くーぱーのblog

タグ:南福岡駅


2022060861
2022060862
2022060863
2022060864
2022060865
2022060866
2022060867
2022060868
2022060869
2022060870
2022060871
2022060872


2022年呑兵衛ツアーラスト 

3軒目の角打ちでいい感じに酔ってふらつきながら着いた〆のラーメン屋。

場所は福岡市博多区春町のこちら

西鉄雑餉隈駅から徒歩で約8分くらい。

入店したのは午後5時半ちょい前あたり。

先ず注文したのはハイボール(笑)。

つまみ欲しいね~。

ってことで餃子を1人前(6個350円)注文。

餃子を食べ終える頃ようやっと〆のラーメン(600円)をお願いした。

ハイボールが効いたのかラーメンの味の記憶がほとんどない(爆)!

ほんのり覚えているのは脂強めのスープだったような記憶がある。

メニュー写真を見るとコクのある醤油豚骨味と書いてあるけども、、、

完食したのかどうかも思いだせない(汗)。。。

このあと同行者の肩を頼りに最寄りのJR駅まで千鳥足でふらふら(大汗)。。。

どうやって家まで帰ったのかも全く覚えていない。

ひっさびさにぐでんぐでんになった一日だった(苦笑)。

2022年呑兵衛ツアーおしまい。


2022060841
2022060842
2022060843
2022060844
2022060845
2022060846
2022060847
2022060848
2022060849
2022060850
2022060851
2022060852


2022年呑兵衛ツアーその3
 
ほろ酔い気分で向かった3軒目は当初2軒目に予定していた角打ち(立ち呑み)。

場所は西鉄大牟田線の雑餉隈駅から徒歩8分くらい。

JRだと南福岡駅から徒歩で約12分(1km弱)。

ストリートビューだとこんなかんじ。

ガンダム見た後歩いて40~50分の予定だったんだけど、地図を見間違ってしまい

先に焼肉を食べてしまったんで3軒目に後回し(汗)。。。

事前に南福岡の角打ちを検索したらHitしたいい感じだったんでここにした。

到着したのは午後3時半ちょいすぎあたり。

入店するとおじさんばかりかと思ってたら、、、

あらま?

先客は若いおにぃさんとおねぇさん。

へぇ~?

店内は時代を感じさせる角樽や酒樽などのオブジェが飾られ、

色褪せた律子さんのポスターが貼られている。

そういやここに来る途中ボウリング場があったな(笑)。

もしかして律子さんも角打ちしたのかな?

とりあえず注文したのは瓶ビール。

ぐびっと喉を潤す(笑)。

つまみに選んだのは冷奴と6pチーズ。

あっという間にビールを1本あけた後は、日本酒を注文。

出て来たの白鶴のワンカップ(笑)。

白鶴初めてのんだけど意外に優しくてほんのりと甘い口あたり。

つまみは自家製の白菜の浅漬け。

御主人曰くお店のナンバーワンおつまみとのこと。

なんちゃないお漬物なんだけどこれがめちゃめちゃ美味かった(笑)。

同行者は自家製梅酒をチョイスしてた。

3本目は先客が美味しそうに飲んでた麒麟氷結を飲んで見た。

先客後客、見知らぬ客同士で何気ない日常会話を楽しみながら時を過ごした。

結構まわって来たんで〆の一杯を啜ろうと店をあとにした。

4件目へとつづく・・・


2022060821
2022060822
2022060823
2022060824
2022060825
2022060826
2022060827
2022060828
2022060829
2022060830
2022060831
2022060832
2022060833
2022060834
2022060835
2022060836

2022年呑兵衛ツアーその2

ガンダムを見て、たこ焼きを食べたあと向かった先はJR南福岡駅。

腹ごなしのため歩いて行こうってことで、初夏の暑さの中てくてくと進む。
 
しかしスマホのナビの方角を間違ったことに気付くのが遅れ、、、

歩くこと約1時間半(滝汗)。。。

迷いにまよってようやく目的のお店に辿り着いた。

スマホのナビ情報では徒歩で4~50分だったのだが・・・

いつか行ってみようと思ってた「びっくり亭本家」。

北九州にもこのお店のような類似品が食べられるお店があるのだが、

以前食べた類似品の印象が低くて、どうしても本物が食べてみたかった。

入店したのは午後2時半過ぎ、店内のお客は半分ほど。

注文したのは生ビール(550円)と本命の焼肉1人前(800円)。

先にビールが登場!

からっからに干あがった喉にキンキンに冷えたビールを流し込む。

グビグビッ!

ぷっは~♪

う~ん、ようやっと生き返ったばい(笑)。

額に汗を流しながら喉が渇いたのを我慢して歩いて来たからね~(笑)。

待つ事10分弱、待望の焼肉がジュージューと音を鳴らしながらやって来た。

おぉ~おいしそう♪

テーブルに用意された小さな拍子木を焼肉鉄板の下に敷く。

傾斜が出来て脂が流れて来た鉄板の端に辛味噌を少量投入。

脂に辛味噌を混ぜ合わせたあと焼肉とキャベツを絡まてパクッ!

うっ、うんまぁ~♪

なんなんこれ?

昔小倉で食べたあの類似品(パクリ?)あれはなんだったん??

もう全然違う。

全くの別もん。

やっぱ本家のはレベルが違うわ!

これはまじでバリウマっす。

大蒜がいいしごとしてるよ~♪

ビールをぐびっとしたあと、焼肉をぱくっ。

再びビールをぐびっとしたあと、焼肉とビールを交互にローテ。

恐ろしい速さでビールがなくなっていった(笑)。

2杯目はハイボールにしてみた。

今度はハイボールで交互にローテ。

あっというまに完飲完食!

初めて味わった「びっくり亭本家」は最高だった。

ほろ酔い気分で次のお店へ移動(笑)。

3軒目は角打ち。


このページのトップヘ