くーぱーのblog

カテゴリ: 山口県


2019091201

2019091208

2019091202

2019091207

2019091203

2019091204

2019091205

2019091206


前回UPしたオムライスを食べた日の仕事終わり、夕食でも食べて帰ろうと

言うことになり、スマホナビで夕食処を検索してみた。

すると高速道路のサービスエリアのフードコートがHITした!

何やら、年間20万食出る美東ちゃんぽんが大人気と紹介されている。

単純計算すると1日あたり、約548杯販売されていることになる。

しごと仲間に話すと、なんの異論もなく決定した(笑)。

既に午後10時過ぎだったため、フードコートの客はまばら。

券売機で目的のちゃんぽん(税抜780円)を購入。

その後食券の番号を呼ばれたので厨房カウンターで受け取りに行く。

席に戻り、先にスープから啜ってみる。

おいしぃ~♪

すんごくマイルドでありながらコクのあるスープ。

ぐびぐびスープが飲める。

麺はわりと太目でコシがって喉越しの良さも抜群。

具材は数種の野菜と海老イカあさりなどのシーフード、

他にはウズラの玉子、蒲鉾、木耳などが入っていた。

たしかに年間20万食越えは納得のちゃんぽんだと思った。

ちなみに上りのSAにはこの美東ちゃんぽんは食べられないみたい。

中国自動車道下りを利用した際には立ち寄ってみてください。


住所:山口県中国自動車道下り美東SA内  駐車場あり 営:7時~25時 休:無休 


2019091801

2019091802

2019091803

2019091804

2019091805

2019091806

2019091807

2019091808


山口シリーズパート2。

場所的には中国自動車道山口ICを降り、国宝で有名な瑠璃光寺五重塔に

向かう途中っていうか丁度その中間くらいのところにこの店がある。

仕事先近くには飲食店が全くなかったので、しごと仲間ら4人で入店。

時間的には午後1時半は過ぎていたような?

メニューを手に取り決めたものは豆腐の入ったオムライスセット。

オムライスは何度も食べたことはあるが、豆腐入りオムライスは初めて。

たしかに創作レストランと謳った通りのメニューに惹かれた(笑)。

ちょっと話は逸れるが、旅行とか出張とかで外食するときに

自分はその土地の名産ものや、郷土料理を食べたいと思うタイプなのだが、

同行者の中には経験したことのない食べ物には決して手を出そうとしない人が

少なからずいらっしゃる。

外したくない、不味いかもしれないと思う気持ちは十分理解できる。

しかしながら非常に勿体ないと思うのだが・・・(汗々)。。。

読者の皆さんはいかがでしょうか?

ここから軌道修正。

しばし待ち運ばれて来たのはグリーンサラダ。

箸を付けずにメインの登場まで辛抱する(笑)。

その後少し間を置いてオムライスがやって来た。

パッと見た目感じは洋風版天津飯の様な感じ?

先にサラダからむしゃむしゃ。

サラダは極々ふつう。

ではオムライスをスプーンからパクリ。

おいしぃ~♪

上から掛けてあるとろみの餡はコンソメスープのようなお味。

温かいジュレスープって感じかな??

オムのほうは豆腐を崩したものに卵を溶き入れたもので、もうふわっふわ♪

表現は違うけど、とろっとろの茶わん蒸しの様な味わい。

中のライスはよくあるケチャップ味のチキンライスではなくって

和風チキンライスって感じで味付けは醤油味ベースだと思う。

これもオムとよく相まってすんごく美味しかった。

追加料金でデザートやドリンクを付けれるみたい。


住所:山口県山口市大内御堀2385-81 駐車場あり 営:11:30~ 休: 木



2019090401


2019090402


2019090403

2019090404

2019090405

2019090406

2019090407


訪麺したのは、昨年9月初旬くらいだったかな?

客先は山口市内の湯田温泉のとあるエリア。

しごとはめちゃ簡単で1時間くらいで終了した。

終わったのが午後1時半ばあたり。

折角山口市まで来たので、何か名物でもと考えて思い浮かんだのがばりそば。

スマホで検索するとわりと近くにお店を発見!

店舗裏手の駐車場に行くと、生憎の満車状態。

え~1時半まわってるのにすんごい盛況なんだねぇ~。

十数分ほど待ってると、一気に数台分の空きが出来た。

しか~し店舗に入ると、これまた数組の待ち客が・・・(マジ?)。

ここでまた十数分時を過ごす。

並んで待ってると、ちょうど券売機の前に来たのでお目当てのばりそばを探す。

あれっ?

