くーぱーのblog

タグ:福岡市


2022042321
2022042322
2022042323
2022042324
2022042325
2022042326
2022042327
2022042328
2022042329
2022042330


2022年初ラーツー2麺目は非豚骨系のこちら。

場所は福岡市東区三苫、西鉄貝塚線三苫駅から徒歩で4、5分くらい。

JR香椎線和白駅からだと徒歩で30分弱くらいかな?

到着したのは12時ちょい過ぎあたり、駐車場は辛うじて1台空いていた。

流石に店舗前には客が並んでた。

列に並ぶ前、受付シートに名前を書き込む。

待ってる間スマホで佐渡友のメニューをチェックしてみた。

基本は醤油らー麺だというのがわかった。

お初のお店ではなるべく基本味を食べることを心掛けている(笑)。

サイドメニューのご飯ものと一緒に注文するのが人気みたい。

流石に2麺目なので今回はパス(笑)。

その後名前を呼ばれたのが13分ほど経ったころ。

入店すると超~満席、非豚骨系ラーメン店なのか家族客が多い。

店内はおしゃれな和食店って印象、めっちゃ女性受けするような内装だ。

4人かけのテーブルに案内され、メニューを手に取る。

事前にスマホでメニューチェックしてたんで迷うことなく醤油らー麺を注文。

麺の硬さを聞かれたんでやわ麺でお願いした。

待つ事10分弱、注文の醤油らー麺が登場。

おいしそう~♪

ぱっと見の具材はチャーシュー、白葱、貝割大根など。

先ずはレンゲに掬ってスープをズズッ。

うんまっ!

すっきり爽やかテイスト、旨味成分も十分。

デフォで振りかけられた粗びき胡椒がスープの輪郭を整えキリッとさせている。

お次は麺を啜る。

自家製ストレートの中太でやや平打ちって感じ、

つるつるしながらもふわっとした食感で喉越しも抜群。

スープとの絡みも素晴らしく、よく研究された麺だ。

やわ麺で注文してたんでかなりのやわやわ麺仕上げだった(笑)。

味付けされたチャーシューはスープとのバランスもよくすんごく美味しい。

いやぁ~ファミリー客が多いのも納得のラーメンだな。

只、余りにも上品過ぎるが故に個人的にはB級要素的なものもあるといっかも?


2022042301
2022042302
2022042303
2022042304
2022042305
2022042306
2022042307
2022042308
2022042309
2022042310
2022042311
2022042312


2022年初ラーツー。

てか今年初めての外食ラーメン(笑)。

行ったのは4月ゴールデンウイーク直前だったかな?

待ち合わせのJR駅前でピックアップしてもらい向かったのがこちらのお店。

何やら家系ラーメンの流れとのこと。

家系に関してはほとんど知識がないため事前情報なし(汗)。。。

まっそのほうが新鮮かなっ?

場所は福岡市東区のJR九産大前駅ちかくらしい。

到着したのは11時20分くらい。

店舗前の1台分駐車スペースは既に車が駐車していた。

お店の方が現れたので付近の時間貸しパーキングを教えてもらい車を駐車。

入店すると入り口右手に食券機が現れた。

車中で白流ラーメンが基本味だと聞いてたので迷うことなく白流(込700円)をぽち♪

奥のカウンター席に案内され食券をスタッフに渡す。

麺の茹で加減など聞かれたんで麺やわめ、味ふつう、油すくなめでお願いした。

待つ事数分白流の着丼!

なるほどぉ~家系だね(笑)。

家系最大の特徴であるほうれん草のトッピング。

家系を知らない人でも知ってるくらいだと思う。

先ずはスープからレンゲで啜ってみる。

ほほぉ~元ダレ先行型にしてはちゃんと旨味成分が出てて美味しい。

具材はチャーシュー、海苔、茹でほうれん草。
  
麺を啜る。

あぁ~やわらかぁ~い(笑)。

ややずんだれ加減かな?

