くーぱーのblog

タグ:ジョイフル


2022091201
2022091202
2022091222
2022091223
2022091204
2022091205
2022091206
2022091208
2022091209
2022091210
2022091207
2022091211
2022091212
2022091213
2022091214
2022091215
2022091216
2022091217
2022091218

朝食シリーズ(笑)

今回はジョイフルで新しく始まった時間限定のモーニング。

随分前からモーニングタイムが撤廃され、いつでも注文出来るようになってた。

ところが・・・

モーニングネタを検索してたらいつでもモーニングとは別に、

時間限定のモーニングメニューが新たに加わっていることを知った。

しかし・・・

あんまし食指が動かされるようなメニューではなかった(汗)。。。

小倉トーストとか苦手だし、ヨーグルトとかあんま食べないし・・・

目玉焼きトーストとか態々食べに行こうとは思わないしなぁ(苦笑)。

和食系だと目玉焼き、ひじき、ほうれん草、ウインナーの目玉焼き朝食。

あとそれに納豆が付いた目玉焼き納豆朝食。

白ごはんとウインナーやベーコンって正直苦手な組み合わせなんだよねぇ~。

ウインナーは基本ビールと一緒が大好きなんだわぁ(笑)。

ナポリタンとかピザトーストの具材とかにはよく使ってるけどね。

温ったかい白ごはんと一緒にウインナー食べるの、なんか嫌いなんだよな~。

でもお弁当のおかずに冷めたウインナーが入ってるのは嫌じゃないんだよね(笑)。

で、熱々ご飯と一緒にウインナーを美味しく食べる方法がないか調べてみた。

あれこれ検索してたら目玉焼きウインナー丼最強!!

みたいなレシピが多数みつかった。

う~ん、見たことないし食べたこともない。

そんじゃぁ~試しにやってみるか?

前振り長すぎたけどジョイフルに出発。

9時半ころ到着。

大体この時間帯がどこの飲食店も客が少ない。

入店するとシニア世代の男性客が3名ほど。

よしよし予定通りの人数(笑)。

ドリバ近くの席に着き時間限定のモーニングメニューを手にとる。

あぁ~いつでもモーニングメニューもラインアップされてるのね。

グランドメニューと見比べたけどお値段も内容も全く同じに見えた(笑)。

ワイヤレスコールを押し予定通りに目玉焼き朝食(込394円)を注文。

ご飯は大盛りをお願いした(大盛りも同じ料金)

ドリバ付きなんで最初の1杯目は玄米茶にしてみた。

お茶を飲み干す頃、注文品がやってきた。

あれぇ~目玉焼き失敗してるやん。

ちょっと火が入り過ぎてるよ(トホホ)。

まっこんな日もあるさ。

では事前に考えて来たシミュレーションを実行することしよう!

①.先ほど飲み干したカップにお湯を半分ほど注いで来る。

②.みそ汁にほうれん草を全部投入。

③.塩分濃度を下げる為、お湯をお椀に注ぎほうれん草入りみそ汁が完成。

④.ほうれん草が無くなったエリアにお漬物を移動。

⑤.お漬物がなくなった小皿に大盛りご飯を半分ほど移し替える。

⑥.半分減らした飯椀に目玉焼きを乗せウインナーを添える。

⑦.目玉焼きの黄身を割って醤油を適量垂らす。

⑧.ナイフを使ってウインナーを細かくカット。

⑨.ウインナーと目玉焼きをよ~く混ぜて、ミニ目玉焼きウインナー丼が完成。

初めて目玉焼きウインナー丼食べてみたけど、これなかなか美味しいやん♪

最強までとはいかないけど、白ごはんと組み合わせは悪くない。

恐らく目玉焼きがいい脇役になってマイルドにしてるんだろうと思う。

一膳目のミニ目玉焼きウインナー丼を食べ終えたら二膳目の実行開始!

⑩.お漬物の小鉢に盛ったご飯を飯椀に戻し平らにならす。

⑪.ひじきをご飯中央に盛りつけていく。

⑫.お好みでお漬物を添える。

⑬.ドリバで梅昆布茶をカップに注ぎお湯で少し薄める(塩分調整のため)。

⑭.カップに注いだ梅昆布茶をひじきご飯に掛け、ひじき梅昆布茶漬けが完成!