メニューにばりそばがない(汗々)。。。

1つ前に並んでる男性客に「あのぉ~ばりそばってやきそばのことですか?」

と尋ねてみると「そうやきそばがばりそばのことですよ」と教えてくれた。

ってことで、やきそばとギョーザをポチっと押す。

そこからまた席に着くまで10分弱。

店内をよ~く観察してると、こちの店舗すべてテーブル席。

一人客でもテーブル席をおひとりおひとりが使っておられるため

回転率が低いことが分かった(苦笑)。

店内に入って料理が出てくるまで30分くらいかかったと思う。

ばりそばは写真のように、揚げ麺に中華餡のかかった云わば

皿うどんタイプ。

正確には違うとは思うけど、あくまでパッと見の印象。

麺を箸で食べやすい様に崩し、具材と一緒にバリバリする(笑)。

見た目の印象と違って、中華餡はさらっとしててとろみ感が弱い。

分かり易く言えば、しゃばしゃばの中華スープがかかったような餡。

なのでお皿にスプーンがついているんだね~(ウンウン)。

お味はまさに中華の鶏ガラスープのような感じ。

揚げ麺はお馴染み皿うどんの細麺と比べて、やや太めで香ばしさが最高!

一緒に頼んだ餃子はパリパリでまいう~だった。

まだ山口シリーズが残ってます(笑)。


住所:山口県山口市本町 駐車場あり 営:11時~ 休: 月・火

 朝食バイキング
イメージ 11

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




ビンゴゲーム大会
イメージ 7

イメージ 8

ビンゴ景品あれこれ
イメージ 9




記念写真
イメージ 10




2017年の忘年会は飲み過ぎて二日酔い、なので翌朝のバイキングはあんまし食べることが出来なかった。

なので今回(2018年)の忘年会は、反省を踏まえ夜のお酒をセーブした。

お蔭で、朝6時ころ目が覚め朝風呂にも入ることが出来た。

日頃は滅多に朝ごはんを食べないんだけど、こういったところではもりもり食べれるから不思議(笑)。

宴会が終わったあとは和室に集まり、毎回恒例のビンゴ大会のはじまり~♪

景品はクラブ会費で購入する物と、参加者個々が自宅に眠っているタオルとかお酒などを

景品として持ち寄り参加者数に配分するようにしている。

この景品の中でも一番の狙いはオイル交換券(2台分)、これはミニクラブのショップが毎回出してくれている。

実はミニクラブの忘年会はこのビンゴ大会が一番のメインで一番盛り上がる(笑)。

らっき~なことに今回は、ひっさびさにオイル券ゲット!!

有難うございました(感謝)。

参加者の皆さんお世話になりました。


場所は下関市みもすそ川町3-58  駐車場多数あり  HPはこちら


海峡ビューしものせき
イメージ 1

客室からのビュー(朝)
イメージ 2

客室からのビュー(夜)
イメージ 3

客室(洋室ツイン)
イメージ 4




宴会場
イメージ 5

イメージ 6

かんぱぁ~い♪
イメージ 7

食前酒 梅酒
イメージ 8

イメージ 9

お造り とら河豚
イメージ 10

薬味 安岡葱、紅葉おろしなど
イメージ 11

お凌ぎ 虎河豚寿司
イメージ 12

小鉢 身皮和え
イメージ 13

前菜2種 河豚珍味、河豚煮凝り
イメージ 14

蒸し物 河豚白子しゅうまい
イメージ 15

揚げ物 虎河豚あらから揚げ
イメージ 16

鍋 虎河豚ちり鍋
イメージ 17

イメージ 18

虎河豚ぞうすい
イメージ 19

イメージ 20

香の物3種
イメージ 21

果物 季節の物(オレンジ、梨、パイン)
イメージ 22




バイキングコーナー
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 23


イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30




先週金曜のつづき。

ステーキを食べたあと、再びてくてくと徒歩で宿泊場所まで戻る。

チェックインまであと数分だったんで、ロビーで待機する。

その後、大浴場でひとっ風呂浴び、部屋に戻って缶ビール数本を参加者らと一緒にグビグビ(笑)。

予定していた宴の時間が近づき、みんなで会場に移動。

予約していたのは河豚三昧のふく一番コース(料理のみ8640円~)。

やっぱ下関の河豚は美味しいねぇ~♪

まぁどこで食べてもあんま変わんないだろうけど、なんか下関のは別格に思える(笑)。

次回は朝食バイキングなどの予定。


場所は下関市みもすそ川町3-58  駐車場多数あり  HPはこちら


このページのトップヘ