くーぱーのblog

カテゴリ: 筑後エリア


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


あの「マツコの知らない世界」で紹介された東京堂製パンのホットドッグを頂きました(多謝)。

久留米のホットドッグと言えば、キムラヤ(閉店)が有名ですが、東京堂もかなりの有名店なんだそうです。

番組を見られた方なら、わかるかと思いますが、一般的なソーセージを挟んだものではなくって

プレスハムを挟んだものが久留米のホットドッグなんです。

以前ケンミンショーでも紹介されました。

でお味のほうなんですが、はっきり言ってめちゃウマ、いや超~~~まいう~♪

HPが見当たらなかったんで食べログのURLを貼っておきます。

えっちゃんさんありがとうございました。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


先週3月19日(日)はミニクラブの春季ツーリングに参加してきました。

今回は参加台数8台でした。

朝7時集合場所に集まって向かう場所は久留米市。

久留米って言えば、やっぱラーメンでしょう!!

ってことで出発から約2時間後、老舗ラーメン処の丸星に到着。

所謂朝ラーです(笑)。

まだ朝の9時過ぎですが、店舗入り口には食券を買い求める客の列が出来ています。

ラーメン1枚券400円のボタンをぽちっと押します。

ちなみに以前は350円だったようです。

驚くことに店内満席です。

入れ替わりに空いた席にクラブメンバーらと座ります。

しかし店員のおばちゃんは食券を取りに来てくれません(汗)。。。

朝からてんてこ舞い状況です。

しばし待ちようやく注文を取りに来てくれました。

どうやら食券は注文品と交換みたいでした。

メンバーらは硬麺、自分は普通でお願いしました。

久留米ラーメンの多くは中太麺、硬麺は合わないだろうと思ったからです。

ラーメンが来るまで、セルフサービスのお漬物2種を摘まみながら待ちます。

先に肩麺注文のラーメンが運ばれてきたあと、数分遅れて自分の注文品がやってきました。

こちらではレンゲがテーブルに用意されてません。

お冷お茶コーナーに置かれていましたので、レンゲを取りに行きます。

お決まりのスープズームと麺リフトをやってからスープをズズッと啜ります。

うんまぁ~♪

ラーメンの具材は叉焼、海苔、葱と如何にも久留米らしいトッピングです。

ネット情報に依ると、時間帯でスープの濃度が変わるそうです。

朝の時間帯なのか、それほど濃厚さはなくってわりかしライトテイストな感じです。

なのでスープがグビグビいけます(笑)。

しっかり時間帯を計算してスープづくりをしているのだと思います。

流石老舗のラーメン屋さんです。

朝から多くの客が押しかけてる訳が分かります(笑)。

実は、今年になって初めてラーメン(インスタント類等を含む)食べました(汗々)。。。


場所は久留米市高野2-7-27 (R3沿い) 駐車場多数あり(大型車可) 営:24H 休:第2、4木

H25年8月
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


昨日UPしたお店を出たあと、電話をかけまくる(汗)。。。

営業してたのは久留米ラーメンの有名店「梁山泊」。

インターネット情報では、大龍花畑本店の店長さんだった方が独立して始められたらしい。

まさにこれぞ、ザッ!久留米ラーメンっ印象のラーメンだった。

残念ながらその後閉店、2015年11月に別のラーメン店(久留米ラーメン丸久)がオープンしたとのこと。


2022年5月福岡県久留米市日吉町9-15に復活!!

H25年8月
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


今週も蔵出しシリーズ。

珍しくラーメンネタ(笑)。

らーめんくーぱーなのに(汗)。。。

行ったのは4年前のお盆休み。

予定していた店に電話してみるも、ことごとくお盆休み休みで目標総崩れ(苦笑)。

そんな中やっていたのが、こちら。

メニューをみればわかるように、ラーメン専門ってよりラーメンが人気の街の食堂みたいな感じ。

中でも焼めしが人気な様だった。

ラーメンと一緒にセットで頼むのが当たり前らしい?

この日は2軒予定してたんで、涙ながらに焼めしは見送った。

久留米はラーメンと焼き鳥の知名度が高いが、ここ何年か久留米焼きめしの知名度が高まっている。

次回行った時には必ず食べてみたい。


場所は久留米市安武町安武本3057 駐車場完備 営:11:00~ 休:日祝

2012年5月
イメージ 1
外観

イメージ 2
内観

イメージ 3
当時のメニュー

イメージ 4
薬味など

イメージ 5
ラーメン

イメージ 6
スープズーム

イメージ 7
麺リフト

イメージ 8
東洋軒初代


行ったのは4年前のゴールデンウィークです(汗)。。。

唐津のラーメン屋さんを食べたあと、柳川経由で大牟田に移動した記憶があります。

GWだったのか、第一候補のラーメン屋さんはなんと臨時休業(ウソ)。

第2候補、第3候補も閉店・・・・・(泣)。。。

で入ったのが大牟田ラーメンの第一人者的なお店のこちらです。

夕方だったのか、先客はカウンターに1人。

注文はラーメン、その当時価格は530円でした。

昭和26年から少しずつ進化を続け、現代風なお味に変化を遂げたんじゃないでしょうか?

なかなか美味しいラーメンでした。

P.S.ラーメンは現在550円(2016年1月)になってる様です。


場所は大牟田市不知火町1-4-18 専用駐車場あり

このページのトップヘ