くーぱーのblog

カテゴリ: 山口県

宿泊部屋からの関門海峡の朝日
2020120651
宿泊部屋(和室8畳)
2020120652
朝食会場
2020120653
和朝食(箱膳スタイル)
2020120654
ご飯、味噌汁、お漬物
2020120655
ひじき煮
2020120656
玉子焼、蒲鉾、明太、塩さば、フルーツ
2020120657
魚フライ(1/2)、ウインナー、プチトマト、野菜サラダ
2020120658
温泉卵
2020120659
金平牛蒡
2020120660
金時豆、ホウレン草胡麻和え
2020120661
チェックアウト後に記念撮影
2020120662


ミニクラブの忘年会2020年朝食編です。

朝7時半~でお願いしました。

いつも朝食ならバイキングスタイルなのですが、今年はそうはいきません。

箱膳スタイルに変更されていました。

松花堂のおべんとう箱に6皿の小鉢が入っています。

何度もバイキングを食べてるんでちと物足りない様な気がします(汗々)。。。

多分ですが、バイキングならこの倍は食べてることでしょう(笑)。

お味のほうは全く問題なしの美味しさでした。

チェックアウトのあと、GoToクーポンを頂きました。

が、しかし・・・

このクーポン当日限り有効なんです。

スマホで使えるお店をチェックしてみましたが、

面倒だったんでホテルのお土産コーナーでご当地カレーを買って帰りました(笑)。


住所:山口県下関市みもすそ川町3-58 大駐車場完備 営: 休:無休 


海峡ビュー下関(忘年会会場)
2020120631
関門海峡の夕暮れ
2020120632
宴会会場
2020120633
宴会テーブル
2020120634
かんぱぁ~ぃ♪
2020120635
おしながき
2020120636
各自のセッティング
2020120637
梅 酒
2020120641
身皮和え
2020120642
虎河豚刺し(2人前)
2020120639
河豚刺しアップ
2020120640
虎河豚寿司
2020120643
河豚白子シューマイ
2020120644
虎河豚あら唐揚げ
2020120645
虎河豚ちり鍋(3人前)
2020120638
虎河豚雑炊
2020120646
ひとり分の雑炊
2020120647
紅葉おろしをトッピング
2020120648
デザートのメロン
2020120649


先日参加してきたミニクラブの2020年忘年会の記事です。

会場はお馴染み海峡ビューしものせき。

予約したのは半年前、今年はコロナウィルスのため中止の声もあがりましたが、

GoToトラベルを使って少しお安くなることを知り決行することになりました。

参加者はちょいと少な目の8名でした。

夕食の宴はふく一番コースにしました。

やっぱ下関といえば河豚しかないでしょ!!

ちなみに下関は”ふぐ”では無くって”ふく”と言うそうですが、

下関のブロ友さんの話では”ふく”って言う人は少数だと言ってました(マジ?)。

食べた料理は上の写真ですが、参加したクラブ員からはいつものコースに比べ

今回のはちょっとしょぼかったね~って声が出ました(汗)。。。

たしかに自分もそう感じました。

GoToトラベル割引を考慮してるんでしょうか?

食後は部屋に戻って恒例のビンゴ大会で盛り上がりました。

次回は朝食編の予定です。


住所: 山口県下関市みもすそ川町3-58 駐車場完備 休:無休



2020120611

2020120612

2020120613

2020120614

2020120615

2020120616

2020120617

2020120618

2020120619

2020120620

2020120621

2020120622


カートを楽しんだあと小腹を満たそうと向かったのは、

山口湯田温泉駅から約2kmの場所にあるうどん屋さん。

ここを知ったのはインターネットを始めた頃だったと思う。

過去何度か行けるチャンスがありながら、いままで縁がなかった。

今回ようやく訪麺するチャンスが訪れた(嬉)!

ネット情報では讃岐の名店で修行後、こちらのお店を開店されたようだ。

しっかりしたコシが味わえるしょうゆうどんの冷狙いだったが、とある口コミで

初めて食べるんなら出汁の美味しさが直に味わえる、かけうどんがお勧めらしい。

同行者にその旨を伝えると、皆かけうどん一択に(笑)。

トッピングはかき揚げが人気だが、1時過ぎると売り切れ必須と伝えた。

お店に到着したのは午後1時をちょい回った頃。

心配していた駐車場は数台の空きがあり、待つことなく駐車出来ラッキー。

お昼時は行列が出来る繁盛店とのことだが、

暖簾を潜ると満席に近いほど席が埋まっていた。

時間をずらしての訪麺、正解だったな。

注文はセルフスタイル、先にトレーに小皿を乗せ好みの天ぷらを選ぶ。

売り切れ必須のかき揚げがなんと2個残っているではないか!