正直言って邪道な食べ方とは思うけど一膳目も二膳目もめちゃ美味しかった。

次回は目玉焼きトーストをアレンジしてみっかな(笑)。


2022072101
2022072102
2022072103
2022072104
2022072105
2022072106
2022072107
2022072108
2022072109
2022072110
2022072111
2022072112
2022072113
2022072115
2022072114
2022072116
2022072117
2022072118


チキン南蛮シリーズ3回目。

今回はジョイフル。

入店したのは10時半ころ。

流石に店内の客はまばら。

レジ近くのテーブルに着くとスタッフが直ぐ様カラトリーを運んで来た。

リーズナブルなランチメニューにはチキン南蛮はなかった。

なのでグランドメニューからチキン南蛮定食(込724円)を注文。

待つ事10分弱、注文品が登場。

思ってたよりチキンのサイズが大きい。

というかメニュー写真通りの大きさだった(笑)。

メニュー写真に騙されることが多いのでこういうのはすんごく良心的。

ジョイフルのチキン南蛮は一般的なタルタルが覆っているタイプではなくって、

タルタルが添えてあるタイプ。

先ずはみそ汁をひと啜り。

具材は若芽と薄揚げ。

この時ぱっと閃いた!

そうだ小鉢のほうれん草をみそ汁に入れてみよう。

そのほうれん草をみそ汁に入れる前、ひと切れ味の確認。

ほうれん草は薄味だったんで安心してみそ汁に投下!

チキン南蛮の繊キャベから先に食べ切ってしまう。

ではチキン南蛮頂いてみますか。

最初はデフォルトからパクリ。

カリッ、サクサク!!

うん、美味しい♪

鶏肉の部位は多分?モモ肉だと思う。

次はレモンを絞ってかけて、タルタルを絡めてパクッ!

タルタルはどちらかというとタルタル風のマヨネーズだった。

個人的には粗みじん切りの玉子たっぷりのタルタルが好きなので少し残念・・・

お味的にはまぁ可なく不可なしって印象。

次はどこのチキン南蛮にしよっかなぁ~?


2022051941
2022051942
2022051943
2022051944
2022051945
2022051946


2022年ラーメンツアー休憩編(笑)

門司で2麺啜ったあとなんか冷たいものでも飲みたいねぇ~ってことになり、

寄ったのが全国区のジョイフル。

で冷たいメニューを見てたらかき氷が食べたくなった(笑)。

自分はつぶつぶいちご(394円)、同行者は山梨産白桃(438円)を注文。

ほどなくしてやって来たかき氷。

めっちゃおいしそぉ~♪

スプーンを入れた途端ふわふわっとしてるのが手に伝わる。

口に運んだ瞬間、

おぅ~~!

めためたふんわりしてる~♪

ジョイフルのかき氷マジウマだよ~。

苺のつぶつぶの食感がなんともいえない美味しさ。

食べてる途中すこ~しアイスクリーム頭痛来たけど楽々完食。

お陰で身体が冷えてさっぱり気分になった。

ラーツー門司編これでおしまい。

次回はラーツー筑豊編の予定。


2022041501
2022041502
2022041503
2022041507
2022041504
2022041505
2022041506
2022041508
オニオンコンソメ
2022041509
クリーミーポタージュ
2022041510
コーンポタージュ
2022041511
2022041512
2022041513
2022041514
2022041516
2022041515
2022041518
2022041517
2022041519
2022041520



カツカレーシリーズ。

先月(2022年3月)ジョイフルでチーズカレードリアを食べてたんだけど、

ドリア以外のカレーメニューにロースかつカレーがあったのを思いだした。

丁度カツカレーシリーズやってるんで再びジョイフルに出かけることに。

到着したのは10時ちょい前、入店すると先客は2組(3人だったような?)

まっ、狙い通りの客数。

いつもの席に着きグランドメニューを手に取る。

事前にメニューは調べては来てるんだけども一応確認のため。

コール釦を押しロースかつカレー(込768円)とスープバー付サラダセット(込220円)を注文。

スープバーで選んだスープはオニオンコンソメ。

1杯目のスープを飲んでたらサラダ(彩りサラダ)が運ばれて来た。

ベースのレタスにコーン、トマト、ブロッコリー、オクラが配置され、

見た目の彩がネーミング通りとても綺麗。

ドレッシングは和風のオニオン系だろうか?

サラダには箸を付けずカレーが来るまでそのまま放置(笑)。

2杯目のスープはクリーミーポタージュにしてみた。

2杯目を飲み終える頃、ロースかつカレーが登場!

お~美味しそう♪

豚カツの形が少し気にはなるが・・・

赤い福神漬けじゃなく、黄色い沢庵ってのがなんか意表を突かれた(笑)。

3杯目のスープは3種目のコーンポタージュにしてみた。

いつものパターンでサラダから一気に食べ切ってしまう。

 ちなみにスープバーのみが付いた彩りサラダのセットは220円(税込)なんだけど、

同じ単品の彩りサラダは176円(税込)なんだよね~。

こないだ食べたカップサラダから比べると十分お得価格なんだけども、

僅か44円+でスープバー付に出来るのってお得過ぎると思う。

サラダのあとは本命のロースかつカレーを頂いてみる。

最初はルーとライスからパクリ。

あんまっ!!

