くーぱーのblog

タグ:若松区


2021112241

2021112242

2021112243

2021112244

2021112245

2021112246

2021112247

2021112248

2021112249

2021112250


2麺目を食べ終え、お店を出るとお腹がはち切れそうだった(笑)。

どこかで休憩しようということで向かった先は若松頓田貯水池。

自転車でも借りてサイクリングしようかという話になったが、雨がぽつりぽつり。

そんじゃ場所を変えようと近くの物産館へと移動する。

特にこれといったものも無くってぷらっと見てわまる。

駐車場に戻ると遠くに響灘風力発電施設の巨大風車が見えた。

メンバーに聞いたら近くでは見たことないってことだったんで再び移動。

風車のある防波堤では10数人の釣り人が海釣りをエンジョイしていた。

風車見たけどお腹にまだ余裕が出来ないので近くの軍艦防波堤まで行ってみることに。

先日ローカル番組でお笑いタレント(青&川)が紹介していたのを思い出したのだ(笑)。

そこの近くには仕事で何度も来ていたの行ったことはなかった。

TVで見るよりかなり大きな軍艦だということが分かった。

時間も3時間近く経過してお腹に余裕が出来たんで本日の3麺目と向かった。

3麺目は若松の老舗、松崎ラーメン。

過去何度も訪れたことのあるお店で女将さんのキャラがすんごくいい感じなのだ。

3時ちょい前到着、流石にこの時間帯先客はいなかった。

入店すると直ぐに店主からAセットが残り2人分しかないと告げられた。

いやぁ~Aセットなんてまだ食べるほど余裕ないしと心の中で思った(汗)。。。

こちらも基本であろうラーメンを注文。

茹で加減を聞かれたんで自分は軟麺でお願いした。

待つ事数分、ラーメンが出来上がった。

自分の軟麺仕様は遅れてやってきた。

スープからいく。

うんまぁ~♪

すんごく優しいスープ、1麺目より更に上を行く滋味系タイプ。

麺を啜る。

うんうんとっても軟らかい。

おかげでスープとの絡みが素晴らしい。

軟麺で頼んどいて大成功だな。

具材はチャーシュー、木耳、もやし、葱と北九ラーメンらしい構成。

チャーシューの味付けがとっても控えめでスープとのバランスが絶妙だと思った。

ラーメンを半分くらい食べ進んだ頃、若いお兄さん3人らが来店してきた。

へぇ~こんな滋味系食べに若い人も来るんだなぁ~と少し驚いた。

その兄さん方全員バリカタで注文していた。

うんうんたしかに、バリカタが美味しいって時期があるんだよね~。

3時間弱の休憩のおかげで3麺目はスープを飲み干すごとが出来て大満足だった。

次回は夜の宴編(笑)。

追記:店主に依ると女将さんはご高齢のため今年(2021年)春に引退されたそうです。


住所:若松区桜町1-10 営:11時~ 駐車場なし 休:日曜日 


 2021112201

2021112202

2021112205

2021112206

2021112204

2021112207

2021112208

2021112209

2021112210

2021112211

2021112212


ラーメンツアー略してラーツー。

過去何度も記事にしてきたけど2021年はコロナ過もあってか自重してた。

コロナ警報が解除されたこともあってひっさびさにラーツーに参加。

メンバーはお馴染みの呑兵衛仲間3人組。

取り合えず事前に作戦会議を行った結果、今回は北九州エリアに決まった。

1麺目は自分にとっては数年振りの万来軒(若松)。

戸畑の老舗ラーメン店の流れを汲んでいるそうだ。

かなり前のレポでお店の歴史を紹介してるんで気になる方は要チェック。

到着したのは10時45分頃。

駐車場で待機してるとお店の方が気づいてくれた様で開店10分に暖簾が掛かった。

オープンは11時~なんで少し早めに開けて頂き、恐縮しながら入店。

当然ながら先客はまだ居なかった。

あとからの客のことを考え奥隅のテーブルに陣取る。

卓上のメニュー表を確認したのちメンバー3人全員ラーメンを注文。

デフォで胡椒が掛かってるのを思い出して胡椒抜き(全員)でお願いした。

麺の硬さは特に聞かれなかったんで敢て指定はしなかった。

待つ事暫し3杯のラーメンが出来上がってきた。

おぅ~おいしそう♪

スープにごま油がほんのりと浮かんでいるのが見える。

具材はチャーシュー4枚ほど、あとはメンマ風筍、ネギ、もやし、海苔など。

先ずはレンゲに掬ったスープからひと啜り。

めちゃめちゃうんまぁ~ぃ♪

淡いながらもしっかりした出汁の効いたスープ。

究極の滋味系ってところだろうか?

胡椒抜きにしたんですんごく優しい味わいが犇々(ひしひし)と伝わってくる。

お次は麺を啜ってみる。

硬すぎず軟らかすぎずの絶妙な茹で加減。

スープの乗りもよくってスルスルと滑るかのようななめらか~な喉越し。

メンマ風の筍はやや甘めの味わいだがあの戸畑の老舗店のように激甘ではない。

箸休め的もやしはちゃんと髭の処理もされていて好印象。

チャーシューは箸で摘まむとホロホロと崩れるくらいに煮込まれておりすんごくウマい!

前回のレポの時に現れたどんぶりの底の文字を期待してスープを飲み干したが、

残念ながら今回は現れなかった。

このお店おススメです!!


住所:若松区赤崎町6-14 営:11時~ 駐車場あり 休:火曜

このページのトップヘ