福岡市内のお店って麺の茹で加減をふつうで注文してもカタ仕上げが多いから

やわで注文したけどこちらは本当にやわだったんでちょっと失敗だったかな(汗)。

まっおかげでスープとの絡みは抜群だったけどね。

ごちそうさまでした。

※ひっさびさに麺リフト撮り忘れた(ぺこり)


2020071812
 2020071801
 
2020071802
   
2020071803

2020071804

2020071805

2020071806

2020071807

2020071808

2020071809

2020071810

2020071811


この日は7月半ばあたり頃だったかな?

いつものメンバーでお昼前、博多駅に集合。

西鉄薬院駅近くまでバスで移動する。

バスを降りて歩くこと10分弱、目的のお店に到着。

予想通りの行列が出来ている。

数えてみると5,6人くらい?

まぁラーメン屋なので、そんな時間は掛からないだろう。

待つ事十数分、ようやく券売機近くまでと列が進んだ。

先に食券を購入しておくことにする。

デフォのらぁめんと、麺少めとでとちょっと迷う。

初回はやっぱ基本だよなって思い、らぁめん(780円)のボタンをぽちっ♪

そこから暫し待って、カウンターに案内された。

厨房内の店主は、すごく丁寧にらぁめんを調理されている。

なるほどぉ~ミシュランに選ばれるだけのことはあるなぁ~。

ほどなくしてらぁめんが出来上がった。

チャーシューを見て驚いた!

デカイ!こんな大きなチャーシューがのったラーメンは初めてかも?

先にスープから啜ってみる。

うっ!うんまぁ~ぃ!!

なっなんなんだこの津波のように押し寄せてくるスープの旨味は!

ミシュラン恐るべし。

九州醤油のような甘ったらしは感じない。

キリっとしたキレのよい醤油スープだなって思った。

次に麺を持ち上げてみる。

平打ちの縮れ麺のようだ。

入り口に真鍋食品謹製麺って札が掛けてあった。

麺の幅が結構広い、おかげでスープとの絡みが抜群。

デフォルトの麺は240g、一般的なラーメン屋の約2倍くらいの量。

食べても食べても麺がなかなか減らない(汗々)。。。

Mのうどんの様に思えてく(笑)。

ではここらで、Bigサイズチャーシューを食べてみる。

おぉ~めっちゃ軟らか~い♪

かなり良い肉質だと思った。

見た目、脂身が少ないようだし、多分肩ロースあたりじゃないかなぁ?

しっかしまじ食べ応えのあるチャーシューだ。

他の具材は葱、メンマ、海苔、小松菜など。

醤油ラーメンの具材に、ほうれん草は偶に見るが、小松菜は初めてだった。

どうにか麺具材を食べきったが、このラーメン一杯でお腹パンパン(ぐるちぃ~)

少しお腹に隙間を作ろうと天神まで徒歩で移動することにした(笑)。


住所:福岡市中央区白金1-10-5 駐車場なし(近隣にコインP多数あり) 


 2020062431
 
2020062432

2020062433

2020062434

2020062435

2020062436

2020062437

2020062438

2020062439

2020062440

2020062441

2020062442

2020062444

2020062443


アイスキャンディーを食べた後、博多駅まで戻って来た。

そして同行者に連れられて来たのが『アジフライセンターおむこさん』。

ホームセンターとかゲームセンターとかはよく見聞きするけど、、、

アジフライにセンターがあるのは初めてだった(笑)。

お店は第3岡部ビルの地下1階にあった。

まだ早い時間だったので1番乗り。

テーブル席に着き、看板メニューのアジフライを注文(ちなみに写真は2人前)。

瓶ビールに珍しく赤星があったんで注文してみた。

先に自家製タルタルソースと繊キャベが盛られた小皿が運ばれて来たあと、

少し遅れてアジフライが登場!

わぁ~おいしそう~~~♪

ご主人にどこ産ですかぁ?

と聞いてみると「今日のは長崎県五島列島産の鯵です」とのこと。

タルタルソースをまぶしてぱくり。

ふわっふわでふっくらした身、サクッサクの食感!

たった今裁いて油で揚げました~ってお味。

ビールを飲み干したあと注文したのは、レモンサワーと島らっきょ。

島らっきょはもうちょいカリカリだったほうが好みだったかも?

最後は〆のラーメンを食べに天神へと向かった。


住所:福岡市博多区博多駅前4-4-23 Pなし 営:11時半~14時  17時~ 休:日 

このページのトップヘ