くーぱーのblog

カテゴリ: 筑後地区



創業1931年(昭和6年)


2019100101

2019100102

2019100103

2019100104

2019100105

2019100106

2019100107

2019100108

2019100109

2019100110


行ったのは昨年10月のはじめ頃だったかな。

この日は久留米市内で特殊レンタカーを借りて、客先の柳川市へ向かった。

仕事終了後は一旦久留米に戻りレンタカーを返却する。

時間は12時回った頃だったので予定通り、調べて来たランチ処に移動する。

このお店を知ったのは数年前のことで、筑後出身のミニグラブの友人Fくん。

「久留米に開店して100年くらいになる老舗食堂があるんよ」

なんでもカツ丼が有名とのこと。

その話を聞き後日調べてみると、カツ丼も人気なようだが肉丼も美味いらしい。

いつか機会があったら行ってみたいなぁ~と思い数年が過ぎていた。

で今回、思わぬ絶好の機会が到来したって訳(笑)。

お店には駐車場がないので、近隣のコイパを探してみると直ぐお隣に発見!

ラッキーなことに1台分の空きがあった。

お店は如何にもザッ昭和って雰囲気満々の外観!!

いいねぇ~♪

幾度のかの修理もしてきてるんだろうけど、

大幅なリフォームはしてこなかったんだろうね~。

暖簾を潜るとテーブル席は満杯、すぐに店員(娘さん?)さんが現れ、

小上がり席に案内していただいた。

これだけ繁盛してるのに、ものすご~い丁寧な接客、一流ホテル並みに思った。

店内の雰囲気もノスタルジック感満載で、すんごくいい感じ。

直ぐに何年か前に訪れたことのある下関市の大阪屋を思い出した。

注文は結構迷ったけど初志貫徹、カツ丼にした(お吸い物も追加で注文)。

お冷はネット情報でセルフって書いてたんで、厨房入り口のウォータージャグから

かわいらしいプラコップに注いで席に戻る(お茶もあるみたい)。

ほどなく待ち注文品がやってきた。

この配膳もめちゃめちゃ丁寧なものだった。

先ずはお吸い物をひとすすりする。

う~ん優しい味わい♪

具はカイワレと荘内麩(?)といたってシンプル。

でわカツ丼いってみますか。

蓋を外すと、どんぶり一面に敷きしめられた豚カツのお出まし。

その上からとろ~りとじられた半熟卵と彩の青ネギ。

うん~めためた美味しそう~♪

カツからぱくり!

肉の旨味がじゅんわぁ~んと口に溢れだしてきた。

部位はロースかなぁ?

かなりいい肉質だとおもった、まぁこのお値段だしね(笑)。

しかし豚カツの揚げ方、超上手だゎ。

豚肉の旨味を最大に引き出してる感じがする。

まぁ個人的な感想(汗)。。。

丼つゆは噂通りの甘さ、だが甘ったらしさは皆無で出汁の旨味が先に来る感じ。

たしかに店内満席なのが分かるし、100年続いてるのも納得のお味。

お会計の時に「北九州からきました。」

「めちゃめちゃ美味しかったです」と伝えると、嬉しそうなお顔をされた(笑)。


住所:久留米市に吉町5-9 近隣にコインPあり 営:11時~14時 休: 日


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


ひっさびさの飲食以外の記事です。

ラーメン2杯を食べ終えたあと向かった先は、筑前町にある大刀洗平和記念館です。

こちらも随分前から行ってみたかったとこです。

そのむかし、大戦中にこの場所に東洋一と謳われた大刀洗陸軍飛行場がありました。

昭和20年3月にB29の大空襲を受けて壊滅しました。

その後、飛行場跡地はビール工場や農地に変わったそうです。

こちらの平和記念館は1987年に個人運営として開館。

2009年10月に現在の記念館に建て替わったようです。

昨年2017年4月に新館がオープン、現在特攻というテーマの展示が行われています(2019年1月31日まで)