すんご~くフルーティなカレー。

いろんな果物とか使ってる様な気がする。

苦手な砂糖系の甘さじゃなくって、どちらかというと爽やかな甘味。

いやぁ~このカレーは実に美味しい。

甘くどさを感じ無いんで食べ進んでも全然飽きがこない。

ほんとパクパクいけるわ。

それではロースかつをひと切れ箸で摘まんでパクッ!

う~ん。

びっみょう(汗)。。。

正直言ってジューシーさにやや乏しい気がする。

ロースかつの断面は綺麗な一枚肉に見えるんだけどなんとも言えず・・・

あくまで単なる推測なんだけど、ロースかつってのがなんだかちょっと(汗)。。。

もうちょい脂のある部位の方がそれらしい気がするのだけども。

もしや成型?と思ってしまった。

間違ってたらごめんなさいね(ぺこり)。

カツカレーの他にシンプルなカレーライスも是非メニューに加えて欲しいと思う。

こんなフルーティなカレーはトッピングがなくても十分美味しいと思ったから。

刺激的なカレーが好みの方は物足りないとは思うけどね。

にしてもサラダセットは素晴らしいコスパだ!


2022030801
2022030802
2022030803
2022030804
2022030805
2022030817
2022030818
2022030806
2022030808
2022030807
2022030809
2022030810
2022030811
2022030812
2022030813
2022030814
2022030815
2022030816


ファミレスカレー3回目はジョイフル。

出発前にHPをチェック!

残念ながらランチメニューにカレーは見つからなかった・・・。

気を取り直してグランドメニューをみてみると、

軽食(ライトミール)のほうにカレーメニューが2種見つかった。

一つはロースかつカレー(税込768円)

もう一つはごろごろ野菜のチーズカレードリア(税込614円)

う~ん、どっち食べてみる?

どっちかといえばカレードリアに食指が動くなぁ~。

ってことでモーニングとランチの間くらいの10時頃を目指して出発。

駐車場に着いて唖然・・・

なんと5,6台もとまっている。

今回はちょっと予想を外した(汗)。。。

入店すると車と同じく5,6組の先客。

密を避けるべく離れたテーブルに着く。

メニューから選んだものはリサーチしたチーズカレードリア。

単品じゃ絵が寂しいのでスープバー付のサラダセット(税込220円)を追加。

スープバー付にしたのって何年ぶりかなぁ?

記憶にないくらい遥か昔々だろうな。

早速スープバーでオニオンコンソメを注いで戻る。

塩味(えんみ)は丁度いい感じ。

2杯目はクリーミーポタージュにしてみた。

半分くらい飲むと底の方にダマが固まっているの気付く(汗)。

しょうがないのでスープバーマシーンのお湯を注いだあと攪拌して飲み干した。

スープを飲み干す頃、カラフルなサラダがやってきた。

牛丼御三家に比べるとゴージャス仕様だな。

コーン、トマト、ブロッコリー、オクラ、ポテサラ、レタスなど。

赤、黄、緑と色彩も美しくスープバーが付いて220円とは天晴価格だと思う。

ドレッシングは予め掛けてあるようだ。

とりあえず写真だけ撮ってメインが来るまで放置(笑)。

待ってる間3杯目目はコーンクリームを注いでみる。

コーンクリームあんっま!

砂糖ほどの甘さはないけど結構な甘み(汗々)。。。

その後待つ事数分、メインのカレードリアが登場!!

おぉ~美味しそう~♪

残念ながら、門司港焼きカレーみたいにぐつぐつしてはなかった。

では玉子を崩して底の方からよ~くかき混ぜて、

スプーンに掬ってパクッ!

うっ、うんまぁ~♪

カレードリアめっちゃおいしい。

正直言うと期待してなかった分、目から鱗的な衝撃な美味さだった(笑)。

辛さはかなり抑えてあって、強烈な甘さは全く感じない。

マイルドな味で老若男女どなたでも満足出来るカレーなんじゃないだろうか。

悪く言えば個性低目タイプで刺激的カレーが好きな人は少々物足りないかも?

大衆カレー大好きな自分は、超大好きなタイプのカレー(笑)。

トッピングはポテト、トマト、パプリカ(赤、黄)、ブロッコリー、揚げ茄子など。

サラダ同様に彩も鮮やかで見た目のビジュアルの素晴らしい。

多少不満だったのはグラタン皿の底のライスがカリカリじゃなかったこと。

もうちょい火を入れてカリカリライスを作って貰えると私的に完璧だな。

ジョイフルのチーズカレードリアめちゃめちゃ満足のカレーだった。

さて次はどこのカレー食べてみよっかな?



このページのトップヘ