比恵2-8-23 駐車場あり(3台) 営:11時~ 休:火 


2020071861

2020071862

2020071863

2020071864

2020071865

2020071866

2020071867

2020071868

2020071869

2020071870


ほろ酔いで天神から薬院の〆のラーメン処に千鳥足で向かう。

歩くこと約20分ほど、目的のラーメン屋さんに到着。

通常は午後9時開店なのだが、コロナ対策のため午後6時~に変更されている。

コロナが収束すれば再び元の営業時間に戻るかも知れない。

3度目の訪麺となるが、前回訪れたのは20年近く前のこと(汗々)。。。

店内は1文字カウンターのやや小狭な感じだが、奥に広くなっている。

蜜を避け奥のカウンターに着く。

ちょっと蒸し暑い中歩いて来たんで、先にビールで喉を潤した(笑)。

ビールを飲み干したあとラーメンを注文。

ほどなくしてラーメンが出来上がった。

あれっ?

胡椒ってこんな掛かってたっけ?

20年近く前の記憶は流石に全く残ってはなかった(苦笑)。

初回前回と訪れた時に居た店主の姿もなかった。

ここで大失態を起こしてしまう。

どんぶりのレンゲに気付かずに「レンゲ下さい」とお店の方に要求。

間髪挟みとなりに座った同行者から「どんぶりにレンゲ乗ってますよ」。

と指摘されて、ようやくレンゲがあることに気付く(滝汗)。。。

ほろ酔い気分のつもりだったが、かなり酔っていた(爆)!

脂の幕が張ったスープをレンゲに掬ってズズッと啜ってみる。

思ったほどギトギトじゃないんだな。

スープ自体はわりとあっさり気味なんだけど、

表面を覆った脂がこってり感を演出してる感じ。

麺は如何にも博多ラーメンって感じの細麺ストレート。

ぷちぷちしこしこした歯ざわり、所謂ところのプチシコ食感。

具材はチャーシューと万能ねぎ、とってもシンプルな構成。

酔ってたんで正直、詳細な記憶があんま残っていない(汗)。。。

もし次回行くことがあれば、胡椒抜きで食べてみたい。


住所:福岡市中央区白銀1-1-27 駐車場なし 営:19時~(要確認)
 


2020071841

2020071842

2020071843

2020071844

2020071845

2020071846

2020071847

2020071849

2020071848

2020071850


1000ベロでほろ酔いになった後向かった先はイムズ裏手のふれあい広場。

少しそこでのんびりする。

ベンチに座ってたら常連のおばちゃんに話しかけられコロナの話。

どんたくの中止、山笠の中止などの話になった。

キリがないのでそそくさと近くにあったサイゼリヤに逃げ込んだ(汗)。。。

同行者らのお腹があんまし減ってなかったんでマルゲリータピザを1枚注文。

一緒に頼んだもの1.5リットルのマグナムワイン白。

3人で飲めば1人500ccだし、きっと飲める筈(笑)。

ピザは6ピースにカット、1人分は2ピース。

しかしバジルが乗ってないので彩がやや欠けている気がする(苦笑)。

ちなみにマルゲリータはイタリア国旗と同様の3色が正しいらしい?

自分はホットソースと唐辛子フレークをかけて辛くして食べてみた。

1.5リットルのワインは流石に飲み応えのある量でなかなか減らない。

多分自分が一番飲んでいた気がする。

ボトルを空にして向かったのは〆ラーメンどころ。

もちろん歩いて移動した。

つづく・・・


サイゼリヤのホームページはこちらをクリック 


2020071821

2020071822

2020071823

2020071824

2020071825

2020071826
野菜(人参、セロリ、パプリカ)のピクルス
2020071839
小柱のマスタード和え
2020071834
中華サラミのピンチョス
2020071840
オクラの辛子和え
2020071831
鰹のたたき
2020071832
鶏皮のピリ辛和え
2020071833
浅利のチンジャ
2020071828
筍の香り炒め
2020071829
中華風冷奴
2020071830

2020071827


ラーメンでお腹いっぱいになったあと向かった先は本日の呑み処(笑)。

歩くこと約20分くらいだったかな?

お店はソラリアステージにあるみたい。

エスカレーターで3階まで移動する。

同行者に案内されて目にした看板には「アテニヨル」

と書かれている(驚)!

どういう意味なん?

充てに寄るなのか??

とりあえずメンバーで1000(円)べろセットを注文することにした。

その内容は、ドリンク(アルコール含む)3杯とおつまみが3種類。

つことでおつまみに選んだものがう上の写真9種。

どれが美味しかったかと言うと、正直言って全部微妙(汗)。。。

野菜ピクルスはなかなか美味しかったかな。

先ずは生ビールでかんぱぁ~ぃ♪

ちなみに生ビールは1回しか注文できないシステム。

自分を含め同行者たち、なかなかお腹が減らないようで

ちびちびとアルコールを飲みながらなんとかお腹に隙間をつくる。

居座ること2時間弱、各々3杯のアルコールも飲み干し

〆のラーメンにはまだ時間があるとのことで、

もう一軒違う店で飲みなおすことになった。


住所:福岡市中央区天神2-11-3(ソラリアステージビルM3) 駐車場なし 営:11時~ 休:不定休 

このページのトップヘ