他は竹輪天が10数個ほど並んでいる。

同行者に貰ってもいい?と同意を求め遠慮なしに取る(汗々)。。。

その後食べたいうどんを注文し、カウンターでお代を清算。

番号札を受け取ったあと、お冷を注いで空いたテーブルに着いた。

待つ事20分弱、番号が呼ばれた。

受け渡しカウンターでうどんを受け取り、用意されたネギを適量乗せる。

レンゲも置いてあったが、どんぶりを抱え上げズズッと出汁を啜った。

めっちゃうんまぁ~♪

正にイノシン酸とグルタミン酸との相乗効果ってやつ。

優しいながらもきりっとした、ほんのり甘めの余韻の残る味わい。

デフォの具材は細長に切られた昆布と、やや厚めのかつお節。

では麺を啜ってみる。

ぐにゅぐにゅ、にゅるにゅる。

って感じの食感(笑)。

思ったてたほどの硬さではなかったが、十分コシのある喉越しの良い麺。

次はかき揚げを乗せて食べてみる。

出汁に漬け少し衣をふやかして食べてみた。

うんま!

すぐさまうどん出汁を啜る。

おぉ~かき揚げの油が溶け出し、出汁の旨味にコクが加わった。

なるほどぉ~かき揚げが人気なのもたしかに納得。

そのあとは麺にかき揚げを絡ませズルズルすすった。

当然出汁も一滴残らず飲み干した。

次回は忘年会編の予定(笑)。

ここおススメです!!


住所:山口県山口市吉敷(ヨシキシ)下東4-1-10 駐車場あり 営:11時~ 休: 水













お ま け
カート03
同行者が撮影してくれました(感謝)。



2019072101

2019072102

2019072103

20190712104


この日は昨年7月21日のこと。

食券撮ってたんで直ぐわかったよ(笑)。

早朝から山口の湯田温泉駅あたりで仕事。

お昼1時過ぎ、仕事先ちかくの定食屋さんに仕事仲間で入店する。

入り口の券売機から選んだメニューはポークピカタ定食。

晩酌の充てによく作ってるチキンピカタが超大好きなもんで(笑)。

この時に添えるソースは、ケチャップとタバスコをブレンドしたピリ辛味。

席に着き待つこと十数分、注文品が運ばれてきた。

おぉ~なんかいい感じだね~♪

近くに大学があるんで、学生さん仕様なんだろうね~。

ワイルドな盛り付けがめっちゃすばらしい!

付け合わせはナポリタンと繊キャベ。

上からかけてあるソースは豚カツソースかな?

当然ながら繊キャベから食べ始めていく。

どれどれポークピカタはとパクリ。

う~んまぁこんなところだろね(汗)。。。

固くもなく柔らかくもなくそこそこ美味しい豚肉。
 
メニュー豊富だったし、近所に住んでたら毎日お世話になりそうな定食屋さん。

ごちそうさま♪


住所:山口県山口市平井363-6 駐車場あり 営:11時~23時 休: 不定休


2019093001

2019093002

2019093003

2019093004

2019093005

2019093006


山口シリーズラスト

行ったのは昨年9月末あたりだったと思う。

午前中、宇部市内のボウリング場で仕事をこなし、その後パチ屋に移動。

丁度お昼時になったのでランチ処に向かう。

折角宇部まで来たので、ご当地ラーメンである宇部ラーメンでも啜って行こう。

宇部ラーメンと云えば、一久がパッと頭に浮かんだ。

宇部で仕事をしたのは20数年ぶり、店名は思い出せないけどその時も

仕事先近くのラーメン屋さんに行ったことがあった。

スマホで「宇部␣一久」で検索してみると近くの、新川店がHIT!

あいにく駐車場がないようなので駅前のコイパに車を置き入店。

記憶では一久はチェーン店だった筈、YSフードみたいなお店なのかなぁ?

メニューを手に取り注文したのは基本であろうラーメン550円。

わりかしお手頃価格なんだね。

看板には中華そばと謳ってあるがメニューには書いてなかった。

ほどなく待ちラーメンが着丼。

おぉ~結構な獣臭が漂ってくる。

大牟田の便所ラーメンを思い出す(笑)。

いいねぇ~♪

まずは茶褐色色のスープから啜ってみる。

わりと濃い目、粘度も高めで結構美味しい。

ただ旨味より素ダレがやや主張気味って印象のスープに感じた。

麺は久留米系に多い中太麺で茹で加減はデフォだったけど、

わりといい感じの茹で加減(やや柔しあげ)。

具材はネギ、チャーシュー、メンマとシンプル。

これが宇部ラーメンの代表格なんだなぁ~って思った。


住所:山口県宇部市中央町1-9-14(宇部新川駅前) Pなし営:11時~  休:無し

このページのトップヘ