今回見たかったのはゼロ戦です。

正式には零式艦上戦闘機三二型という様です。

このゼロ戦の特徴は主翼の両端を50cmづつ切り落とし、丸型から角形にしたことです。

2階から見下ろしたゼロ戦の両翼の形が、自分のイメージしてるゼロ戦とは異なって違和感がありました。

ネットで調べると、それまでのゼロ戦は航空母艦に積み込む際に、主翼両端を降りたんでいたんだそうです。

しかしこの改造が仇になってしまい空気抵抗が出来てしまい、エンジンのパワーUPを図ったにも関わらず、

思ったほど速度が上がらず、おまけに軽量化するため燃料タンクを小さくしたので航続距離が落ちたようです。

そのため軍には不評で生産は僅か343機に留まりました。

このあと、一般道を通って福岡市に戻り夜の宴に臨みます(笑)。


場所は朝倉郡筑前町高田2561-1 駐車場あり 入館料:大人500円 営:9時~5時 休:年末年始


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10




うきはラーメンツアー。

2麺目は天下一品。

あの天一とはまったく関係がないお店。

道路沿いにラーメンの幟が出ていなければ、ふっつ~の民家にしか見えない佇まい(笑)。

その1軒家の奥に進むと小じんまりとした店舗が現れる。

おぉ~ここかぁ~!

ネットでは時々見てはいたが、ラーメン屋さんにしてはやや小さい気もする。

店内は左手にカウンター、右手に2卓の小上がり。

小あがりは少し狭く感じたので、同行者らと一緒にカウンターに着く。

壁にかかったメニューを見ると、らーめん400円と書いてある。

えっ~今時400円でいいのぉ~!?

めっちゃやっすぅ~~~!

で、そのらーめんをお願いした。

ほどなく待ちらーめんが出来あがってきた。

シンプルで美味しそう♪

具材は見ての通り、チャーシュー、キクラゲ、海苔、葱。

レンゲが見当たらなかったので、どんぶりをかかえスープをズズズっと啜る。

うんまぁ~ぃ♪

こちらのスープもすんごくあっさりしてて優しい感じ。

あっさりはしてるけど、1麺目同様に旨みはなかなかのもの。

麺は中細くらいかなぁ?

茹で加減はふつうにしたけど、もうちょい軟らかいほうがいいかも?

チャーシューの肉質も美味しかった。

多分?サービスで出して頂いたポテトサラダもお母さんの手作りって感じで美味しかった。

2麺目のスープもすんごく美味しかったんで全部飲み干してしまった(笑)。

今回のラーツーは夜が控えていたのでこれでおしまいです。


場所はうきは市吉井町橘田252-2  駐車場あり 営:11時~2時 5時~9時 休:火の夜



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



同行者が食べたチャンポン
イメージ 10




こないだ行った、うきはラーメンツアー。

1麺目は予てより一度行ってみたかったペルー軒。

ネット情報に依ると創業者が何やら南米ペルーに行って帰国してお店を開くときペルー軒と名付けたらしい。

ちなみに2018年現在、創業58年なので開店したのは昭和35年ということになる。

博多駅から同行者の車に乗って出発するも、交通事故のため大渋滞・・・・・

到着したのは午後1時近かった(汗)。。。

テーブル席は埋まっていたので、同行者らとカウンター席に着く。

注文したのは基本であろうラーメン。

先客注文があったようで、暫し待ちラーメンが出来上がる。

おぉ~これが有名な薄焼き玉子なんだぁ~(感激)!

先ずはスープからいく。

おいしぃ~♪

すんご~くあっさりしてるけど、旨みはガンガンにくる。

麺は中細くらいか?

ふんわぁ~りした食感、この優しいスープとよく合ってるなぁ~。

チャーシューはほろほろっとしてて、肉の旨みもあってすんごく美味しいなぁ~。

薄焼き玉子はピザをカットしたような形で恐らくフライパンで焼いたあと8等分した感じ。

余りにも美味しいスープだったんで久々に全部飲み(笑)。

2麺目に続く。


場所はうきは市吉井町1307-4 営:11時~21時30分 休:不定  P:近くのロータリークラブのP利用可


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6







住所:みやま市瀬高町長田2633‐1  駐車場あり 営:7時~19時 無休

このページのトップヘ