くーぱーのblog

タグ:角打ち


2022060841
2022060842
2022060843
2022060844
2022060845
2022060846
2022060847
2022060848
2022060849
2022060850
2022060851
2022060852


2022年呑兵衛ツアーその3
 
ほろ酔い気分で向かった3軒目は当初2軒目に予定していた角打ち(立ち呑み)。

場所は西鉄大牟田線の雑餉隈駅から徒歩8分くらい。

JRだと南福岡駅から徒歩で約12分(1km弱)。

ストリートビューだとこんなかんじ。

ガンダム見た後歩いて40~50分の予定だったんだけど、地図を見間違ってしまい

先に焼肉を食べてしまったんで3軒目に後回し(汗)。。。

事前に南福岡の角打ちを検索したらHitしたいい感じだったんでここにした。

到着したのは午後3時半ちょいすぎあたり。

入店するとおじさんばかりかと思ってたら、、、

あらま?

先客は若いおにぃさんとおねぇさん。

へぇ~?

店内は時代を感じさせる角樽や酒樽などのオブジェが飾られ、

色褪せた律子さんのポスターが貼られている。

そういやここに来る途中ボウリング場があったな(笑)。

もしかして律子さんも角打ちしたのかな?

とりあえず注文したのは瓶ビール。

ぐびっと喉を潤す(笑)。

つまみに選んだのは冷奴と6pチーズ。

あっという間にビールを1本あけた後は、日本酒を注文。

出て来たの白鶴のワンカップ(笑)。

白鶴初めてのんだけど意外に優しくてほんのりと甘い口あたり。

つまみは自家製の白菜の浅漬け。

御主人曰くお店のナンバーワンおつまみとのこと。

なんちゃないお漬物なんだけどこれがめちゃめちゃ美味かった(笑)。

同行者は自家製梅酒をチョイスしてた。

3本目は先客が美味しそうに飲んでた麒麟氷結を飲んで見た。

先客後客、見知らぬ客同士で何気ない日常会話を楽しみながら時を過ごした。

結構まわって来たんで〆の一杯を啜ろうと店をあとにした。

4件目へとつづく・・・


2020102461

2020102462

2020102463

2020102464

2020102465


せんべろ1軒目を出たあと予定しているせんべろ2軒目は、

午後5時からのオープン、しかし時間はまだ3時過ぎ・・・

同行者にちょっと遠いけど、レトロな角打ちに行ってみないかと打診。

スマホでそのお店の外観を見せると、いいねぇ~行ってみようとの返事。

腹ごなしを兼ね歩くこと30分ちょい、目的の酒屋さんに到着。

出入口から中を覗いてみると、薄暗く誰もいない。

引き戸に手をかけてみたが鍵が掛かっているようで開かない(汗々)。。。

もしかして休みなのか?

他に入り口はないかとキョロキョロ。

左手に吉武商店と書かれたビニール看板の方にもうひとつの出入口を発見!

恐る恐る引き戸に手を掛けてみる。

おっ!開いた開いた!

こんにちは~♪

お店やってますかぁ~?

大声で呼んでみた。

はぁ~ぃ、今から開けるとこよ~と奥の方から声が聞こえて来た。

するといい感じの年配の女性が現れ店内の照明が灯った。

あのぉ~今から角打ちできますかぁ~?と尋ねてみる。

いいですよ~との返事。

店内の冷蔵ケースから缶ビールを取り出し、おつまみコーナーを物色(笑)。

雑然と並べてある商品から選んだのは、でん六のポリッピー。

これ食べるのいつ以来だっけ?

自分はスーパードライ、同行者はキリンラガーを開けかんぱぁ~ぃ♪

店主にお店のことを少し尋ねてみた。

こちらはいつ頃から営業されてるんですか~?

この店が建てられたのがちょうど昭和元年なんよ。

地下室もあって、戦時中は防空壕として使ってたんよ。

幸いこの辺りは空襲に合わずに被災しなくて無事残ったんよね~。

TVにも何度も出たんよ~。

前川清さんも2回来てくれたんよ~。

と昭和~平成時代の積もり積もった話を聞かせて頂いた。

あれこれ楽しい話が出来て素敵な思い出が出来た。

せんべろ2軒目に続く。


住所:福岡市博多区上呉服町6-17 駐車場なし 営:不明 休: 日


2020062661

2020062662

2020062663

2020062664

2020062665

2020062666

2020062667

2020062668


ポプラを出たあと向かったのは博多駅裏(筑紫口)手にある街の酒屋さん。

店内は中高年のおじさん達でごったがしている。

ちょっとやばいかも?

と思っていたら、店内右手側のカウンターは粗ガラ空き状態。

どうやら常連客同士は左側のカウンターに陣取っている様子。

店内の商品冷蔵庫から酎ハイをチョイス。

プルタブをプシューと開けて飲もうとしたら、グラスが出て来た。

そのままでもよかったけど、ご合意に甘えてグラスに注いだ。

つまみに頼んだのは、エイヒレ。

親切に七輪で炙って頂いた。

どうみても3密状態だったんで缶酎ハイ1本でそそくさと退店(汗)。。。

この後はJRで帰宅した。


住所:福岡市博多区博多駅東1-13-22 Pなし 営:17時半~

このページのトップヘ